クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

Jackeryポータブル電源1000でできること

世界が変わる 2021.02.22 電気で輝くカーライフ<AD> 「電気」「電動化」といったキーワードが毎日のように飛び交う、自動車の世界。Jackery(ジャクリ)が提案する色鮮やかな「電源」は、また違ったかたちでわれわれのカーライフを実りあるものにしてくれることだろう。

もうひとつのマストアイテム

スマホやゲーム機のバッテリー残量とかけて、朝昼晩のゴハンととく。そのココロは……? それぞれちゃんと満たしてあげないと、精神の安寧が保てない!

「そんな、大げさな~」
「スマホがなくても生きていける!」

と言われそうだが、いやいや、目をつむってよく考えてみてほしい。2021年現在、僕らの日々の生活がどのくらい電子デバイスに依存しているかということを。

朝昼晩の3食ほどにも? はい、それほど。いや、もしかすると、「1食抜いてもいいから、スマホのバッテリーをいますぐ満充電してくれ!」とさえ言い出しかねないほど、僕らはいつも“100%のフルチャージ”を欲しているのだ。

安定供給される電源はデイリーライフに欠かせない必須のインフラ。ワークシーンで、レジャーシーンで、なにより自宅を中心としたデイリーライフで、電子機器のバリエーションと数はますます増える一方だ。それらと対で、なくてはならないのが“電源”。それら電源については、まだまだ「欲しいときにどこでも手に入るもの」になっていないのが現状だろう。

さりとて手をこまねいていると、不便が加速してしまう。なんとかせねば、なんともならない。そんな折、さまざまなシチュエーションで「あると絶対に便利なアイテム」「来る災害への備え」として話題になっているのが、大容量のポータブル電源だ。

→Jackeryポータブル電源の詳しい情報はこちら

今回紹介する「Jackeryポータブル電源1000」は、Jackeryブランドの中で最大の容量を誇る、持ち運び可能なバッテリー。どんな使い方ができるのか、詳しくは本文で!
今回紹介する「Jackeryポータブル電源1000」は、Jackeryブランドの中で最大の容量を誇る、持ち運び可能なバッテリー。どんな使い方ができるのか、詳しくは本文で!拡大
Jackeryは、アメリカ・カリフォルニア州発の、アウトドア用ポータブル電源のトップブランド。その名は「jacket」と「battery」に由来する。
Jackeryは、アメリカ・カリフォルニア州発の、アウトドア用ポータブル電源のトップブランド。その名は「jacket」と「battery」に由来する。拡大
鮮やかなオレンジ色はJackery製品共通の特徴。ビビッドなカラーに、ユーザーのココロも明るくなる。
鮮やかなオレンジ色はJackery製品共通の特徴。ビビッドなカラーに、ユーザーのココロも明るくなる。拡大
今回のドライブの友は、アウトドアフィールドにふさわしい新型「ランドローバー・ディフェンダー110 SE」。2リッターモデルとは思えないパワフルな走りが印象的だ。
今回のドライブの友は、アウトドアフィールドにふさわしい新型「ランドローバー・ディフェンダー110 SE」。2リッターモデルとは思えないパワフルな走りが印象的だ。拡大

理想は「持ち運べる電源」

日常で、スマホ/ゲーム機用の小型モバイルバッテリーを目にする機会はあるだろう。手にすると見た目よりも“ズシッ”とくるアレだ。Amazonなどの通販サイトには、購入商品を1つに絞るのもなかなか大変、目まいがしそうなほどたくさんのサブバッテリーがラインナップされている。

それらのバッテリーの中でも小型・軽量をうたう、重量200g以下、1万mAh前後の商品の多くは、スマホ1台を2回フル充電して少し余るくらいのパフォーマンスを備えている。それらはもちろんユーザーにとって便利なアイテムだが、用途の大半はスマホやタブレットなどに限定されている。

しかし、世の中にはもっといろいろな、充電バッテリーを内蔵した電気製品がある。スマホ&タブレットよりも、そこから「もっと先」を欲張りたいユーザーが向かうべきアイテムはただひとつ、大容量のモバイルバッテリーだろう。もっと言えば、アウトプット(出力)の種類が多い、より汎用(はんよう)性の高い、ビッグサイズの“ポータブル電源”がベストチョイスとなるに違いない。単一目的のバッテリーではなく、マルチユースに対応した「電源」。この電源が持つ心強さがハンパじゃないのだ。

