クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

モデューロXの真価を知る

あふれるほどのパッション 2020.03.19 匠の技が磨いた走り<AD> ホンダの人気車種をベースに、専用の装備やチューニングで走りを磨いた「モデューロX」シリーズ。その最新モデル「ヴェゼル モデューロX」と軽スポーツ「S660モデューロX」からは、上質な走りにかける、つくり手の情熱が伝わってきた。

遠目からでも心に刺さる

1、2、3。このたった3秒で、人はいったいなにができるだろう? ホンダ車を知り尽くした匠(たくみ)の手で磨き上げられた純正コンプリートカー、モデューロXの2台と一日を共にし、幾度となくそんなことを考えさせられた。それは驚きや発見から始まり、次第に確信へと深まって、最後は身も心も満たされる、映画のような時間でもあった。

モデューロXの匠たちには、“特別な一台”をつくることに対する、一貫したこだわりがある。ホイールのブランドとして「Modulo(モデューロ)」が誕生してから25年以上、着実に受け継がれてきたのは、「人の感覚を重視して開発する」ということだ。そこでは「走り」だけでなく、デザインや上質感といった感性の領域も重要な要素となっている。だからこそ、パーツ単体では成し得ない高みを目指し、まるごと一台を手間ひまかけて熟成させたコンプリートカー、モデューロXが生まれることになったのだ。

モデューロXは2013年の第1弾「N BOXモデューロX」からスタートした。初のスポーツモデルとなったS660モデューロXは第5弾、初のSUVであるヴェゼル モデューロXは第6弾となるモデルだ。まったくタイプの異なる2台だが、遠目からでも引きつけられる強烈な存在感は、どちらも負けてはいない。

はじめにドアを開けたのは、鮮やかなイエローが気持ちを揺さぶるS660モデューロX。この世界最小の本格ミドシップオープンスポーツをドライブするのは久しぶりだったが、スポーツシートにおさまりドアを閉めた瞬間、まるでパズルのように車体の1ピースになれるような感覚は、やはりこのクルマでしか味わえないと思い出した。雨上がりの都心を走りだすや、こんなにもビルが巨大だっただろうかと驚く。すべての景色がほかにはないほどローアングルで目に映るからだ。

→ホンダのコンプリートカー「モデューロX」の詳細はこちら

今回連れ出した、2台の「モデューロX」。さまざまな道路環境において、両モデルの“走りの到達点”を確かめた。
今回連れ出した、2台の「モデューロX」。さまざまな道路環境において、両モデルの“走りの到達点”を確かめた。拡大
スペシャルパーツを装着し、上質な走りが追求された「モデューロX」。その証しとなるエンブレムがリアに装着されている。
スペシャルパーツを装着し、上質な走りが追求された「モデューロX」。その証しとなるエンブレムがリアに装着されている。拡大
ホルドーレッドとブラックのコントラストが鮮やかな「S660モデューロX」の専用シート。ドライバーの気分もおのずと高まってくる。
ホルドーレッドとブラックのコントラストが鮮やかな「S660モデューロX」の専用シート。ドライバーの気分もおのずと高まってくる。拡大
4輪の接地性を向上すべく、専用開発のエアロパーツをまとう「S660モデューロX」。小さなボディーでも強い存在感を放つ。
4輪の接地性を向上すべく、専用開発のエアロパーツをまとう「S660モデューロX」。小さなボディーでも強い存在感を放つ。拡大

クライマックスが続くS660モデューロX

ロールトップとコーディネートされた、ボルドーレッドの専用ステアリングホイールは、アルカンターラと本革のコンビで手のひらにしっとりとした感覚を伝えてくる。対して6段MTのシフトノブはチタン製。街中ではせわしなくギアチェンジする必要があるが、握るたびにひんやりする触感が「自分は今、クルマという機械を思うがままに操っているのだ」と教えてくれて、ピリリと身が引き締まる。そしてどんどん、頭から雑多なものが削(そ)ぎ落とされて、クルマとの対話に集中していくのを感じる。

