クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】IS300h“バージョンL”:全長×全幅×全高=4665×1810×1430mm/ホイールベース=2800mm/駆動方式=FR/2.5リッター直4DOHC16バルブ(178ps/6000rpm、22.5kgm/4200-4800rpm)+交流同期電動機(143ps、30.6kgm)(プロトタイプ)

レクサスIS プロトタイプ試乗会【試乗記】

仕上がりは上々 2013.04.19 試乗記 レクサスIS300h“バージョンL”(FR/CVT)/IS350“バージョンL”(FR/8AT)/IS350“Fスポーツ”(FR/8AT)

正式な発売に先立ち、新型「レクサスIS」のプロトタイプが箱根に登場。仕上がりは上々だが、“ドイツ御三家”相手に足りないものがあるとすれば、それは……。

ようやくのハイブリッド

変えたい、変わりたい、という強い決意を驚くほどアグレッシブなフロントグリルに表現したレクサスの新型「IS」。話題は豊富だが、中でもやはり注目度一番はハイブリッドの「300h」だろう。7年以上前の新生レクサスのスタート時から、ハイブリッドをブランドの核心的価値のひとつに据えながら、レクサスの中で唯一ハイブリッドモデルが存在しなかったのがISであり、同じくレクサス中で唯一、海外向けにディーゼルモデルをラインナップしていながら、新型ではそれを廃止してヨーロッパでもハイブリッドで勝負するという。3月から始まっている国内受注の7割がハイブリッドの300hだというから、それだけ期待は大きかったといえる。
ちなみに、今回はあくまでも市販前のプロトタイプをクローズした箱根の山道で次々に乗り換えるという限定的な条件での試乗ゆえ、価格や燃費など重要な情報はまだ公表されていない。手短にテキパキ進めよう。

新型IS300hは2.5リッター直4の2AR-FSE型アトキンソンサイクル・エンジンにモーターを組み合わせ、システム最高出力162kW(220ps)を生み出すパワートレインを搭載している。先に登場した「クラウンハイブリッド」と基本的に同じだ。ゆっくりと走る限り、滑らかで静かで、まったく文句の付けどころがない。さすがレクサス、さすがトヨタと言うべき洗練度だ。
構造を見直して剛性がアップしたというステアリングはごく自然で正確な手応えを示し、またいっぽうでブレーキのフィーリングも、もはや回生ブレーキの存在を感じさせないぐらいに大きく改善されている。もっとも、時間に追われてペースを上げるとビーンというエンジン音がやや耳につくうえに、もう少し力強さが欲しいのが正直なところ。無論「HS」などとはレベルが違うが、それでも5000rpm辺りに達すると、回転の伸びがめっきり鈍り、あとは車速が追い付いてくるのをただ待つだけといった電気式無段変速特有の感覚は、切れ味鋭く変速できるガソリンあるいはディーゼルのライバルと比べてちょっと歯がゆい。
スポーツセダンたるISではパワーと燃費を両立させたハイブリッドを狙ったというが、とりわけ高速域でディーゼルターボを積んだライバルに比べてどう受け止められるかが問題である。

レクサスのデザインアイコン「スピンドルグリル」が印象的なフロントビュー。ヘッドランプユニットから独立したL字型クリアランスランプが採用された。
レクサスのデザインアイコン「スピンドルグリル」が印象的なフロントビュー。ヘッドランプユニットから独立したL字型クリアランスランプが採用された。 拡大
「IS300h」のエンジンルーム。2.5リッター直4(アトキンソンサイクル)エンジンとモーターからなるハイブリッドシステムは、220psのシステム最高出力を発生させる。
「IS300h」のエンジンルーム。2.5リッター直4(アトキンソンサイクル)エンジンとモーターからなるハイブリッドシステムは、220psのシステム最高出力を発生させる。 拡大
水平基調のデザインでまとめられたインパネ。表示中心のディスプレイゾーンと操作系をまとめたオペレーションゾーンに分け、機能性を高めている。
水平基調のデザインでまとめられたインパネ。表示中心のディスプレイゾーンと操作系をまとめたオペレーションゾーンに分け、機能性を高めている。 拡大
3リッタークラスの加速性能を実現したとうたわれるハイブリッド仕様の「IS300h」(写真は“バージョンL”)。テスト時には燃費値は未発表。
3リッタークラスの加速性能を実現したとうたわれるハイブリッド仕様の「IS300h」(写真は“バージョンL”)。テスト時には燃費値は未発表。 拡大
注目の記事PR
  • 音と風と刺激的な走り。「アバルト124スパイダー」の魅力を、3人のジャーナリストが語る。
    音と風と刺激的な走り。「アバルト124スパイダー」の魅力を、3人のジャーナリストが語る。 アバルト特集
注目の記事一覧へ

