【スペック】15S Vパッケージ:全長×全幅×全高=3990×1690×1535mm/ホイールベース=2600mm/車重=1070kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(109ps/6000rpm、15.1kgm/4400rpm)/価格=132万3000円(テスト車=141万2250円/キセノンヘッドランプ=5万2500円/オートライトシステム+バンパー組込みハロゲンフォグランプ=2万6250円/リヤ可倒式シート(6:4分割)=1万500円)

日産ノート 15S Vパッケージ(CVT)/15RX(CVT)【試乗記】

好感度高いすっきり系コンパクト 2005.03.11 試乗記 日産ノート 15S Vパッケージ(CVT)/15RX(CVT)……141万2250円/180万6000円「マーチ」「キューブ/キューブキュービック」「ティーダ」に続く、第4のコンパクトカーとして日産から登場のニューモデルが「ノート」である。キャッチフレーズは“コンパクトのフレキシビリティをシフトする”だが、さてその実像は? 自動車ジャーナリストの生方聡のリポート。


日産ノート 15S Vパッケージ(CVT)/15RX(CVT)【試乗記】の画像
クリックするとトランクルームのアレンジが見られます。

クリックするとトランクルームのアレンジが見られます。


日産ノート 15S Vパッケージ(CVT)/15RX(CVT)【試乗記】の画像

簡単アレンジの2段マルチトランク

「フレキシビリティ」とは、“柔軟性”とか“適応性”、“伸縮性”という意味の英単語である。もちろん「ノート」が消しゴムのようにぐにゃぐにゃなわけではなく、いろいろな場面で柔軟に適応できるクルマを目指したということである。

確かにその努力はラゲッジスペースに表れている。後席を起こしたままでも約60cmの奥行きを持つノートの荷室には、「2段マルチトランク」なる仕掛けが隠されていた。取り外し可能な床板によって、収納スペースを上下2段に分けることができるほか、床板を立てて使えばパーティションになり、また、床板を外してしまえば背の高い荷物にも対応が可能。さらに、荷物が多い場合には後席を畳んでしまえばいい。しかも荷室のアレンジは簡単に変えられるから、ふだん使う場面でのフレキシビリティは十分高いといえる。
だからといって、後席のスペースが犠牲になっては困るのだが、足元のスペースは、3990mmの全長から想像できないくらい余裕があるし、頭上の余裕も文句ない。それでいて、立体駐車場などで困らないよう、全高を1535mmに抑えたまま、ルーフ後部をできるだけ後ろに追いやることで、後席と荷室のスペースを両立させているのがうれしい点だ。

ところで個人的に好感を抱いたのは、エクステリア、インテリアのいずれも、“かわい〜”デザインではなかったこと。また、無理に高級ぶったり、反対に安っぽかったりしないところもいい。私にとっては、「ノート」自慢のフレキシビリティよりも、むしろこのすっきりしたデザインのほうが重要なのである。



日産ノート 15S Vパッケージ(CVT)/15RX(CVT)【試乗記】の画像
【スペック】
15RX:全長×全幅×全高=3990×1690×1535mm/ホイールベース=2600mm/車重=1090kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(109ps/6000rpm、15.1kgm/4400rpm)/価格=156万4500円(テスト車=180万6000円/ステアリングスイッチ+カーウイングス対応TV/ナビゲーションシステム(DVD方式)+MD・CD一体AM/FM電子チューナーラジオ=24万1500円)

【スペック】15RX:全長×全幅×全高=3990×1690×1535mm/ホイールベース=2600mm/車重=1090kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(109ps/6000rpm、15.1kgm/4400rpm)/価格=156万4500円(テスト車=180万6000円/ステアリングスイッチ+カーウイングス対応TV/ナビゲーションシステム(DVD方式)+MD・CD一体AM/FM電子チューナーラジオ=24万1500円)


日産ノート 15S Vパッケージ(CVT)/15RX(CVT)【試乗記】の画像

走れば気になるところもあるが……

コンパクトカーの価値は、壱にパッケージング、弐にデザインだと思うが、走りっぷりがよければそれにこしたことはない。さて、ノートはどうだろう?
搭載されるエンジンは、1.5リッター直列4気筒のHR15DEの1種類だけ。駆動方式はFFと、FFをベースに後輪をモーターで駆動する「e-4WD」が選べ、前者にはCVT、後者には4段オートマチックトランスミッションが組み合わせられる。今回は、装備充実のグレード「15S Vパッケージ」と上級「15RX」のFFモデルを試乗した。

まずは175/65R14タイヤを履く15Sに乗る。1.5リッターエンジンとCVTの組み合わせはすでにティーダで体験済みだが、ティーダよりもわずかに軽量だから、出足も追い越し加速も不満はない。スーっと発進し、気がつくと必要なスピードに達しているという感覚。さらに加速が必要なときはスロットルペダルを踏み込むことで、エンジンは即座に回転を上げ、効率よく速度を上げていく。その際にパワートレインから聞こえてくるノイズがやや大きめなのが気になるが、巡航に戻ればさほど耳障りではない。
乗り心地はやや硬めで、サイズのわりにしっかりした印象がある。道路によっては路面の凸凹が伝わってくることもあったが、快適さは十分許容できる範囲内だ。高速走行時の安定感や直進性も十分で、一方、コンパクトカーらしい軽快さも感じることができた。
次に乗った15RXには175/60R15タイヤが装着されていたが、15Sに比べるとタイヤの硬さが目立ち、路面によっては足まわりがドタバタする印象がある。14インチタイヤの見栄えはともかく、私なら14インチ装着モデルを奨める。

走りっぷりに関しては多少荒削りな部分もあるが、そのあたりは今後の進化に期待するとして、全体的にはコンパクトカーの楽しさや使い勝手の良さが実感できるクルマに仕上がっていると思う。しかも、年齢や性別を選ばないすっきりしたデザインだけに、幅広い層に受け入れられるのではないだろうか。

(文=生方聡/写真=高橋信宏/2005年2月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ノートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • 第398回:凍った路面に強いのはどんなクルマ?
    「日産オールラインナップ 氷上・雪上試乗会」に参加して
    2017.2.11 エッセイ 2017年2月、長野県北佐久郡の女神湖で、「日産オールラインナップ 氷上・雪上試乗会」が開催された。雪でも氷でも問題なし! の4WDモデルから、いま話題の“新しいかたちの電気自動車”やスーパースポーツカーまでが勢ぞろい。滑る路面に強かったのはどんなクルマ?
  • 日産ノートNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2015.1.13 試乗記 日産の5ドアコンパクトカー「ノート」に、「NISMO」の名を持つスポーツモデルが登場。今となっては珍しい、テンロクエンジンを全開にして走る気持ちよさに、現代の国産車がなくしてしまった「走りの楽しさ」を見た。
ホームへ戻る