そんな“下ごしらえ”が終わったところで、高速道路へ。合流車線で思い切り右足に力を込めると、明らかに一段高まったサウンドが後方から体を包み込むように広がってきた。タコメーターは針をグンと跳ね上げる。加速フィールを視覚でも確かめながら、一気に本線へと滑り込む。風を切り裂くゴーッという音や振動、路面の変化といった演者たちも総動員で、クライマックスを迎えたような高揚感。そしていったん、巡行に入って落ち着いた空間に戻ったのもつかの間、車線変更で再び一気にクライマックスに突入する。いつでも何度でも、自分の意思でクライマックスに浸れる喜び。これは、高速道路を降りてワインディングロードにステージを変えても、まったく途切れることがなかった。

峠では、ひとつ目のカーブに入った瞬間から、体感速度が麻痺(まひ)してくる。車体はガッシリとしていながらも身のこなしには軽やかさが感じられ、しなやかな中にも粘り気のある、見事なコーナリングマシンぶりでドライバーを楽しませてくれる。S660モデューロX専用のサスペンションには、街中では「やや硬めかな?」と感じる場面もあったが、こうしたステージでは最高の見せ場といわんばかりにいい仕事をしてくれる。まったくS660モデューロXのドライビングは、最後までドキドキが止まらないアクション映画のようだ。

→ホンダのコンプリートカー「モデューロX」の詳細はこちら

「S660モデューロX」はステアリングホイールやインストゥルメントパネルも2トーンで仕立てられている。試乗したMT車のシフトノブは、軽量・高剛性なチタン製だ。
「S660モデューロX」はステアリングホイールやインストゥルメントパネルも2トーンで仕立てられている。試乗したMT車のシフトノブは、軽量・高剛性なチタン製だ。拡大
海辺の高速道路を行く「S660モデューロX」。ボルドーレッドのルーフも同モデルならではの装備のひとつ。
海辺の高速道路を行く「S660モデューロX」。ボルドーレッドのルーフも同モデルならではの装備のひとつ。拡大
「S660モデューロX」の専用メーターパネル。中央には「Modulo X」のロゴが浮かぶ。
「S660モデューロX」の専用メーターパネル。中央には「Modulo X」のロゴが浮かぶ。拡大
足まわりの減衰力が5段階に調節可能な「S660モデューロX」。走りのステージに合わせてベストな走りが実現できる。
足まわりの減衰力が5段階に調節可能な「S660モデューロX」。走りのステージに合わせてベストな走りが実現できる。拡大
ブラックスパッタリング仕上げが施された「S660モデューロX」のホイールが独自の輝きを放つ。放熱性に優れるドリルドディスクは、上質なブレーキフィールも実現している。
ブラックスパッタリング仕上げが施された「S660モデューロX」のホイールが独自の輝きを放つ。放熱性に優れるドリルドディスクは、上質なブレーキフィールも実現している。拡大

ヴェゼル モデューロXは絶大な安心感

次にステアリングを握ったのは、発売以来コンパクトSUV市場をけん引してきたホンダ・ヴェゼルのモデューロX。モデューロXとして最新なだけでなく、今回の1.5リッターターボのほかにハイブリッドもラインナップされ、ハイブリッドではFFと4WDの駆動方式が選べるというバリエーションの多さも特長のひとつだ。匠たちは、そのそれぞれに最適なセッティングを施すことで走りを追求、気の遠くなるような試行錯誤を重ねたという。

前から眺めると、ヴェゼルらしい若々しさや精悍(せいかん)な雰囲気に加えて、専用フロントグリルや専用エアロバンパーといったエクステリアの熟成により、大人っぽい余裕と上質感も醸し出されている。リアに回ると、ブラックのテールゲートスポイラーや専用のエアロバンパー、ロアガーニッシュから“走りのよさ”がイメージできる。その印象のままドアを開けてシートに身を預けると、期待通りのフィット感。サイドからしっかりと支えてくれることによる安心感が、全身に行きわたる。

そこで初めて「あれ?」と思う。ベースモデルとボリューム感がまったく違うシートは、モデューロXとして初めて開発された専用のスポーツシートなのだ。これまでは表皮の変更程度にとどまっていたが、長年の希望がかなう形で、ついにフレームからの専用開発が実現したのだという。後席から見た印象もガラリと変わり、ドライバーの後ろ姿もちょっとたくましく、すてきに見える。

