クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィー(4WD/8AT)/レンジローバー スポーツ 5.0 V8 リミテッド(4WD/6AT)

パイオニアに揺るぎなし 2013.07.03 試乗記 伝統は進化するからこそ受け継がれる。オールアルミ製モノコックボディーを採用するなど、果敢に攻めるSUV界のパイオニア「レンジローバー」のステアリングをあらためて握った。

老舗の強み

長崎でランドローバーに乗った。ランドローバーは、2012年、65年の歴史において最高の台数を販売した。日本でも同じような状況で、実に販売好調という。最も貢献したのは、「イヴォーク」だ。

インポーターは、ランドローバーが大切にする要素として「Iconic(アイコニックなデザイン)」「British(ブリテッシュ・デザイン)」「Expert(SUV専門であること)」「Fits in Anywhere(どこへでも行かれる走破性)」「Power & Strength(力強さ)」の5つを挙げる。

おおむね異論はない。力強さや走破性はよそもすごいかもしれないが、アイコニックで、ブリティッシュで、エキスパートという、努力や資金では得られないものこそがランドローバーの強みだろう。同じことをやってもランドローバーだとさすがと言われ、よそがやるとランドローバーのやり方だと言われるのだ。ランドローバーがズルいんじゃなく、ずっとそれでやってきたことによって獲得した地位というわけだ。

それにしても――。一時期、アメリカのフォードがいろんなブランドを買いあさり、業界再編のプレーヤーとして大胆な買収を重ねた。ランドローバーとジャガーが引き合わされたのはその頃のこと。後にフォードは抱えきれなくなってほとんどを手放したが、ランドローバーとジャガーはともに英国ブランドで、得意とする部分がまったく重ならないので別れる理由はなかった。
今はタタ・グループの傘下となって資金を得たので、新しいデザインや新しい技術を盛り込んだ新しいモデルをどんどん出すことができる。他の英国ブランドを見てもわかるように、自身はお金もうけが苦手でも、商品に常に欲しいと思わせる魅力を備えるのは立派というほかない。

オールアルミ製モノコックボディーが採用された新型「レンジローバー」。大幅な軽量化により、走破性能と環境性能を同時に高めた。
オールアルミ製モノコックボディーが採用された新型「レンジローバー」。大幅な軽量化により、走破性能と環境性能を同時に高めた。 拡大
水平と垂直のラインが交差するインパネデザインは「レンジローバー」の伝統。ヒップポイントを高くとり、広い視界を確保する“コマンド・ドライビング・ポジション”ももちろん継承している
水平と垂直のラインが交差するインパネデザインは「レンジローバー」の伝統。ヒップポイントを高くとり、広い視界を確保する“コマンド・ドライビング・ポジション”ももちろん継承している 拡大
最上級グレード「オートバイオグラフィー」では上質なセミアニリン・レザーシートが標準装備となる。
最上級グレード「オートバイオグラフィー」では上質なセミアニリン・レザーシートが標準装備となる。 拡大
路面を問わず高い走破性を発揮する「テレイン・レスポンス」システムは「2」に進化。最適なプログラムを自動的に選択する「オート」機能が加わった。試乗車のウッドトリムは標準の「フィギュアド・マカッサル」。
路面を問わず高い走破性を発揮する「テレイン・レスポンス」システムは「2」に進化。最適なプログラムを自動的に選択する「オート」機能が加わった。試乗車のウッドトリムは標準の「フィギュアド・マカッサル」。 拡大

サルーンに匹敵する快適さ

最初に乗ったのは、「レンジローバー オートバイオグラフィー」。1670万円。レンジには数カ月前に横浜の試乗会で乗って以来だが、横浜でよかったものは長崎でもよい。
5リッターV8スーパーチャージド・エンジンが載ったレンジは本当に速い。先代よりも軽くなったとはいえ、2520kgという重量級の車体を、物理の法則を超越したように軽やかに動かす。そのすべてはいいとこ燃費6km/リッターというぜいたくさの上に成り立っているのだが、それを気にしない人のためにあるクルマだ。ATが6段から8段になって変速の頻度は増したはずだが、ショックはまったく気にならない。

