第91回:それ行け次男坊! フィアット「お坊ちゃま」そんなお姿いけませぬ!?

2009.05.16 エッセイ

第91回:それ行け次男坊! フィアット「お坊ちゃま」そんなお姿いけませぬ!?

フィアットを若返らせた男

世の中、長男よりも次男のほうが強いキャラクターをもつコトが多い。北野大と北野武、田村高廣(故人)と田村正和を見ればわかるだろう。
ボク自身、兄弟はいないけれど、たしかに長男か次男かと問われれば、次男のほうに親しみが沸く。したがって個人的には、○△宮様にも親近感を抱いている。
よく耳にする「次男は長男よりも社会的プレッシャーが軽い中で育つから、のびのびしている」という分析は、そのとおりに違いない。

ところで、当世イタリアで最も有名な「次男坊」といえば、本エッセイ第83回でもちょっと紹介したラポ・エルカン(31歳)である。
おさらいすると、ラポはフィアット創業家出身で名誉会長だった故ジョヴァンニ・アニェッリ(1921-2003)の孫である。

1977年ニューヨークでジョヴァンニの長女・マルゲリータと小説家のアラン・エルカン(のちに離婚)の間に生まれたラポは、パリで高校時代を過ごしたあと、ロンドンのビジネススクールを卒業した。
その後ピアッジョ、フェラーリなどで社会人経験を積む。ピアッジョでは、アニェッリの孫であることを隠し、一従業員として働いていたという。まあこのあたりはアニェッリ家の他のメンバーにもある美談なので、ざっとにしておこう。

その後ラポは、元アメリカ国務長官で国際政治学者であるヘンリー・キッシンジャーの個人秘書を経て、フィアットに入社した。やがてフィアットブランドのマーケティング担当ディレクターとしてイメージの再興に尽力。その一環として、2003年末にアパレルメーカー「オキシジェン」社と共同で開発した旧FIATロゴ入りのスウェットを発表した。それは予想外の大ヒットを呼んだばかりか、イタリアのファッション界に一大スウェットブームを巻き起こした。
同時に、ラポは新型「フィアット500」の製品企画にも参画した。

ラポ・エルカン。(2009年ジュネーブショー)
ラポ・エルカン。(2009年ジュネーブショー)
フィアット時代は各種スポーツイベントでブランドの若返りを図った。
フィアット時代は各種スポーツイベントでブランドの若返りを図った。
2005年、「パンダ・アレッシィ」発売のとき。
2005年、「パンダ・アレッシィ」発売のとき。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。