第185回:「BMW i3」はそこまで来ている
BMWイノベーション・デイに参加して

2013.05.29 エッセイ

「初のプレミアム・エレクトリックビークル」とうたわれる「BMW i3」の正式デビューが近づいている。このプロジェクトの狙いを、同モデルが生産される独ライプチヒ工場を見学しながら解説しよう。

使用電力のすべてを風力発電で賄う

BMWが定期的に開催している技術プレゼンテーション「イノベーション・デイ」の今回の主役は「i3」。そう、2013年中に正式に展開が始まる予定のBMW iの基幹モデルである。サスティナブルな新しいモビリティーを提供するとうたうBMW iではあるが、それは単に電気自動車(EV)を販売するということではない。生産から使用、廃棄に至るあらゆる段階におけるプロセスを見直すことによって、トータルで見てサスティナビリティーを実現しようという野心的なプロジェクトなのだ。

象徴的なのが、今回のイノベーションデイの舞台となったライプチヒ工場である。BMW iの生産拠点となるここは、車両の生産に必要な電力をすべて、敷地内に設置された発生電力2.5MW(メガワット)×4基の風力発電装置にて賄う。隣接する「1シリーズ」などの生産工場には外部からの電気が通っており、風のない日が続くなどした場合には、それを流用することもあるが、通年でならして見た場合には100%を風力で賄うことになる。ただし、基本的に電力は余る計算で、その分は工場の他の場所で使われ、外部に供給することはない。

これにはBMW iモデルが、生産に必要なエネルギーが少なくて済むことも貢献している。何しろBMW車の平均と比べて、エネルギー消費量は約50%、水の消費量は70%も削減できるというから大きい。さらに、これに使用時、そして廃棄時に必要なエネルギーを加えたプロダクトライフサイクル中のCO2発生量を見た場合、2008年式「118d」を100%とすると、「i3コンセプト」はわずか66%、走行用の電力供給すべてを再生可能エネルギーで賄えた場合には実に50%で済むという。とてつもなく大きな数字だ。

正式デビューが近づいている「BMW i3」。CFRPとアルミからなる革新的なボディーを持つ。
正式デビューが近づいている「BMW i3」。CFRPとアルミからなる革新的なボディーを持つ。
BMW i3コンセプト
BMW i3コンセプト
BMWのEV生産拠点となるライプチヒ工場。設計はザハ・ハディッドで落成は2005年。iモデルの生産準備のために4億ユーロを投じて拡張した。
BMWのEV生産拠点となるライプチヒ工場。設計はザハ・ハディッドで落成は2005年。iモデルの生産準備のために4億ユーロを投じて拡張した。
工場敷地に設置された4基の風力発電装置が、iモデルの生産に必要な量以上の電力を供給する。
工場敷地に設置された4基の風力発電装置が、iモデルの生産に必要な量以上の電力を供給する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