しなやかで切れ味鋭い「IS350」

欧州のライバルと真っ向勝負しようという意図はパッケージングにも見て取れる。新型はホイールベースを70mm増しの2800mmに延長し、シート形状の改良と合わせてリアのレッグルームを85mm拡大したという。このホイールベースは「メルセデス・ベンツCクラス」を上回り、「BMW 3シリーズ」(2810mm)と同等。実際、後席スペースは従来型から大きく改善され窮屈さはまるで感じられない。
また、ニッケル水素のハイブリッドバッテリーをラゲッジルームのフロア下に収め、リアサスペンション・コンポーネントの配置を見直したことによってフラットな荷室を実現。その容量はハイブリッドでも従来比72リッター増の450リッター、ガソリンモデルでは480リッター(+102リッター)まで増加しており、さらにすべてのモデルにトランクスルー機能が備わっている。ハイブリッドだから、という言い訳をしないレクサスの真面目さがよく表れているといえるだろう。

洗練されたスポーティーさという点では、318psと380Nm(38.7kgm)を発生する直噴/ポート噴射併用の3.5リッターV6を積む「IS350」の“バージョンL”が最も好印象だった。V6は従来型を踏襲したものだが、新たに「IS F」と同じ8-Speed SPDSと称する8段ATを採用(350のみ)したことで、スロットルペダルを踏みこむとなかなか野性味あるサウンドを発しながらシャープに回るV6エンジンの実力を存分に引き出すことができる。
8ATの電光石火かつ滑らかなシフトだけでなく、ハンドリングも洗練されている。スムーズだが突っ張り感のあった初代ISとは見違えるようにサスペンションの動きにストローク感があり、乗り心地はリアにハイブリッドバッテリーを積むせいで幾分強化されていると思われる300hよりもさらにしなやかで滑らかだ。いっぽうでボディーの挙動も適切にコントロールされ、ダイナミックなバランスも良好、その自然で機敏なレスポンスは上質なスポーティーさを感じさせる。

「IS300h“バージョンL”」の室内。シートはフィット感とホールド性を高めた設計とされた。このテスト車には、アイボリーのセミアニリン本革シートが装着されていた。
「IS300h“バージョンL”」の室内。シートはフィット感とホールド性を高めた設計とされた。このテスト車には、アイボリーのセミアニリン本革シートが装着されていた。 拡大
ホイールベースが従来型から70mm延長され、さらに薄型のフロントシートバックを採用した結果、リアシート前のスペースが85mm拡大されている。
ホイールベースが従来型から70mm延長され、さらに薄型のフロントシートバックを採用した結果、リアシート前のスペースが85mm拡大されている。 拡大
「IS300h“バージョンL”」のトランク容量は450リッター(ガソリンモデルは480リッター)。ハイブリッド駆動用バッテリーがフロア下に収まるおかげで、トランクスルー(6:4分割可倒式)も設定される。
「IS300h“バージョンL”」のトランク容量は450リッター(ガソリンモデルは480リッター)。ハイブリッド駆動用バッテリーがフロア下に収まるおかげで、トランクスルー(6:4分割可倒式)も設定される。 拡大
【スペック】IS350“バージョンL”:全長×全幅×全高=4665×1810×1430mm/ホイールベース=2800mm/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(318ps/6400rpm、38.7kgm/4800rpm)(プロトタイプ)
【スペック】IS350“バージョンL”:全長×全幅×全高=4665×1810×1430mm/ホイールベース=2800mm/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(318ps/6400rpm、38.7kgm/4800rpm)(プロトタイプ) 拡大

