ホンダ、F1におけるパワーユニットの供給でレッドブルと合意

2018.06.20 自動車ニュース

本田技研工業は2018年6月19日、Red Bull Group(レッドブル・グループ)との間で、FIA F1世界選手権において、Red Bull Racing(レッドブル・レーシング)に2019年シーズンから2年間パワーユニットを供給することで合意したと発表した。

ホンダは2018年シーズンから、同じレッドブルグループのScuderia Toro Rosso (スクーデリア トロロッソ)にパワーユニットを供給している。今回の合意により、2019年シーズンはレッドブル・レーシングとトロロッソの2チームに対し、同一仕様のパワーユニットを同じ体制で供給することとなる。

今回の合意について、本田技研工業の八郷隆弘代表取締役社長は「来季は2チームへパワーユニットを供給することで、より多くのデータ収集が可能となり、開発のスピードアップにつなげることができる」とコメント。またアストンマーティン・レッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナー代表は「ホンダが今年、トロロッソと一緒に見せている進歩のスピードは印象的で、彼らがF1で目指しているゴールは、われわれの目標と同じだとも感じている」と述べている。

(webCG)
 

(Photo by Mark Thompson/Getty Images)
(Photo by Mark Thompson/Getty Images)拡大

関連キーワード:
モータースポーツF1 2018自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事