日産が放つ“第四の軽”、その正体は……?

2007.01.23 自動車ニュース
日産が放つ“第四の軽”、その正体は……?

日産が放つ“第四の軽”、その正体は……?

日産自動車は、新型軽自動車「PINO(ピノ)」を、2007年1月22日に発売した。

「ピノショップオリジナルシートクロス」。1万2600円。
日産が放つ“第四の軽”、その正体は……?

「日産ピノ」は、スズキからOEM供給されるニューモデル。その正体は、いうまでもなく「アルト」だ。

日産は、これまでもOEMで軽自動車を扱っており、今回の「ピノ」は、「モコ(=スズキMRワゴン)」「クリッパー(=三菱ミニキャブ)」「オッティ(=三菱eKワゴン)」に次ぐ4番目。
名前の由来は「ピノキオのように、長く愛され一緒に成長していける友達」という思いからで、同社では、コンパクトカーラインナップにおける“末っ子”と位置づける。

これら「ピノ」を飾るグッズは、「Pinoshop.jp」で購入できる。
日産が放つ“第四の軽”、その正体は……?

ボディカラーは、「ライムグリーン」「スノーパールホワイト」など全9色。
アルトは「マツダ・キャロル」としてもOEM提供されており、それらスズキ、マツダの“兄弟”とは、エンブレム、グリル、ホイールに、サイコロの模様をあしらったシート表皮などが識別点となる。
価格は86万1000円(FF/5MT)から115万1850円(4WD/4AT)までで、販売目標台数は月2500台とされる。

ソニープラザとのコラボレーションにより、オンラインショップ「Pinoshop.jp」もオープン。インターネットを通じて、オリジナルシートカバーなど「ピノ」を飾るグッズを購入することができる。

(webCG 関)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ、軽乗用車「キャロル」を全面改良 2014.12.26 自動車ニュース マツダが軽乗用車「キャロル」をモデルチェンジし、2015年1月に発売する。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルトX(FF/CVT)【試乗記】 2015.3.19 試乗記 このインパクトのある“顔つき”がとかく話題になりがちな新型「アルト」だが、デザインばかりに目を奪われてはいけない。このクルマの見どころはその奥、しっかりとしたボディーにこそあるからだ。上級グレードの「X」に試乗し、アルトの“軽自動車力”を探った。
  • マツダ・キャロル エコが35.0km/リッター達成 2013.12.19 自動車ニュース マツダが、燃費を35.0km/リッターに改善した「キャロル エコ」を発売した。
  • マツダ、「AZ-ワゴン」「キャロル」をマイナーチェンジ 2000.12.19 自動車ニュース マツダは、スズキからOEM供給される軽自動車「AZ-ワゴン」(スズキ・ワゴンR)および「キャロル」(スズキ・アルト)をマイナーチェンジし、2000年12月18日から販売を開始した。両車ともに、マツダのブランドシンボルたる「ファイブポイントグリル」を採用したのが最大の特徴となる。「AZ-ワゴン」においては、一部グレードに大型マルチリフレクターヘッドランプ、全車に新意匠のバンパーを採用。さらに環境対策を施し、DOHCエンジンのNA車が低排出ガス車認定制度における平成12年基準排出ガス50パーセント低減レベル(優−低排出ガス)の認定を取得、ターボ車が同25パーセント低減レベル(良−低排出ガス)の認定を取得した。価格は、「FM」(2WD+5MT)の99.5万円から、「RR-TL」(4WD+4AT)の153.3万円まで。「キャロル」は、全車に新デザインの大型マルチリフレクターヘッドランプとバンパーを装着。「よりスタイリッシュなフロント周りにした」(マツダ)。また、リーンバーンエンジン搭載車を除く全車が、低排出ガス車認定制度における平成12年基準排出ガス50パーセント低減レベル(優−低排出ガス)を取得。リサイクル性の高いオールアルミ製のDOHCエンジンを全車に搭載したのも新しい。3ドア「ミレディ」(2WD+5MT)の73.8万円から、5ドア「ミレディエクストラ」(4WD+4AT)の110.5万円まで。(web CG 有吉)
ホームへ戻る