日産が放つ“第四の軽”、その正体は……?

2007.01.23 自動車ニュース
日産が放つ“第四の軽”、その正体は……?

日産が放つ“第四の軽”、その正体は……?

日産自動車は、新型軽自動車「PINO(ピノ)」を、2007年1月22日に発売した。

「ピノショップオリジナルシートクロス」。1万2600円。
日産が放つ“第四の軽”、その正体は……?

「日産ピノ」は、スズキからOEM供給されるニューモデル。その正体は、いうまでもなく「アルト」だ。

日産は、これまでもOEMで軽自動車を扱っており、今回の「ピノ」は、「モコ(=スズキMRワゴン)」「クリッパー(=三菱ミニキャブ)」「オッティ(=三菱eKワゴン)」に次ぐ4番目。
名前の由来は「ピノキオのように、長く愛され一緒に成長していける友達」という思いからで、同社では、コンパクトカーラインナップにおける“末っ子”と位置づける。

これら「ピノ」を飾るグッズは、「Pinoshop.jp」で購入できる。
日産が放つ“第四の軽”、その正体は……?

ボディカラーは、「ライムグリーン」「スノーパールホワイト」など全9色。
アルトは「マツダ・キャロル」としてもOEM提供されており、それらスズキ、マツダの“兄弟”とは、エンブレム、グリル、ホイールに、サイコロの模様をあしらったシート表皮などが識別点となる。
価格は86万1000円(FF/5MT)から115万1850円(4WD/4AT)までで、販売目標台数は月2500台とされる。

ソニープラザとのコラボレーションにより、オンラインショップ「Pinoshop.jp」もオープン。インターネットを通じて、オリジナルシートカバーなど「ピノ」を飾るグッズを購入することができる。

(webCG 関)

関連キーワード:
キャロルアルトマツダスズキピノ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ、軽乗用車「キャロル」を全面改良 2014.12.26 自動車ニュース マツダが軽乗用車「キャロル」をモデルチェンジし、2015年1月に発売する。
  • 新型「AZ-ワゴン」はワゴンRのマツダ版 1998.10.14 自動車ニュース マツダは軽の新規格に適合させた、新型「AZ-ワゴン」を10月13日に発売した。新型スズキ・ワゴンRのマツダ版兄弟車である。先代の「AZ-ワゴン」は1994年、スズキから旧型ワゴンRのOEM供給を受けて登場したモデルだ。今回の新型「AZ-ワゴン」も、スズキから新型のワゴンRの供給を受けて生産される。従ってエンブレム以外、外観上の相違点がない兄弟車となっている。ボディタイプは5ドアのみで、スポーティな外観の「RR」もラインナップに加わっているが、ワゴンRに設定される「1プラス2ドア」は用意されない。搭載されるエンジンは直3SOHC、同ターボ、直3DOHC(LEV) 、同ターボの4種。ワゴンRにあるDOHC・VVT仕様は設定されない。トランスミッションは5MTと3ATのみで、ワゴンRにあるCVTの設定はない。駆動方式はFFと4WDが用意される。安全装備はデュアルエアバッグ、プリテンショナーつきシートベルト、ブレーキアシストつきABSを一部グレードに標準装備、他は5万円でセット・オプション設定する。価格は87.5〜138.7万円で、ワゴンRと実質的に同様である。AZ-ワゴンの方が、ワゴンRより納車が早かったり、値引きがいいかもしれません(?)。(Web CG スヤマ)
  • マツダ、軽自動車の「フレア」をモデルチェンジ 2017.2.23 自動車ニュース マツダは2017年2月23日、軽自動車の「フレア」を全面改良して発表した。発売は3月2日。“兄弟車”の「スズキ・ワゴンR」と足並みをそろえ、定番スタイルの「HYBRID XG」と、スタイリッシュな「HYBRID XS」の2機種を設定した。
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドSV(FF/5AT)【試乗記】 2017.1.24 試乗記 スズキのトールワゴン型コンパクトカー「ソリオ」に、燃費32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場。独自開発のユニークなハイブリッドシステムが注目を集めているが、その見どころは燃費性能だけではなかった。
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
ホームへ戻る