今回紹介するJackeryという名のメーカーがつくるポータブル電源の大きな特徴は、“大容量なこと”と“ハイクオリティーなこと”にある。ちょっと変わったその社名は「jacket」と「battery」を組み合わせたもので、「まるで身に着けるように、バッテリーを簡単に使えるようにしたい」という思いが込められているという。2012年にアメリカで設立され、現在はJVCケンウッドとも共同でポータブル電源を開発。環境保全を通して社会貢献を行うイノベーティブな企業だ。

今回は、その製品ラインナップ(計4種)の中でも最大のキャパシティーを誇る「Jackeryポータブル電源1000(以下、ジャクリ1000)」をピックアップした。取材の相棒となるクルマは、人気のクロスカントリーモデル「ランドローバー・ディフェンダー」。国内販売が開始されたばかりのこのクルマには、さすがイマドキの最新モデル! とばかりに多くの電源コネクター類が装備されている。

でもポータブル電源があれば、例えば高圧洗浄機や家庭の掃除機を使うことで、洗車やクリーニングの自由度が格段に向上するのは間違いない。バッテリー残量を気にすることなく、タブレットに整備やカスタムのコンテンツを表示させ、マイペースで作業にあたることもできる。そしてそのよろこびは、郊外へのドライブシーンやアウトドアシーンでさらに広がる。

→Jackeryポータブル電源の詳しい情報はこちら

タフなクロスカントリー車の荷室に、頼りになるアウトドアギア。絵になるイメージに、思わずほほがゆるむ。
タフなクロスカントリー車の荷室に、頼りになるアウトドアギア。絵になるイメージに、思わずほほがゆるむ。拡大
「Jackeryポータブル電源1000」の寸法は、幅332×奥行き233×高さ243mm。大人が抱えるとご覧のようなサイズ感。
「Jackeryポータブル電源1000」の寸法は、幅332×奥行き233×高さ243mm。大人が抱えるとご覧のようなサイズ感。拡大
重さ約10.6kgの「Jackeryポータブル電源1000」だが、折り畳み式のしっかりしたハンドルのおかげで楽に持ち運びできる。
重さ約10.6kgの「Jackeryポータブル電源1000」だが、折り畳み式のしっかりしたハンドルのおかげで楽に持ち運びできる。拡大
本体正面には、AC出力(コンセント)およびUSB出力のコネクターとシガーソケット、入力用の端子が整然と並ぶ。液晶画面にはリチウムイオンバッテリーの残量と充電・給電の状況が表示される。
本体正面には、AC出力(コンセント)およびUSB出力のコネクターとシガーソケット、入力用の端子が整然と並ぶ。液晶画面にはリチウムイオンバッテリーの残量と充電・給電の状況が表示される。拡大
今回ドライブした「ディフェンダー110 SE」も、USBソケットを7つ、シガーソケットを3つ、コンセントを1つ備えるなどユーティリティーの高さは相当なもの。それでも、車体から独立して持ち出せるポータブル電源には代えがたい魅力がある。
今回ドライブした「ディフェンダー110 SE」も、USBソケットを7つ、シガーソケットを3つ、コンセントを1つ備えるなどユーティリティーの高さは相当なもの。それでも、車体から独立して持ち出せるポータブル電源には代えがたい魅力がある。拡大

「できる」のレベルが違う

ジャクリ1000だからできること。それは「複数機器への同時充電」であり、「もっと大きな電力が必要な製品への対応」だ。製品名の1000はそのまま、定格出力1000Wに由来している。キャパシティーを正確に記すと、「定格出力1000W/瞬間最大出力2000W」「電気容量27万8400mAh/1002Wh(46.4Ah/21.6V)」というスペックになる。

それで具体的にどれくらい給電できるのか? 備わっている出力端子それぞれの役割分担と合わせて紹介しよう。

【AC電源】
2本の電極プラグを差し込む一般的な電源コンセントは3つある。一眼レフカメラの充電(8.4W/約42回分)をはじめ、ノートパソコン(30W/約12.5回分)、ドローン(60W/約17回分)、電気毛布(55W/約13時間)などへの給電が可能。もちろん、炊飯器やトースターなど家庭の調理器具も使える。

