クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

webCGプレミアムプラン限定記事一覧

  • レクサスUX250h“Fスポーツ”(FF/CVT)【試乗記】 NEW
    2022.8.17 試乗記

    レクサスUX250h“Fスポーツ”(FF/CVT)【試乗記】

    「レクサスUX」がマイナーチェンジを受けた。スポット溶接を増し打ちするなどしてボディー剛性を強化したというから、なかなか大規模な内容だ。ハイブリッド車のスポーティーグレード「UX250h“Fスポーツ”」の仕上がりをリポートする。

  • 2022.8.16 試乗記

    メルセデス・ベンツEQB350 4MATIC(4WD)/EQB250(FWD)【試乗記】

    Dセグメントの「EQC」、Cセグメントの「EQA」に続くメルセデス・ベンツの電動SUV「EQB」が上陸。3列シート7人乗りのコンパクトSUV「GLB」をベースとする純電気自動車の特徴と、先行する2モデルからの進化を報告する。

  • 2022.8.15 エディターから一言

    第715回:名車と郷愁の街並みがコラボ 山形の「ノスタルジック・フェスタ金山」に参加した

    歴史的名車と郷愁の街並みが、世界のどこにもなかった景色を見せてくれる──。そんな発想からスタートしたのが、山形・金山町で初開催された「ノスタルジック・フェスタ金山」。多くのヘリテージカーが顔をそろえたイベントの模様を報告する。

  • 2022.8.14 池沢早人師の恋するニューモデル

    ランボルギーニ・ウラカンSTO(後編)

    漫画『サーキットの狼』の作者であり元レーシングドライバーの池沢早人師が、楽しさは「ポルシェ911 GT3」の上をいくと絶賛した「ランボルギーニ・ウラカンSTO」。あえて欠点を挙げていただくと……その答えは、意外なものだった。

  • 2022.8.11 あの多田哲哉の自動車放談

    ボルボC40リチャージ ツイン(後編)

    ボルボを大いにリスペクトしている、エンジニアの多田哲哉さん。それでも初の量産型電気自動車「C40リチャージ ツイン」には、首をかしげたくなる点がいくつかあるようで……。一体、どんなところが気になるのだろうか?

  • 2022.8.11 プレゼント

    新型「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」のミニチュアカーをプレゼント!

    2022年7月にフルモデルチェンジした、人気の軽「ムーヴ キャンバス」。その個性的なディテールをリアルに再現したミニチュアカーです。後ろに引くと走りだすプルバックタイプ。奮ってご応募ください。

  • 2022.8.7 池沢早人師の恋するニューモデル

    ランボルギーニ・ウラカンSTO(前編)

    漫画『サーキットの狼』の作者であり元レーシングドライバーの池沢早人師が、「ランボルギーニ・ウラカンSTO」に試乗。かつてブルーの「ディアブロSV」を所有していた漫画界のレジェンドは、最新のハードコアモデルにいかなる感想を抱いたのだろうか。

  • 2022.8.4 あの多田哲哉の自動車放談

    ボルボC40リチャージ ツイン(前編)

    元トヨタのチーフエンジニア多田哲哉さんが今回試乗したのは、100%電気自動車として開発されたボルボのクロスオーバーSUV「C40リチャージ ツイン」。プロが注目する、この北欧メーカーならではのクルマづくりとは?

  • 2022.8.1 日刊!名車列伝

    あふれるパワーに興奮! 世界のV8エンジン搭載車

    速さが自慢のスポーツモデルから高級サルーンまで。今月は、トルキーな出力特性や迫力のサウンドが魅力のV8エンジン車を特集。日替わりで紹介いたします。

  • 2022.7.31 思考するドライバー 山野哲也の“目”

    スバルWRX S4 STI Sport R EX(後編)

    レーシングドライバー山野哲也が「スバルWRX S4」に試乗。新型は名機「EJ20」に代えて、新たに2.4リッター直噴ターボの「FA24」型エンジンを搭載している。後編ではそのフィーリングやトランスミッションの仕上がりについて余すところなく語ってもらおう。

  • 2022.7.28 谷口信輝の新車試乗

    マツダ・ロードスター990S(後編)

    「マツダ・ロードスター990S」は、ロードスターのなかでも軽量化や足まわりのチューニングがポイントとされる一台だ。ステアリングを握ったレーシングドライバー谷口信輝は、その走りをどう評価する?

  • 2022.7.24 思考するドライバー 山野哲也の“目”

    スバルWRX S4 STI Sport R EX(前編)

    レーシングドライバー山野哲也が「スバルWRX S4」に試乗。シャシーやエンジンなどを軒並み刷新した新型は、走行性能とセダンとしての実用性を高いレベルで両立したとうたっている。ワインディングロードでドライブした山野のジャッジやいかに!?

  • 2022.7.22 谷口信輝の新車試乗

    マツダ・ロードスター990S(前編)

    マツダが、いや日本が誇るオープントップスポーツ「ロードスター」。商品改良を受けた最新型はどんなクルマへと進化したのか。「さらに軽快な走りを追求した」という「ロードスター990S」を相手に、谷口信輝が確かめる。

  • 2022.7.17 池沢早人師の恋するニューモデル

    ボルボC40リチャージ ツイン(後編)

    漫画『サーキットの狼』の作者であり元レーシングドライバーの池沢早人師が、ボルボの電動SUV「C40リチャージ ツイン」に試乗。これまで70台を優に超える愛車遍歴を持つ漫画界のレジェンドは、“デンキのボルボ”に何を感じたのか。

  • 2022.7.14 あの多田哲哉の自動車放談

    メルセデスAMG GT53 4MATIC+(後編)

    ネガティブな要素が多い直列6気筒エンジンを、名門メルセデスが復活させたのはなぜか? トヨタの開発者だった多田哲哉さんはプロのエンジニアとしての見地から、その理由をこう考える。

  • 2022.7.10 池沢早人師の恋するニューモデル

    ボルボC40リチャージ ツイン(前編)

    漫画『サーキットの狼』の作者であり元レーシングドライバーの池沢早人師が、電動SUV「ボルボC40リチャージ ツイン」に試乗。これまでほとんどボルボのステアリングを握ったことがないという漫画界のレジェンドは、デンキで走るボルボをどう評価する?

  • 2022.7.7 あの多田哲哉の自動車放談

    メルセデスAMG GT53 4MATIC+(前編)

    元トヨタのチーフエンジニア多田哲哉さんが、メルセデスの高性能サルーン「AMG GT53 4MATIC+」に試乗。自動車開発のプロが、そのメカニズムに注目するのはなぜなのか?

  • 2022.7.3 思考するドライバー 山野哲也の“目”

    ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(後編)

    レーシングドライバー山野哲也が「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。前編ではドライブモードによるスロットルレスポンスの変化について、気になる言葉を残した山野。後編ではいよいよその真意を明かしてもらおう。

  • 2022.7.1 日刊!名車列伝

    家族や友人とGO! たくさん乗れるクルマ特集

    梅雨もあけた7月は、多めの人数で乗れるクルマを特集。家族や友人といっしょにさまざまな用途で出かけられる、世界の名車を日替わりで紹介します。

  • 2022.6.30 谷口信輝の新車試乗

    ケータハム・スーパーセブン1600(後編)

    車重600kgを切る車体に1.6リッターエンジンを搭載する、ライトウェイトスポーツカー「ケータハム・スーパーセブン1600」。その走りを、レーシングドライバー谷口信輝はどう評価する?

webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。