クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

インディアンFTRラリーに見るアメリカン・モーターサイクルの“いま”

新しい時代の旗手 2020.05.15 新時代の旗手 Indian FTR Rallyの魅力と実力<AD> アメリカ最古のバイクブランドにして、ダートトラックレースで圧巻の強さを誇るインディアン。鮮やかな復活を果たした名門のニューモデル「FTRラリー」は、アメリカン・モーターサイクルの新時代を感じさせる一台に仕上がっていた。

ダートの王者が仕立てた“クロスオーバー”

2000年代以降、四輪と二輪、両方の世界に符合するトレンドがある。それはオンロードとオフロードを“クロスオーバー”させたスタイルだ。クルマでいえば、クロカン風のデザインに、オンロードでの高い走行性能と優れたユーティリティーを併せ持つ“SUV”。バイクでいえば、オフロード走行に対応できる車体や足まわりを持ちながら、オンロードでもスポーツバイクに引けを取らない走りを見せる“アドベンチャー”、そして“スクランブラー”と呼ばれるモデルである。

四輪も二輪も、かつての花形だったレーシーなスポーツカー、スポーツバイクに取って代わって、いまはオンもオフも行ける、つまり“多様性を持つ”モデルが人気なのだ。あつらえたスーツでビシッと決めるより、ジャージ素材のジャケットをさらりと着こなすほうがイケてる。そんな時代の空気を、クルマやバイクも反映している。

と、そんなことを考えたのは、インディアンのニューモデルであるFTRラリーに乗ったからだ。インディアンといえばアメリカ最古のモーターサイクルブランドだが、今日ではダート(未舗装)のオーバルコースを走るアメリカで人気のモータースポーツ、フラットトラックレースの王者としても知られている。全米シリーズにおいて2017年、2018年、2019年と3年連続チャンピオンに輝いているのだ。そのレーシングマシン「FTR 750」 のイメージをもとにつくられたストリートバイクが最新のFTRシリーズであり、そこに“ラリー”の名を冠するこのモデルは、スポークホイール、ブロックパターンのタイヤ、メーターバイザーなどを付加して、よりオフロードテイストに仕上げられている。

→「インディアンFTRラリー」のより詳しい情報はこちら

「FTRラリー」は2019年のミラノモーターサイクルショーで発表されたばかりの、インディアンの最新モデルだ。
「FTRラリー」は2019年のミラノモーターサイクルショーで発表されたばかりの、インディアンの最新モデルだ。拡大
アメリカ最古のバイクメーカーとして知られているインディアンだが、今日では全米プロシリーズで圧倒的な戦績を収める、フラットトラックレースの王者という側面も持ち合わせている。
アメリカ最古のバイクメーカーとして知られているインディアンだが、今日では全米プロシリーズで圧倒的な戦績を収める、フラットトラックレースの王者という側面も持ち合わせている。拡大
チタンスモークペイントの上にインディアンのイラストが描かれたタンクカバーは、「FTRラリー」だけの専用装備だ。
チタンスモークペイントの上にインディアンのイラストが描かれたタンクカバーは、「FTRラリー」だけの専用装備だ。拡大
フラットトラッカースタイルの「FTR」シリーズの中でも、「FTRラリー」はよりオフロードテイストを強めたモデルとなっている。
フラットトラッカースタイルの「FTR」シリーズの中でも、「FTRラリー」はよりオフロードテイストを強めたモデルとなっている。拡大

そのスタイルは文句なしにカッコイイ

“フラットトラッカー”に“ラリー”の要素も加えたと聞くと、なんだかキャラが渋滞しているような気もするが、見て、乗ったうえでざっくりと感じたのは、これはインディアン製“スクランブラー”なのだな、ということだ。ちなみにスクランブラーとは、オンとオフのスタイルを「スクランブル(混ぜ合わせる)した」というのが由来である。

車体構成は基本的に「FTR 1200」と共通だから、一見した印象はフラットトラックマシンの色が濃い。鋼管製トラスフレームを採用したスリムな車体、高めのシート、跳ね上がったテールとマフラー。レトロとモダン、スポーティーさが融合した、文句なくカッコいいデザインだ。さらにFTRには「3年連続チャンピオンマシンの血統を受け継ぐ」という背景もあるのだから、これは強い。