【USB電源(DC電源)】
USB-Aが1つ、USB-Cが2つ、QC(Quick Charge)3.0が1つの計4つ。スマートフォン(18W/約100回分)、タブレット(12W/約27回分)のほか、LEDライト、ゲーム機、ワイヤレスヘッドホン、ポータブルプレーヤーなど、USBポートからチャージするさまざまなデバイスが充電できる。

【シガーソケット】
12V・10Aのアクセサリーソケットも1つ備わっている。例えば、シガーソケットから電源をとるポータブル冷蔵庫(60W)であれば、約66時間使用可能。つまり、キャンプ場で2泊3日は余裕。冷蔵庫だけに使うなら3泊4日も夢じゃない。USBポートが不足した際には、市販のUSB用シガーソケットを挿すことで増設するという手もある。


……ズラリと並べてみましたが、どうですか。「不便を楽しむことこそキャンプの神髄」という意見もみとめつつ、緑の中でまったりのんびり和みに来たはずなのに、不安な気持ちで過ごすのでは意味がないのでは? しかし、ジャクリ1000がパフォーマンスを発揮するのはキャンプシーンだけじゃない。いまや大人気となっている「車中泊」のシーンでも“無二のありがたみ”を感じさせてくれる。クルマはしっかりしたボディーに覆われているから……と侮るなかれ、冬の車内の温度低下は想像以上のつらさとなる。さりとて灯油やガスを燃料に暖をとるアウトドア用暖房器具は、安全上の点から車中で使うことは難しい。そんなときこそ、ポータブル電源&電気毛布の出番だ。燃焼系ヒーターとは比べものにならないほど手間いらずだし、静かなのもうれしい。夏は夏で、時に車内は熱中症になるほど高温になるので、ポータブル電源で扇風機やサーキュレーターを活用するといい。

実際のところ、車中泊でもテント泊でも電源の必要性は変わらない。「クルマに備わっている電源コネクターを使えばいい」と思ったところで“バッテリーあがり”が気になってしまい、エンジンを始動せずに給電することはできないからだ。郊外のキャンプサイトとはいえ、さすがにエンジンかけっぱなしはありえない。たった10kgちょっとのポータブル電源。それをクルマのトランクに載せていくことで得られる安心感は、計り知れない。クルマ+ジャクリ1000の相性は、これからの時代、まさに抜群といえるのだ。

→Jackeryポータブル電源の詳しい情報はこちら

スマートフォンであれば100回の充電能力を持つ「Jackeryポータブル電源1000」。1日5人分(5台)のペースで約3週間充電可能なスタミナは、十分といえるだろう。
スマートフォンであれば100回の充電能力を持つ「Jackeryポータブル電源1000」。1日5人分(5台)のペースで約3週間充電可能なスタミナは、十分といえるだろう。拡大
仕事を抱えたままキャンプ場に……という場面でも、コンセント経由でPCに電力を供給できる。これは、小型のモバイルバッテリーにはない機能である。
仕事を抱えたままキャンプ場に……という場面でも、コンセント経由でPCに電力を供給できる。これは、小型のモバイルバッテリーにはない機能である。拡大
せっかく持ってきたラジコンはあいにくバッテリー残量ゼロ! しかし、「Jackeryポータブル電源1000」のおかげで楽しむことができた。
せっかく持ってきたラジコンはあいにくバッテリー残量ゼロ! しかし、「Jackeryポータブル電源1000」のおかげで楽しむことができた。拡大
近年はやりの空撮用ドローンも、バッテリー残量が気になるアイテム。そんな不安をポータブル電源が一発解決してくれる。
近年はやりの空撮用ドローンも、バッテリー残量が気になるアイテム。そんな不安をポータブル電源が一発解決してくれる。拡大
「キャンプなのだから、煮炊きに家電は使わない!」という人でも、「あったらいいな……」と願うのが電気毛布。特に女性にはよろこばれるはず。
「キャンプなのだから、煮炊きに家電は使わない!」という人でも、「あったらいいな……」と願うのが電気毛布。特に女性にはよろこばれるはず。拡大
キャンピングカーやミニバンに限らず、「ランドローバー・ディフェンダー」のように広くフラットな荷室が得られるクルマは、車内に寝泊まりすることが可能。しかし、そうした車中泊の場所は、得てして不便なもの。Jackeryのポータブル電源を常備しておけば、容易に照明や温熱器具、PCなどを使うことができ、大きな安心が得られる。
キャンピングカーやミニバンに限らず、「ランドローバー・ディフェンダー」のように広くフラットな荷室が得られるクルマは、車内に寝泊まりすることが可能。しかし、そうした車中泊の場所は、得てして不便なもの。Jackeryのポータブル電源を常備しておけば、容易に照明や温熱器具、PCなどを使うことができ、大きな安心が得られる。拡大

