スポーティーなMT仕様の「フィアット500」登場

2013.04.19 自動車ニュース

「フィアット500」にスポーティーなMTモデル「500S」登場

フィアット クライスラー ジャパンは2013年4月19日、コンパクトカー「フィアット500」の2気筒ターボモデルに、5段MT仕様の「500S」を設定し、同年4月25日に発売すると発表した。

マニュアルトランスミッション仕様が追加されるのは、0.9リッター2気筒ターボエンジン搭載車の「500 TwinAir」。このエンジンとMTを組み合わせたものとしては、2012年7月に限定モデルとして販売された「500 SPORT PLUS」があるが、その際は250台がほぼ一カ月で完売となっていた。

今回の「500S」は、限定モデルではなく通常グレードとしてラインナップされるもので、5段MTに加えてスポーティーな内外装も特徴となっている。エクステリアには専用のフロント&リアバンパー、リアルーフスポイラー、15インチアロイホイールを装備。インテリアにはブラック基調のスポーツシートやスポーツステアリングなどを採用している。

ハンドル位置は右のみで、価格は225万円。

(webCG)

「フィアット500S」
「フィアット500S」

スポーティーなMT仕様の「フィアット500」登場の画像

スポーティーなMT仕様の「フィアット500」登場の画像

関連キーワード:
500フィアット自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.11.28 試乗記 2010年の登場以来、電気自動車(EV)普及の立役者として販売されてきた「日産リーフ」。7年ぶりのフルモデルチェンジで登場した新型は、従来型よりも未来感覚あふれる走りと、意外なほどの快適性や静粛性を味わわせてくれた。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記
  • “地球”をイメージした特別なパンダ4×4登場 2015.12.2 自動車ニュース