クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

バイク の検索結果

  • 2020.9.9 試乗記

    ヤマハ・テネレ700(MR/6MT)【レビュー】

    ヤマハから700ccクラスの新型アドベンチャー「テネレ700」が登場。今や定番の可変デバイスを用いず、エンジンとシャシーをひとつの方向性で煮詰めたビッグオフローダーは、高い悪路走破性能を誇るだけでなく、バイクを操るよろこびに満ちたマシンとなっていた。

  • 2020.9.2 試乗記

    カンナム・スパイダーRTリミテッド(MR/6AT)【レビュー】

    カナダのレクリエーショナルビークルメーカー、BRPが手がける三輪クルーザーが「カンナム・スパイダー」だ。四輪とも二輪とも違うこのモデルには、どのような“走る楽しさ”が宿っているのか? フルモデルチェンジを受けた最新の「スパイダーRT」で確かめた。

  • 2020.8.25 自動車ニュース

    トライアンフが「トライデント」のプロトタイプを発表 3気筒エンジンの新たな入門モデル

    英トライアンフが、開発中の新型二輪モデル「トライデント」のデザインプロトタイプを発表した。日系メーカーのミドルクラスモデルをライバルに想定しており、エンジンには新開発の3気筒を搭載。トライアンフの新たなエントリーモデルとなる予定だ。

  • 2020.8.21 自動車ニュース

    ホンダが新型「CBR600RR」を発表 レース技術をつぎ込んだ600cc級のスーパースポーツ

    ホンダが大型二輪モデルの新型「CBR600RR」を発表。モータースポーツの技術をつぎ込んだ600cc級のスーパースポーツモデルで、レース由来のパフォーマンスを日常においても楽しめることを重視した、「ジャストサイズのスーパースポーツモデル」となっている。

  • 2020.8.1 試乗記

    KTM・ハスクバーナ 2020年モデル合同試乗会【試乗記】

    欧州屈指のバイクメーカーであるKTMと、北欧発祥のハスクバーナ・モーターサイクルズが、2020年モデルの合同試乗会を開催! 最新モデル「KTM 390アドベンチャー」「KTM 1290スーパーデュークR」「ハスクバーナ・ヴィットピレン701」の実力を試す。

  • 2020.7.22 試乗記

    ホンダADV150(MR/CVT)【レビュー】

    個性的なデザインをまとうホンダの新型スクーター「ADV150」。しかし、カッコだけの小型バイクと侮るなかれ。それはあらゆる道が“遊び場”に感じられるほどの、最高にファン・トゥ・ライドな一台だった。

  • 2020.7.18 試乗記

    KTM 890デュークR(MR/6MT)【試乗記】

    オーストリアのKTMから新型のネイキッドスポーツモデル「890デュークR」が登場。軽量コンパクトなシャシーに890ccの新エンジンを搭載したニューモデルは、幅広いシーンでスポーツライディングが楽しめる、完成度の高いマシンに仕上がっていた。

  • 2020.7.17 自動車ニュース

    カワサキから新型二輪モデル「ニンジャZX-25R」が登場 250cc 4気筒マシンがついに復活

    カワサキから新型二輪モデル「ニンジャZX-25R」が登場。カワサキはもちろん、二輪市場全体を見ても久々となる250ccクラスの4気筒モデルで、最高出力45PS/1万5500rpm、最大トルク21N・m/1万3000rpmを発生。クラス随一の充実した装備も特徴となっている。

  • 2020.7.10 試乗記

    スズキ・ジクサーSF250(MR/6MT)【レビュー】

    伊達(だて)な見た目より中身で勝負。スズキが満を持して投入した250ccクラスの最新モデル「ジクサーSF250」は、久々の復活を遂げた油冷エンジンの強みを存分に生かした、走りにおいて妥協のない実直なマシンに仕上がっていた。

  • 2020.7.2 試乗記

    ハスクバーナ・スヴァルトピレン250(MR/6MT)【レビュー】

    ハスクバーナの新型ストリートバイク「スヴァルトピレン250」に試乗。“401”や“701”といった既存のモデルよりも排気量は小さいが、侮るなかれ。その走りはツウも納得するだけの刺激に満ちたものだった。

