スポーティーなMT仕様の「フィアット500」登場

2013.04.19 自動車ニュース

「フィアット500」にスポーティーなMTモデル「500S」登場

フィアット クライスラー ジャパンは2013年4月19日、コンパクトカー「フィアット500」の2気筒ターボモデルに、5段MT仕様の「500S」を設定し、同年4月25日に発売すると発表した。

マニュアルトランスミッション仕様が追加されるのは、0.9リッター2気筒ターボエンジン搭載車の「500 TwinAir」。このエンジンとMTを組み合わせたものとしては、2012年7月に限定モデルとして販売された「500 SPORT PLUS」があるが、その際は250台がほぼ一カ月で完売となっていた。

今回の「500S」は、限定モデルではなく通常グレードとしてラインナップされるもので、5段MTに加えてスポーティーな内外装も特徴となっている。エクステリアには専用のフロント&リアバンパー、リアルーフスポイラー、15インチアロイホイールを装備。インテリアにはブラック基調のスポーツシートやスポーツステアリングなどを採用している。

ハンドル位置は右のみで、価格は225万円。

(webCG)

「フィアット500S」
「フィアット500S」

スポーティーなMT仕様の「フィアット500」登場の画像

スポーティーなMT仕様の「フィアット500」登場の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る