こうして絶大な安心感とともに走りだしたヴェゼル モデューロXのターボモデル。市街地では、アップライトな視点から心理的な余裕が得られる一方で、マンホールなどのギャップを越えた際の衝撃が拍子抜けするほど小さくて驚かされる。ブレーキングのフィールも自然で、常に安定している。一つひとつの所作がていねいにこなせるようで、いつもの運転よりも優雅な気持ちにさせてくれる。

→ホンダのコンプリートカー「モデューロX」の詳細はこちら

「ヴェゼル モデューロX」は「モデューロX」としては初のSUV。ハイブリッド車や4WD車もラインナップされており、選択の幅は広い。
「ヴェゼル モデューロX」は「モデューロX」としては初のSUV。ハイブリッド車や4WD車もラインナップされており、選択の幅は広い。拡大
リアエンドの下端に見えるのは、走行安定性を高める専用デザインのガーニッシュ。エンジニアとデザイナーがそろって試走・調整を重ね、つくり上げたという逸品だ。
リアエンドの下端に見えるのは、走行安定性を高める専用デザインのガーニッシュ。エンジニアとデザイナーがそろって試走・調整を重ね、つくり上げたという逸品だ。拡大
「ヴェゼル モデューロX」のフロントシートはフレームから新設計された専用品。コンビ仕立ての表皮からも質の高さが感じられる。
「ヴェゼル モデューロX」のフロントシートはフレームから新設計された専用品。コンビ仕立ての表皮からも質の高さが感じられる。拡大
始動時に見られる「ヴェゼル モデューロX」専用のイメージ。オーナーの心をくすぐる演出である。
始動時に見られる「ヴェゼル モデューロX」専用のイメージ。オーナーの心をくすぐる演出である。拡大
ブラックのアーチモールやサイドガーニッシュが「ヴェゼル モデューロX」のスタイルを一段と精悍(せいかん)に見せる。
ブラックのアーチモールやサイドガーニッシュが「ヴェゼル モデューロX」のスタイルを一段と精悍(せいかん)に見せる。拡大

つくり手のこだわりが伝わる

こうした走りの印象が得られるのは、専用サスペンションの恩恵だけでなく、ホイールの剛性を最適化したり、エアロダイナミクスを考えパーツをつくり込んだりした効果によるものだ。市街地を走っただけでそこまでわかるだろうかと、ちょっと疑っていた自分が恥ずかしい。もともとモデューロが目指しているのは、「日常のさまざまなシーンにおける楽しく快適な走り」。ファミリーユースも多いヴェゼルのキャラクターを考えても、市街地で得られる満足感はもちろん、家族や仲間たちなど同乗する人にも同じ楽しさ、快適性が味わえるよう、とことんこだわったに違いない。

高速道路ではしっかりとした接地感や段差をいなす足さばきに感心し、ワインディングロードでは思い通りに弧を描いてくれる素直な応答性にテンションが上がる。こんなにコーナーが楽しみになるSUVには、なかなか出会えないものだ。S660モデューロXと同様、ヴェゼル モデューロXの走りにも、キビキビとした軽快感とガッシリとした安定感がちゃんとある。この日は天候に恵まれたが、これならきっと雨の日や雪道などでも、リラックスして走れるだろうなと想像できた。そんなヴェゼル モデューロXの運転体験を例えるなら、冒険あり恋愛ありのハートフルストーリーという感じだろうか。

こうして、本格ミドシップオープンスポーツとコンパクトSUVというまったく異なるタイプのモデューロXを乗り継ぎ、わかったこと。それは、人はたった3秒ではほとんどのことができないが、クルマは3秒でも人を驚かせ、感動させ、とりこにできるということだ。しかしそういうクルマをつくるためには、膨大な時間と手間をかけることをいとわない、人の情熱が絶対に欠かせない。

モデューロXに乗ると、そうしたつくり手の情熱があふれんばかりに伝わってくる。ホンダ車を愛し、自らの手でもっともっと走りを洗練させたい。もっともっと、乗る人を楽しませたい。そんな心意気が、きっと私たちの毎日を輝かせてくれるのだ。モデューロXに乗ることは、心で走ること。ちゃんと、自分が人生の主役として生きることなのだと思う。

(文=まるも亜希子/写真=田村 弥)