高めのシートとはいえ、跨(またが)ってみると、車体のスリムさが効いているのか足つきは意外に悪くない。身長173cmの僕で両足のかかとが地面にギリギリつくかつかないか、というぐらいだ(足が長い人ならつくはず……)。おそらく165cmもあれば不安はないだろう。跨ったり、取り回したりする際の安定感の高さには、重たい燃料タンクをシート下に配していることによる車体の重心の低さも寄与している。シートはたっぷりとした厚みがあり、座り心地はいい。

→「インディアンFTRラリー」のより詳しい情報はこちら

車体はスリムな鋼管トレリスフレームを中心に構成。低重心化のため、燃料タンクはシートの下に配されている。
車体はスリムな鋼管トレリスフレームを中心に構成。低重心化のため、燃料タンクはシートの下に配されている。拡大
フロントまわりの特徴であるラリーウインドスクリーン。黒を基調にグレーのバーが2本入ったそのデザインは、燃料タンクのコンソールバッジと対の意匠となっている。
フロントまわりの特徴であるラリーウインドスクリーン。黒を基調にグレーのバーが2本入ったそのデザインは、燃料タンクのコンソールバッジと対の意匠となっている。拡大
シート高は840mmとやや高めだが、車体がスリムなこともあって足つき性は悪くない。
シート高は840mmとやや高めだが、車体がスリムなこともあって足つき性は悪くない。拡大

スポーティーなエンジンとしなやかな乗り心地

軽いとも重いともいえない、程よい手ごたえのクラッチレバーを握り、ギアをローに踏み込んで走りだすと、ひとつめの交差点を曲がったあたりでアタマが“スクランブル”される。「アメリカンバイク」と聞いて想像される古臭いイメージが覆されるのだ。“鉄馬”的な重々しさはまったくない。むしろ軽やかで俊敏。語弊はあるかもしれないが、「まるでイタリアンバイクみたいだな」と感じられた。

まずエンジンがパワフルで軽やかなのだ。1203ccの水冷Vツインは最高出力123HPを発生するハイパワーユニットだが、その数値以上にパワーとトルクの出方がいい。低回転域からレスポンスがよく、アクセル操作に対しての反応もスムーズ。とてもよくしつけられている。なによりの美点だと感じたのは、実は音のよさ。アクセルを開けるたびに「バオ! バオ!」と、まるでキャブレター車のような勇ましい吸気音が聞こえる。スムーズなレスポンスとも相まって、ついアクセルのオン/オフを繰り返したくなってしまう。

パワフルなエンジンに対して、ハンドリングはわりと鷹揚(おうよう)で、乗り心地はしなやかだ。これはベースのFTRより5cm高められたハンドルを備え、ブロックパターンのタイヤを履くラリーならではの乗り味だろう。ライディングポジションはアップライトでとても自然。またアルミのスポークホイールにエンデューロタイヤ「ピレリ・スコーピオン ラリーSTR」の組み合わせは、路面への当たりが柔らかい。メーターに取り付けられたバイザーも多少の空力効果は期待できるから、ツーリングなどで長い距離を走る人にはメリットとなりそうだ。