ココロも満たすチャージャー

ビビッドなオレンジ色を差した質感の高いグレーボディーをまとったジャクリ1000は、とてもポップでスタイリッシュ。キャンプサイトのアウトドアシーンにもばっちりハマっているのが、写真を見ていただいても分かるだろう。クルマのエンジンルームにおさまる、カーバッテリーの生真面目な裏方イメージとはだいぶ雰囲気が異なる。明るいデザインが「もっとアウトドアに出してくれ!」と言っているようだ。

そんなJackeryのポータブル電源は、どの機種も500回の繰り返し充放電に耐えるように設計されている。BMS+NCM制御機能によって過充放電/過電流/ショート/高温ゆえの過負荷などから本体が保護されているので安全性も極めて高い。日本国内に合わせた100V電圧/純正弦波仕様なので電気製品のキャパシティーを気にする必要もない。併売される太陽光パネル「SolarSaga」を活用すれば、外部コンセントを確保しなくても電気を蓄えることができる。

起きてはほしくない、でも確実に起こりうる自然災害。そんな時にも(そんな時こそ!)ポータブル電源の外部給電能力は命綱として不可欠のライフラインとなってくれるに違いない。もしかしたら災害時でもキャンプシーンでも、僕らが静かに思い至るのは「世界の仕組みのほとんどは電気で動いている」ということかもしれない……と想像しつつ。

プロダクトとしてのクオリティーに隙のない、Jackeryのポータブルバッテリー。価格もトップモデルは10万円超とプレミアムだが、こんなに分かりやすい保険はないし、これほどまでに誰にでも使える道具もまたないだろう。子どもでも大人でも、用途のアイデアは無限大。なにより、ココロに余裕が生まれるのがうれしい!


その“スーパーマルチツール”の実力を体感した日の夜、10年前に大ベストセラーになった近藤麻理恵さんの『人生がときめく片づけの魔法』という本を、自宅の書棚でたまたま見つけた。まったく読んだ形跡がない妻の蔵書。パラパラとめくっていると、こんな一節に出くわした。

モノを一つひとつ手にとり、ときめくモノは残し、ときめかないモノは捨てる──。

これだ、と思った。ジャクリ1000を手にとった49歳のおやじのハートはいま、激しくときめいている。

(文=宮崎正行/写真=三浦孝明)

→Jackeryポータブル電源の詳しい情報はこちら

「Jackeryポータブル電源1000」が活躍できる温度域は-10度から40度となっている。
「Jackeryポータブル電源1000」が活躍できる温度域は-10度から40度となっている。拡大
撮影で活躍した一眼レフカメラにもチャージ。このクラスの機器であれば約42回、小型のアクションカメラであれば約180回充電できる。
撮影で活躍した一眼レフカメラにもチャージ。このクラスの機器であれば約42回、小型のアクションカメラであれば約180回充電できる。拡大
Jackeryでは、今回使用した「ポータブル電源1000」(写真)のほかに、容量とボディーサイズの小さな「同700」「同400」「同240」などもラインナップしている。
Jackeryでは、今回使用した「ポータブル電源1000」(写真)のほかに、容量とボディーサイズの小さな「同700」「同400」「同240」などもラインナップしている。拡大
クルマにソケットが豊富に備わっていても、車載バッテリーの残量を考えると過度の使用は気になるもの。その点、ポータブル電源は強い味方になってくれる。
クルマにソケットが豊富に備わっていても、車載バッテリーの残量を考えると過度の使用は気になるもの。その点、ポータブル電源は強い味方になってくれる。拡大
給電用のソーラーパネル「SolarSaga」シリーズも用意される、Jackeryのポータブル電源。ドライブ以外にも、テレワークのPC用、庭先でのBBQや趣味用途、災害時のバックアップなど、その用途は極めて幅広い。
給電用のソーラーパネル「SolarSaga」シリーズも用意される、Jackeryのポータブル電源。ドライブ以外にも、テレワークのPC用、庭先でのBBQや趣味用途、災害時のバックアップなど、その用途は極めて幅広い。拡大
Jackeryポータブル電源1000
Jackeryポータブル電源1000拡大