  • 2020.6.30 自動車ニュース

    ホンダが「VFR750R(RC30)」のリフレッシュプランを発表 部品の再生産と販売もスタート

    ホンダが、往年の名バイク「VFR750R(RC30)」の整備プログラム「リフレッシュプラン」の提供を開始すると発表。ユーザーが所有するRC30をベストコンディションに維持するためのサービスで、3段階のメニューにより一台一台に最適な整備を提供するとしている。

  • 2020.6.26 試乗記

    スズキVストローム1050XT(MR/6MT)【レビュー】

    往年のパリ-ダカールラリー出場マシンをほうふつとさせるカラーリングをまとい、スズキから新型のアドベンチャーツアラー「Vストローム1050」が登場。リッタークラスのエンジンを搭載する、スズキ製アドベンチャーのフラッグシップモデルを試す。

  • 2020.6.17 試乗記

    トライアンフ・スラクストンRS(MR/6MT)【レビュー】

    往年のカフェレーサーをほうふつとさせる、トライアンフのスポーツモデル「スラクストン」。さらなるパワーアップと軽量化が施されたスペシャルバージョンは、驚くほどフレンドリーで楽しいモーターサイクルに仕上がっていた。

  • 2020.6.12 自動車ニュース

    ホンダが「スーパーカブC125」に新色のブラックを設定 カラーバリエーションを3種類に拡大

    ホンダが「スーパーカブC125」のカラーバリエーションを拡大。これまでの「パールニルタバブルー」「パールカデットグレー」に加え、新たに「パールシャイニングブラック」を追加設定した。発売は2020年7月31日、価格は40万7000円としている。

  • 2020.6.11 試乗記

    BMW S1000XR(MR/6MT)【レビュー】

    レースシーンで培った4気筒エンジンと高剛性フレームを、臆することなく味わえる「BMW S1000XR」。意のままに操れるスポーツ性と、ロングツーリングでの快適性を併せ持つ新型は、二輪のツーリングカテゴリーに新しいスタンダードを打ち立ててみせた。

  • 2020.6.8 デイリーコラム

    日本メーカーが200PS級のマシンを続々と正規販売! 今日に至る“バイク規制”の歴史を振り返る

    ヤマハが200PS級のスーパーバイク「YZF-R1」を日本に正規導入! 国内市場での“フルパワー仕様”のバイクの販売は、どのようにして可能になったのか? あまたの逆輸入車を生んだ規制の歴史と、オートバイを取り囲む今日の状況について解説する。

  • 2020.6.5 試乗記

    トライアンフ・ロケット3 R(MR/6MT)【レビュー】

    胴体のド真ん中に2.5リッターの“超”大排気量エンジンを搭載した「トライアンフ・ロケット3 R」。0-60mph加速のワールドレコードを持つ英国製ドラッグマシンは、どんなジャンルやヒエラルキーにも属さない、唯一無二の存在感を放っていた。

  • 2020.5.28 自動車ニュース

    イタリアンバイク「キャバレロ スクランブラー500」に装備充実の特別仕様車

    イタリアの二輪ブランド・ファンティックの代理店であるサイン・ハウスは、2020年5月26日、特別仕様車「ファンティック・キャバレロ スクランブラー500アニバーサリー」の国内導入を発表した。

  • 2020.5.28 自動車ニュース

    ヤマハが「YZF-R1」の日本導入を発表 200PSのエンジンを搭載した最上級スポーツモデル

    ヤマハが大型二輪モデル「YZF-R1/YZF-R1M」の日本導入を発表。1リッタークラスの4気筒エンジンを搭載した、同社ラインナップのフラッグシップにあたるスーパースポーツモデルであり、2020年モデルではレースユースも視野に入れた改良がなされている。

  • 2020.5.28 自動車ニュース

    「カンナム・スパイダーRT」がフルモデルチェンジ 高いツアラー性能が自慢の三輪モーターサイクル

    BRPジャパンが新型「カンナム・スパイダーRT」を発売。カナダのBRPが手がける三輪モーターサイクルで、今回の新型では運動性能やライダーの快適性を高めるべくシートポジションを変更。サスペンションの最適化により運動性能の向上も図っている。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。