SUV色を強めた「レガシィ アウトバック」発売

2013.05.14 自動車ニュース
スバル・レガシィ アウトバック2.5i EyeSight EX Edition
スバル・レガシィ アウトバック2.5i EyeSight EX Edition
 
SUV色を強めた「レガシィ アウトバック」発売の画像
室内は上質感が演出される(LEGACYマッキントッシュ・サウンドシステム&HDDナビゲーションシステムはメーカー装着オプション)。
室内は上質感が演出される(LEGACYマッキントッシュ・サウンドシステム&HDDナビゲーションシステムはメーカー装着オプション)。
専用大型ルーフレール(クロスバービルトインタイプ)。
専用大型ルーフレール(クロスバービルトインタイプ)。

「レガシィ アウトバック」にSUV色を強めた特別仕様車

富士重工業は2013年5月14日、「スバル・レガシィ アウトバック」の特別仕様車「2.5i EyeSight EX Edition」を発表した。同年6月3日に発売する。

 

ベースは「レガシィ アウトバック 2.5i EyeSight」。水洗いができる大容量のサブトランクや、国内初採用となる専用大型ルーフレールなどを装着して、SUVとしてのデザイン性や機能性を高めた。

また、外板色を専用の「ディープチェリー・パール」とし、インテリア色をダークブラウン基調にするなどして上質感を演出した。主な特別装備は以下のとおり。

なお、2011年11月に発売された同名の特別仕様車と車両コンセプトは似ているが、装備内容は一部を除き、見直されている。

【レガシィ アウトバック 2.5i EyeSightの主な特別装備】
<エクステリア>
・専用大型ルーフレール(クロスバービルトインタイプ)
・専用フロントグリル
・専用サイドシルクラッディング
・サテンメッキドアミラー
・シルバー&クロムメッキドアハンドル
・ハイラスター塗装17インチアルミホイール&225/60R17オールシーズンタイヤ

<インテリア>
・ブラウンレザーシート(アイボリーステッチ)&フロントシートヒーター
・ブラウンドアアームレスト&フロアコンソールリッド(アイボリーステッチ)
・つや消しダーク木目調加飾パネル
・USB電源(フロント2+リア2) ※充電機能のみ
・マルチパーパスサブトランク
・デュラブルフロア

販売は600台の限定で(2013年12月末受注分まで)、メーカー希望小売価格は315万円。

特別装備のマルチパーパスサブトランク。
特別装備のマルチパーパスサブトランク。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • スバルXVハイブリッド 2.0i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.12.14 試乗記 足まわりの改良、燃費の改善、安全装備や運転支援システムの強化と、2012年のデビュー以来、度重なる改良を通して進化を遂げてきた「スバルXV」。ハイブリッドシステムを搭載した上級グレードの試乗を通し、今日におけるその実力を測った。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る