→「インディアンFTRラリー」のより詳しい情報はこちら

悪路での操作性を考慮し、他のモデルよりハンドポジションが2インチ高いアルミハンドルバーを装備。アップライトなライディングポジションは、オンロードでの快適性にも寄与する。
悪路での操作性を考慮し、他のモデルよりハンドポジションが2インチ高いアルミハンドルバーを装備。アップライトなライディングポジションは、オンロードでの快適性にも寄与する。拡大
エンジンは排気量1203ccの水冷V型2気筒DOHC 4バルブ(1気筒あたり)。リッターあたり約100HPというハイパワーに加え、刺激的なサウンドも魅力だ。
エンジンは排気量1203ccの水冷V型2気筒DOHC 4バルブ(1気筒あたり)。リッターあたり約100HPというハイパワーに加え、刺激的なサウンドも魅力だ。拡大
メータはシンプルな単眼式。下部にエンジン回転数や水温、燃料の残量などを表示するディスプレイが備わる。
メータはシンプルな単眼式。下部にエンジン回転数や水温、燃料の残量などを表示するディスプレイが備わる。拡大
タイヤには、悪路での高いトラクション性能と舗装路でのハンドリングのよさを両立する「ピレリ・スコーピオン ラリーSTR」を採用。赤いラインが入ったアルミ製ワイヤースポークホイールも「FTRラリー」の専用装備だ。
タイヤには、悪路での高いトラクション性能と舗装路でのハンドリングのよさを両立する「ピレリ・スコーピオン ラリーSTR」を採用。赤いラインが入ったアルミ製ワイヤースポークホイールも「FTRラリー」の専用装備だ。拡大

大人向けのアメリカンスクランブラー

もとよりフラットトラッカー由来だけあり、サスペンションのストロークは長く、足はよく動く。フロント19インチ、リア18インチの大径タイヤは、舗装路でギャップを越えたり、荒れた路面に踏み入ったりしても不安なく走破できる。ブレンボ製ブレーキはガツンと利かせるのではなく、レバーを握り込んでいくほどにジワッと利くタイプ。だから最初は少し「甘いかな?」と思わせるが、慣れてしまえばコントローラブルだ。このあたりもより“オフ”での走りを意識しているだろう、と思わせる。

総じて、フラットトラッカーのレーサーレプリカ的なFTR 1200に対して、ラリーはもう少し落ち着いた“大人向け”仕様といってもいい。チタンシルバーのタンクにブラウンのシートが組み合わされたクラシックなカラーリングも、そのキャラクターをよく表している。

見かけには古きよきアメリカンな豪快さ、おおらかさを残しながらも、その中身はとても洗練されている。オンとオフ、レトロとモダン、スポーティネスとコンフォート。FTRラリーはそれらを上手にスクランブルした多様性を持つモデルだ。いちど乗ってみれば、きっとアメリカン・モーターサイクルの新しい一面を実感できるだろう。

(文=河西啓介/写真=郡大二郎)

→「インディアンFTRラリー」のより詳しい情報はこちら

サスペンションの仕様は「FTR 1200」と共通。フロントの倒立フォークは150mmのトラベル量を持つ。
サスペンションの仕様は「FTR 1200」と共通。フロントの倒立フォークは150mmのトラベル量を持つ。拡大
シートの右下に備わるリアのモノショック。ホイールのトラベル量は150mmとなっている。
シートの右下に備わるリアのモノショック。ホイールのトラベル量は150mmとなっている。拡大
クラシックなデザインが目を引くブラウンのアビエータ―シートは、厚みも十分で、快適な座り心地を提供する。
クラシックなデザインが目を引くブラウンのアビエータ―シートは、厚みも十分で、快適な座り心地を提供する。拡大
クルーズコントロールやUSB高速充電ポートなどの快適装備も搭載された「FTRラリー」。ツーリングにも好適な一台といえるだろう。
クルーズコントロールやUSB高速充電ポートなどの快適装備も搭載された「FTRラリー」。ツーリングにも好適な一台といえるだろう。拡大

車両データ

インディアンFTRラリー

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2287×850×1297mm
ホイールベース:1524mm
シート高:840mm
車重:230kg
エンジン:1203cc 水冷4ストロークV型2気筒 DOHC 4バルブ
トランスミッション:6段MT
最高出力:123HP(91.7kW)/8250rpm
最大トルク:120N・m(12.2kgf・m)/6000rpm
タイヤ:(前)120/70R19 60V M+S/(後)150/70R18 70V M+S(ピレリ・スコーピオンラリーSTR)
価格:209万8000円

→「インディアンFTRラリー」のより詳しい情報はこちら

インディアンFTRラリー
インディアンFTRラリー拡大
 
インディアンFTRラリーに見るアメリカン・モーターサイクルの“いま”の画像拡大