Jackeryポータブル電源&ソーラーパネルのデータ

ポータブル電源1000

容量:1002Wh
重量:10.6kg
サイズ:幅×奥行き×高さ=332×233×243mm
保証:24カ月
認定資格:FCC、UN38.3、PSE、ROHS、防災安全協会推奨
ソーラー充電:対応可(SolarSaga 100でフル充電まで約17時間)
定格出力:1000W
瞬間最大出力:2000W
出力口:シガーソケット×1、USB×4 、AC×3
充電回数・時間の目安:スマートフォン 約100回/サーキュレーター 約57時間/車載冷蔵庫 約66時間/電気毛布 約13時間
使用期間の目安:2日~4日間
価格:13万9800円

Jackeryポータブル電源700
Jackeryポータブル電源700拡大

ポータブル電源700

容量:700Wh
重量:6.3kg
サイズ:幅×奥行き×高さ=299×192×191mm
保証:24カ月
認定資格:FCC、UN38.3、PSE、ROHS、防災安全協会推奨
ソーラー充電:対応可(SolarSaga 100でフル充電まで約14時間)
定格出力:500W
瞬間最大出力:1000W
出力口:シガーソケット×1、USB×3 、AC×2
充電回数・時間の目安:スマートフォン 約68回/サーキュレーター 約30時間/車載冷蔵庫 約48時間/電気毛布 約9.5時間
使用期間の目安:2日~3日間
価格:7万9800円

Jackeryポータブル電源400
Jackeryポータブル電源400拡大

ポータブル電源400

容量:400Wh
重量:4.1kg
サイズ:幅×奥行き×高さ=230×153×167mm
保証:24カ月
認定資格:FCC、UN38.3、PSE、ROHS
ソーラー充電:対応可(SolarSaga 100でフル充電まで約7.5時間)
定格出力:200W
瞬間最大出力:400W
出力口:シガーソケット×1、USB×2 、AC×1
充電回数・時間の目安:スマートフォン 約42回/サーキュレーター 約20時間/車載冷蔵庫 約28時間/電気毛布 約6.0時間
使用期間の目安:1日~2日間
価格:4万4800円

Jackeryポータブル電源240
Jackeryポータブル電源240拡大

ポータブル電源240

容量:240Wh
重量:3.2kg
サイズ:幅×奥行き×高さ=230×133×167mm
保証:24カ月
認定資格:FCC、UN38.3、PSE、ROHS
ソーラー充電:対応可(SolarSaga 60 PROでフル充電まで約8時間)
定格出力:200W
瞬間最大出力:400W
出力口:シガーソケット×1、USB×2 、AC×1
充電回数・時間の目安:スマートフォン 約24回/サーキュレーター 約15時間/車載冷蔵庫 約16時間/電気毛布 約3.7時間
使用期間の目安:1日~2日間
価格:1万9800円

Jackery SolarSaga 100
Jackery SolarSaga 100拡大

SolarSaga 100

展開時サイズ:縦×横×高さ=535×1220×5mm
収納時サイズ:縦×横×高さ=610×535×35mm
保証:24カ月
最大出力:100W
価格:3万4800円

Jackery SolarSaga 60 PRO
Jackery SolarSaga 60 PRO拡大

SolarSaga 60 PRO

展開時サイズ:縦×横×高さ=535×855×5mm
収納時サイズ:縦×横×高さ=425×535×35mm
保証:24カ月
最大出力:68W
価格:1万8800円

→Jackeryポータブル電源の詳しい情報はこちら