【スペック】全長×全幅×全高=4545×1815×1420mm/ホイールベース=2760mm/車重=1530kg/駆動方式=FR/2リッター直4DOHC16バルブ ディーゼルターボ(214ps/4100rpm、45.9kgm/2000-2500rpm)/価格=698.0万円(テスト車=715.0万円/電動ガラスサンルーフ=17.0万円)

アルピナD3ビターボ リムジン(FR/6MT)【試乗記】

いまだけのご馳走 2010.02.03 試乗記 アルピナD3ビターボ リムジン(FR/6MT)
……715.0万円

BMWをベースに開発されるプレミアムブランド、アルピナ。なかでも、ディーゼルエンジンと6段MTを併せ持つ(日本では)レアなセダン「D3」の走りを試した。

いいじゃないか、ディーゼル!

アルピナの現行ラインナップのなかではエントリーモデルながら、「D3ビターボ」は一番魅力的なモデルだ。日本では正規ルートで買えないBMWのディーゼルモデルを入手する、という意味において価値あるBMWモデルでもある。

むかしはディーゼルアレルギーの人も確かにいたが、今では燃費性能の経済性といった特典だけでなく、活発にして静かな動力性能という点でむしろガソリンユニットより評価は高い。
なにしろたった1500rpmで40.8kgmという、4リッターガソリンエンジン並みの高トルクを発生するし、最高回転は5200rpmも回る。本国ドイツのアウトバーンでは200km/hのバトルに耐えて、最高速度は244km/hに達する。まして公には100km/h、実情でも140km/h程度の日本の高速道路では、一番おいしいところを常用できる。そのうえその高トルクを利して低回転で回すゆえに、ガソリンエンジンより静かなクルーズが可能だ。
というわけで、いまやディーゼル/ガソリンという区分けも意識の外にあり、給油時に油種の指定を間違えさえしなければいいだけだ。

アイドル振動や音も皆無ではないが、カラカラ言うわけではないし、ビリビリした硬質の振動があるわけでもない。さらなる手だてとして、現代の情勢を鑑みてアイドリングストップ機能まで備わっているから、完全無振動無音の境地にさえ達する。これなら鵜の目鷹の目で意地悪な観察をする我々ジャーナリストであっても、無関心をよそおっていられる。

「アルピナD3ビターボ リムジン」の心臓部。ビターボ(=ツインターボ)の名のとおり、アイドリングから働く小さなターボと3000rpmから効き始める大きなターボとのコンビネーションで、余裕のピックアップをうたう。
「アルピナD3ビターボ リムジン」の心臓部。ビターボ(=ツインターボ)の名のとおり、アイドリングから働く小さなターボと3000rpmから効き始める大きなターボとのコンビネーションで、余裕のピックアップをうたう。
白い車体では比較的目立たないものの、ボディサイドはアルピナ伝統のストライプで飾られる。
白い車体では比較的目立たないものの、ボディサイドはアルピナ伝統のストライプで飾られる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMWアルピナB6ビターボ グランクーペ アルラット(4WD/8AT)【試乗記】 2015.11.11 試乗記 「BMWアルピナB6ビターボ グランクーペ アルラット」に試乗。アルピナはこの600psと800Nmを誇るフラッグシップ4ドアクーペにいったいどんなメッセージを込めたのだろうか。高速道路で、そしてワインディングロードで読み解いた。
  • BMWアルピナXD3ビターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2015.5.1 試乗記 アルピナ初のSUV「XD3ビターボ」に試乗。700Nmを誇るツインターボディーゼルユニットはスポーツカーを蹴散らすほどに強力で、しかもスムーズだ。アルピナと聞いて期待する感触は、このスーパーSUVにもしっかり継承されていた。
ホームへ戻る