【スペック】全長×全幅×全高=4800×1840×1480mm/ホイールベース=2750mm/車重=1470kg/駆動方式=FF/2.5リッター直4DOHC16バルブ(188ps/5700rpm、25.5kgm/3250rpm)/燃費=15.6km/リッター(JC08モード)/価格=300万円(テスト車=308万4000円/Boseサウンドシステム+11スピーカー=8万4000円)

マツダ・アテンザワゴン25S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】

ハンドリング・マニアにささぐ 2013.03.22 試乗記 マツダ・アテンザワゴン25S Lパッケージ(FF/6AT)
……308万4000円

話題も人気も沸騰中の新型「マツダ・アテンザ」。今回は販売の主役であるディーゼルエンジン搭載車ではなく、あえて2.5リッターのガソリンエンジン車に試乗。あらためて、その真価を確かめた。

主流はディーゼルだけれど……

「マツダ・アテンザ」は、国内販売でもディーゼルエンジンを積む「XD」(「XD Lパッケージ」も含む)の比率が7割以上……ことによっては8割近いのだという。アテンザはご承知のように、その一番人気の2.2リッター直噴ターボディーゼルのほか、「CX-5」などと同じ2リッターガソリン、そしてアテンザで初登場の2.5リッターガソリン……という計3種類のエンジンラインナップである。

アテンザでディーゼルに人気が集中するのは当然だろう。アテンザのディーゼルはすべてのアテンザのなかで、最も高性能かつ最も低燃費。まあ、そのぶん価格も高いのだが、「XD」が同等装備の2リッター「20S」の、上級版「XD Lパッケージ」が2.5リッター「25S Lパッケージ」のそれぞれ40万円高。補助金や免税などクリーンディーゼルならではの優遇措置と燃料の安さを考えると、「この価格差ならディーゼル」と思いやすい絶妙な設定である。
ましてや、最新クリーンディーゼルという存在そのものが、日本では今なお新鮮かつ貴重。クルマ好きならそれだけでゴハン3杯は食べられるほど(?)マニアなウンチク満載だ。

とくに好奇心豊かなクルマ好きは、これまで「欧州の常識である最新ディーゼルがどれほど魅力的か? しかし、それは日本で手に入らない」という話をさんざん聞かされてきたわけだ。そこでやっと登場した国産の最新鋭ディーゼルが、CX-5でありアテンザである。さらに言えば、それを手がけたのが「和製欧州車」っぷりにかけては右に出るものがない(?)マツダとなれば、「待ってました!」と、多少のエキストラコストも喜んで支払うエンスージアストは少なくないだろう。

ところが、今回の主題はアテンザはアテンザでも、ガソリンモデルである。試乗車となった2.5リッターガソリンを積む「アテンザワゴン25S Lパッケージ」を前に、編集部H君は「ディーゼルイメージか強いアテンザですが、あえてガソリンを選ぶというハズシの選択はあるんでしょうか?」という。H君、なかなか答えにくいことを聞いてくれるね……。

装備については基本的にディーゼルエンジン搭載車と共通。「Lパッケージ」ではインパネの加飾パネルがボルドーメタルとなる。なお、試乗車にはディーラーオプションのパイオニア製HDDナビゲーションシステム(21万850円)が装備されていた。
装備については基本的にディーゼルエンジン搭載車と共通。「Lパッケージ」ではインパネの加飾パネルがボルドーメタルとなる。なお、試乗車にはディーラーオプションのパイオニア製HDDナビゲーションシステム(21万850円)が装備されていた。
「Lパッケージ」はブラック、もしくはオフホワイトのパーフォレーションレザーシートを標準装備。前席のセンターアームレストにはスライド機構が備わる。
「Lパッケージ」はブラック、もしくはオフホワイトのパーフォレーションレザーシートを標準装備。前席のセンターアームレストにはスライド機構が備わる。
「アテンザ」のワゴンは、セダンよりホイールベースが80mm短くなっているものの、レイアウトなどの工夫により、後席スペースの縮小は前後長で−20mmに抑えられている。
「アテンザ」のワゴンは、セダンよりホイールベースが80mm短くなっているものの、レイアウトなどの工夫により、後席スペースの縮小は前後長で−20mmに抑えられている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アテンザワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • 第380回:新型「マツダCX-5」が狙ったモノ
    ここでも見つけたマツダ理想主義!
    2016.11.21 エッセイ マツダはロサンゼルスオートショー2016で新型「CX-5」を世界初公開した。このクルマで表現していること、そしてそこに込められた思いを、自動車ジャーナリストの小沢コージが開発陣に聞いた。
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.3 試乗記 「アクセラ」に続き、フラッグシップモデルの「アテンザ」にも、さらなる“走る歓び”を追求するマイナーチェンジが施された。G-ベクタリングコントロールなどの新機軸を得た新型の走りはどう変わったのだろうか。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)/BMW 320dツーリング スポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けて、より上質に磨き込まれた「マツダ・アテンザ」。しかし安穏とはしていられない。なぜならそこには強敵であるヨーロッパのプレミアムカーが立ちはだかっているからだ。例えば、走りへのこだわり。この点にかけては人後に落ちない「BMW 3シリーズ」と対面したときに、アテンザは一体どれだけ独自の個性を主張できるのだろうか。比較テストを試みた。
ホームへ戻る