→ホンダのコンプリートカー「モデューロX」の詳細はこちら

「ヴェゼル モデューロX」の足まわりは、パワーユニットと駆動方式ごとに最適なセッティングが施されている。最高の乗り味を提供したいという、つくり手のこだわりだ。
「ヴェゼル モデューロX」の足まわりは、パワーユニットと駆動方式ごとに最適なセッティングが施されている。最高の乗り味を提供したいという、つくり手のこだわりだ。拡大
ワインディングロードで「ヴェゼル モデューロX」を走らせる筆者。その走りのよさは、市街地や高速道路でも体感することができた。
ワインディングロードで「ヴェゼル モデューロX」を走らせる筆者。その走りのよさは、市街地や高速道路でも体感することができた。拡大
「ヴェゼル モデューロX」の専用アルミホイール。凝ったデザインが目を引くが、裏面に肉抜き加工を施すなど、性能へのこだわりも強い。
「ヴェゼル モデューロX」の専用アルミホイール。凝ったデザインが目を引くが、裏面に肉抜き加工を施すなど、性能へのこだわりも強い。拡大
「ヴェゼル モデューロX」のリアエンドには空力性能を向上させる大型のテールゲートスポイラーが装着される。
「ヴェゼル モデューロX」のリアエンドには空力性能を向上させる大型のテールゲートスポイラーが装着される。拡大
上質かつしなやかな走りが追求されたコンプリートカー「モデューロX」。現在は、試乗した2車種にミニバン「ステップワゴン モデューロX」を加えた全3車種がラインナップされている。
上質かつしなやかな走りが追求されたコンプリートカー「モデューロX」。現在は、試乗した2車種にミニバン「ステップワゴン モデューロX」を加えた全3車種がラインナップされている。拡大
ホンダS660モデューロX
ホンダS660モデューロX拡大
車速に応じて上下する、ガー二―フラップ付きのアクティブスポイラー。スイッチでの手動操作もできる。
車速に応じて上下する、ガー二―フラップ付きのアクティブスポイラー。スイッチでの手動操作もできる。拡大
「S660モデューロX」のボディーカラーは4種類。写真の「カーニバルイエローII」のほか、「プレミアムスターホワイト・パール」「アラバスターシルバー・メタリック」「フレンチブルー・パール」が選べる。
「S660モデューロX」のボディーカラーは4種類。写真の「カーニバルイエローII」のほか、「プレミアムスターホワイト・パール」「アラバスターシルバー・メタリック」「フレンチブルー・パール」が選べる。拡大

車両データ

ホンダS660モデューロX

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1180mm
ホイールベース:2285mm
車重:830kg(※CVT車は850kg)
駆動方式:MR
エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ
トランスミッション:6段MT
最高出力:64PS(47kW)/6000rpm
最大トルク:104N・m(10.6kgf・m)/2600rpm
タイヤ:(前)165/55R15 75V/(後)195/45R16 80W
燃費:--km/リッター
価格:304万2600円

ホンダ・ヴェゼル ツーリング モデューロX Honda SENSING
ホンダ・ヴェゼル ツーリング モデューロX Honda SENSING拡大
ブラックでコーディネートされた「ヴェゼル モデューロX」のインテリア。運転に集中できる落ち着いたムードがドライバーを包む。
ブラックでコーディネートされた「ヴェゼル モデューロX」のインテリア。運転に集中できる落ち着いたムードがドライバーを包む。拡大
後席はウルトラスエードと合成皮革で仕立てられている。専用デザインのフロアカーペットマットも備わる。
後席はウルトラスエードと合成皮革で仕立てられている。専用デザインのフロアカーペットマットも備わる。拡大

ホンダ・ヴェゼル ツーリング モデューロX Honda SENSING

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4335×1790×1605mm
ホイールベース:2610mm
車重:1360kg
駆動方式:FF
エンジン:1.5リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:CVT
最高出力:172PS(127kW)/5500rpm
最大トルク:220N・m(22.4kgf・m)/1700-5500rpm
タイヤ:(前)225/50R18 95V/(後)225/50R18 95V
燃費:--km/リッター
価格:356万7300円(※有料ボディーカラー<プラチナホワイト・パール>の3万8500円を含む)

→ホンダのコンプリートカー「モデューロX」の詳細はこちら