エアサスの乗り心地は極低速だと若干落ち着きがないのだが、40km/hを超えたあたりからビシッと座りがよくなって、そこから先はマジック・カーペット・ライド。ランドローバーの連中は身内にジャガーがいながらも“ライバルはサルーン”と言わんばかりの快適性をレンジに与える。

今回はオフロードを走る機会はなかったのだが、タイヤの接地性を確かめたくてホテルのバックヤードで見つけたうねりに乗り入れてみた。そしたらあなた、前:マクファーソンストラット、後ろ:ダブルウイッシュボーンという四輪独立懸架なのに、縮む方のサスペンションはタイヤがボディーにめり込まんばかりに縮み、伸びる方はタイヤがホイールアーチとの間に数十センチの隙間をつくって伸びながら、4輪とも接地したまま。接地しきれなくなっても電子制御でトラクションを保つことはできるし、このクルマにもそうした電子デバイスは備わるのだが、まずは行けるところまで接地させるという、本格的なオフローダーとしての矜持(きょうじ)を見せつけられた。

モノコックのアルミ化により、従来のスチールボディーと比べてボディーシェルだけで180kg以上の軽量化を達成。Cd値は従来モデル比で10%向上の0.34。
モノコックのアルミ化により、従来のスチールボディーと比べてボディーシェルだけで180kg以上の軽量化を達成。Cd値は従来モデル比で10%向上の0.34。 拡大
5リッターV8スーパーチャージドエンジンは510psと63.8kgmを発生。JC08モード燃費は5.3km/リッター。
5リッターV8スーパーチャージドエンジンは510psと63.8kgmを発生。JC08モード燃費は5.3km/リッター。 拡大
ホイールベースは従来モデルより42mm長い。これにより、レッグルームは118mm広げられた。試乗車の「オートバイオグラフィー」のリアシートには電動リクライニング機構が標準で備わる。
ホイールベースは従来モデルより42mm長い。これにより、レッグルームは118mm広げられた。試乗車の「オートバイオグラフィー」のリアシートには電動リクライニング機構が標準で備わる。 拡大
「オートバイオグラフィー」の標準タイヤサイズは275/40R22。試乗車が履くアルミホイールは“ダイヤモンドターンド・フィニッシュ”が施される「スタイル7」と呼ばれるオプション。
「オートバイオグラフィー」の標準タイヤサイズは275/40R22。試乗車が履くアルミホイールは“ダイヤモンドターンド・フィニッシュ”が施される「スタイル7」と呼ばれるオプション。 拡大

「スポーツ」は今が買い時

午後から乗ったのは、「レンジローバー スポーツ 5.0 V8 リミテッド」。レンジ スポーツは4月にニューヨークショーで次期型がすでに発表され、年末までには日本でも切り替わる。それまでの間、5リッターV8自然吸気エンジンを搭載した1モデルに絞って、従来スーパーチャージドモデルにしか付かなかったパドルシフト、20インチタイヤ&ホイール、フロント・パークディスタンス・コントロールなどの装備を装着してお買い得感をもたせたモデルを販売する。793万円。

2490kgと、新型レンジローバーとほぼ変わらない車重に自然吸気エンジンだから、いくぶんおとなしいが、必要にして十分なパワーを得ている。本来、レンジローバー スポーツは、レンジローバーではなく「ディスカバリー」をベースにいくらかコンパクトに仕上げ、レンジローバー風のルックスを与えたモデルだ。ボディーはレンジローバーのような完全なモノコックではなく、剛性のあるボディーをフレームに載せた構造なので、レンジと同じエアサスに四輪独立懸架ではあるものの、オンロードでの立ち居振る舞いはレンジローバーほどには洗練されていない。ただし、それは新型レンジと比べるからであって、SUVのなかでは依然いい線をついている。

旧レンジ顔のほうが新世代のレンジ顔よりも好きだという人はいる。どのようにモデルチェンジしても必ずいるものだ。そういう人にとっては、レンジ スポーツの買い時かもしれない。