良いだけでは足りない世界

もはや般若の面のような専用グリルやバンパーで独自性を主張するスポーティーグレードの「Fスポーツ」は、正直言って評価が難しい。コスメティックだけではなく、可変ダンパーのAVSや可変ステアリング(VGRS)、後輪操舵(そうだ)を統合制御するLDH(レクサスダイナミックハンドリング)を加えた専用サスペンションを備え、走行性能を追求したという仕様だが、他のモデルと圧倒的に違うというほどのレベル差を感じなかったのだ。確かに高速域でもグイグイ曲がるスタビリティーの高さは際立っているが、350“バージョンL”でも十分に高レベルにあるし、より軽やかだ。もともとスポーツセダンのISで、しかもIS Fが別に存在する中で、ここまで攻撃的な装いをまとって何を求めるのか疑問なしとしない。
ひとつだけFスポーツで明らかに優れていると感じたのはブレーキだ。踏み始めの制動力の立ち上がり、ペダルの剛性感などが素晴らしい。聞けばどうやらブレーキキャリパーのサイズが違うらしいが、プロトタイプゆえ残念ながら詳細は不明である。

新型ISが素晴らしい出来栄えに仕上がっていることはプロトタイプでも十分実感できた。だが問題は、真摯(しんし)な努力を積み重ねて優れたニューモデルを生み出したとしても、ドイツ御三家をはじめとして、世界中のプレミアムブランドが主戦場としているこの世界では十分ではないということだ。
良い車を作れば顧客は分かってくれるという生真面目さがトヨタの美点であることは疑いないが、競争相手の弱点をすかさず突くような抜け目のなさも同時に必要、「この手があったか!」とライバルにインパクトを与え、歯がみさせなければならない。
その意味で、インストゥルメントパネルなどの仕立ては緻密で整然としてはいるが、煩雑で黒っぽく新鮮味に欠ける。品質に対する誠実さを忘れずに、ライバルを出し抜き、斬新なショックを与える技をさらに考えなければならないだろう。もちろん、それはアグレッシブなグリルデザインなどではなく、レクサスだけの、独自のお家芸のことである。

(文=高平高輝/写真=小林俊樹)

【スペック】IS350“Fスポーツ”:全長×全幅×全高=4665×1810×1430mm/ホイールベース=2800mm/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(318ps/6400rpm、38.7kgm/4800rpm)(プロトタイプ)
【スペック】IS350“Fスポーツ”:全長×全幅×全高=4665×1810×1430mm/ホイールベース=2800mm/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(318ps/6400rpm、38.7kgm/4800rpm)(プロトタイプ) 拡大
「IS350」が搭載する3.5リッターV6エンジンは318psと38.7kgmを発生する。テスト時には燃費値は未発表。
「IS350」が搭載する3.5リッターV6エンジンは318psと38.7kgmを発生する。テスト時には燃費値は未発表。 拡大
「IS300h」のメーター。二眼式の左側は、ハイブリッドシステムインジケーターとタコメーターに切り替わるようになっている。
「IS300h」のメーター。二眼式の左側は、ハイブリッドシステムインジケーターとタコメーターに切り替わるようになっている。 拡大
フロントにもまして個性的なリアビュー。リアコンビネーションランプの中には、L字型のモチーフがあしらわれている。
フロントにもまして個性的なリアビュー。リアコンビネーションランプの中には、L字型のモチーフがあしらわれている。 拡大

関連キーワード:
ISレクサス試乗記

あなたにおすすめの記事