【スペック】全長×全幅×全高=4545×1815×1420mm/ホイールベース=2760mm/車重=1530kg/駆動方式=FR/2リッター直4DOHC16バルブ ディーゼルターボ(214ps/4100rpm、45.9kgm/2000-2500rpm)/価格=698.0万円(テスト車=715.0万円/電動ガラスサンルーフ=17.0万円)

アルピナD3ビターボ リムジン(FR/6MT)【試乗記】

いまだけのご馳走 2010.02.03 試乗記 アルピナD3ビターボ リムジン(FR/6MT)
……715.0万円

BMWをベースに開発されるプレミアムブランド、アルピナ。なかでも、ディーゼルエンジンと6段MTを併せ持つ(日本では)レアなセダン「D3」の走りを試した。

いいじゃないか、ディーゼル!

アルピナの現行ラインナップのなかではエントリーモデルながら、「D3ビターボ」は一番魅力的なモデルだ。日本では正規ルートで買えないBMWのディーゼルモデルを入手する、という意味において価値あるBMWモデルでもある。

むかしはディーゼルアレルギーの人も確かにいたが、今では燃費性能の経済性といった特典だけでなく、活発にして静かな動力性能という点でむしろガソリンユニットより評価は高い。
なにしろたった1500rpmで40.8kgmという、4リッターガソリンエンジン並みの高トルクを発生するし、最高回転は5200rpmも回る。本国ドイツのアウトバーンでは200km/hのバトルに耐えて、最高速度は244km/hに達する。まして公には100km/h、実情でも140km/h程度の日本の高速道路では、一番おいしいところを常用できる。そのうえその高トルクを利して低回転で回すゆえに、ガソリンエンジンより静かなクルーズが可能だ。
というわけで、いまやディーゼル/ガソリンという区分けも意識の外にあり、給油時に油種の指定を間違えさえしなければいいだけだ。

アイドル振動や音も皆無ではないが、カラカラ言うわけではないし、ビリビリした硬質の振動があるわけでもない。さらなる手だてとして、現代の情勢を鑑みてアイドリングストップ機能まで備わっているから、完全無振動無音の境地にさえ達する。これなら鵜の目鷹の目で意地悪な観察をする我々ジャーナリストであっても、無関心をよそおっていられる。

「アルピナD3ビターボ リムジン」の心臓部。ビターボ(=ツインターボ)の名のとおり、アイドリングから働く小さなターボと3000rpmから効き始める大きなターボとのコンビネーションで、余裕のピックアップをうたう。
「アルピナD3ビターボ リムジン」の心臓部。ビターボ(=ツインターボ)の名のとおり、アイドリングから働く小さなターボと3000rpmから効き始める大きなターボとのコンビネーションで、余裕のピックアップをうたう。
白い車体では比較的目立たないものの、ボディサイドはアルピナ伝統のストライプで飾られる。
白い車体では比較的目立たないものの、ボディサイドはアルピナ伝統のストライプで飾られる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • アルピナB3ビターボ リムジン(FR/8AT)【試乗記】 2013.10.21 試乗記 アルピナの新型「B3ビターボ」が、日本上陸を果たした。“至高の作品”とうたわれる、ハイパフォーマンスセダンの実力とは……?
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】NEW 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る