ところで、ランドローバーは総じて魅力的だが、まだまだ日本で伸び代があると思う。持てる魅力の半分しか使わないで日本で商売をしているからだ。なにしろ本国には最大トルク70kgm超のV8や同60kgm超のV6など、よだれが出そうなディーゼルエンジンがあるというじゃないか。日本の排ガス基準であるポスト新長期規制は厳しいのだろうが、クリアしているメーカーもある。SUVほどディーゼルが似合うカテゴリーはない。Fits in Anywhereを掲げるなら、そう遠くないうちに、日本人にもディーゼルエンジンを味わわせてほしい。

(文=塩見 智/写真=小林俊樹)

「レンジローバー スポーツ 5.0 V8 リミテッド」は120台限定の特別装備車。ベースは「レンジローバー スポーツ 5.0 V8」の2013年モデル。2013年4月6日に発売された。
「レンジローバー スポーツ 5.0 V8 リミテッド」は120台限定の特別装備車。ベースは「レンジローバー スポーツ 5.0 V8」の2013年モデル。2013年4月6日に発売された。 拡大
エンジンは375psを発生する5リッターV8自然吸気。従来、スーパーチャージドエンジン搭載車のみに装備されたシフトパドルが付く。
エンジンは375psを発生する5リッターV8自然吸気。従来、スーパーチャージドエンジン搭載車のみに装備されたシフトパドルが付く。 拡大
シフトパドルのほか、コールドクライメイト・パック(フロント&リアシートヒーターおよびヒーテッド・フロントウィンドウ・スクリーン&ウオッシャー)、パークディスタンス・コントロール(フロント)が特別装備として与えられる。
シフトパドルのほか、コールドクライメイト・パック(フロント&リアシートヒーターおよびヒーテッド・フロントウィンドウ・スクリーン&ウオッシャー)、パークディスタンス・コントロール(フロント)が特別装備として与えられる。 拡大
外観では、20インチの「スタイル3」(15スポーク)アルミホイールが特徴。また、試乗車のボディーカラーはソリッドのフジホワイトだが、プレミアム・メタリックペイントを無償オプションとして選ぶこともできる。
外観では、20インチの「スタイル3」(15スポーク)アルミホイールが特徴。また、試乗車のボディーカラーはソリッドのフジホワイトだが、プレミアム・メタリックペイントを無償オプションとして選ぶこともできる。 拡大
ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィー
ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィー 拡大

テスト車のデータ

ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィー

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5005×1985×1865mm
ホイールベース:2920mm
車重:2520kg
駆動方式:4WD
エンジン:5リッターV8 DOHC 32バルブ スーパーチャージャー付き
トランスミッション:8段AT
最高出力:510ps(375kW)/6500rpm
最大トルク:63.7kgm(625Nm)/2500rpm
タイヤ:(前)274/40R22 108Y/(後)274/40R22 108Y(コンチネンタル・クロスコンタクト LXスポーツ)
燃費:5.3km/リッター(JC08モード)
価格:1670万円/テスト車=1867万1480円
オプション装備:プレミアム・メタリックペイント(15万9000円)/電子制御リア・ディファレンシャル(10万円)/アダプティブ・クルーズコントロール(29万円)/レザー・ヘッドライニング(40万6000円)/リアシート・エンターテイメント・システム(33万円)/ラゲッジスペースレール(4万8000円)/22インチ スタイル7アロイホイール(20万円)/パワーサイドステップ一式(43万8480万円)

テスト車の年式:2013年型
テスト車の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター

ランドローバー・レンジローバー スポーツ 5.0 V8 リミテッド
ランドローバー・レンジローバー スポーツ 5.0 V8 リミテッド 拡大

ランドローバー・レンジローバー スポーツ 5.0 V8 リミテッド

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4795×1930×1810mm
ホイールベース:2745mm
車重:2490kg
駆動方式:4WD
エンジン:5リッターV8 DOHC 32バルブ
トランスミッション:6段AT
最高出力:375ps(276kW)/6500rpm
最大トルク:52.0kgm(510Nm)/3500rpm
タイヤ:(前)275/40R20 106Y/(後)275/40R20 106Y(コンチネンタル 4×4 スポーツコンタクト)
燃費:6.0km/リッター(JC08モード)
価格:793万円/テスト車=820万4000円
オプション装備:パフォーレイテド・プレミアム・レザーシート(20万円)/キーレス・エントリー(7万4000円)

テスト車の年式:2013年型
テスト車の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター

この記事を読んだ人が他に読んだ記事