ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィー(4WD/8AT)/レンジローバー スポーツ 5.0 V8 リミテッド(4WD/6AT)

パイオニアに揺るぎなし 2013.07.03 試乗記 伝統は進化するからこそ受け継がれる。オールアルミ製モノコックボディーを採用するなど、果敢に攻めるSUV界のパイオニア「レンジローバー」のステアリングをあらためて握った。

老舗の強み

長崎でランドローバーに乗った。ランドローバーは、2012年、65年の歴史において最高の台数を販売した。日本でも同じような状況で、実に販売好調という。最も貢献したのは、「イヴォーク」だ。

インポーターは、ランドローバーが大切にする要素として「Iconic(アイコニックなデザイン)」「British(ブリテッシュ・デザイン)」「Expert(SUV専門であること)」「Fits in Anywhere(どこへでも行かれる走破性)」「Power & Strength(力強さ)」の5つを挙げる。

おおむね異論はない。力強さや走破性はよそもすごいかもしれないが、アイコニックで、ブリティッシュで、エキスパートという、努力や資金では得られないものこそがランドローバーの強みだろう。同じことをやってもランドローバーだとさすがと言われ、よそがやるとランドローバーのやり方だと言われるのだ。ランドローバーがズルいんじゃなく、ずっとそれでやってきたことによって獲得した地位というわけだ。

それにしても――。一時期、アメリカのフォードがいろんなブランドを買いあさり、業界再編のプレーヤーとして大胆な買収を重ねた。ランドローバーとジャガーが引き合わされたのはその頃のこと。後にフォードは抱えきれなくなってほとんどを手放したが、ランドローバーとジャガーはともに英国ブランドで、得意とする部分がまったく重ならないので別れる理由はなかった。
今はタタ・グループの傘下となって資金を得たので、新しいデザインや新しい技術を盛り込んだ新しいモデルをどんどん出すことができる。他の英国ブランドを見てもわかるように、自身はお金もうけが苦手でも、商品に常に欲しいと思わせる魅力を備えるのは立派というほかない。

オールアルミ製モノコックボディーが採用された新型「レンジローバー」。大幅な軽量化により、走破性能と環境性能を同時に高めた。
オールアルミ製モノコックボディーが採用された新型「レンジローバー」。大幅な軽量化により、走破性能と環境性能を同時に高めた。
水平と垂直のラインが交差するインパネデザインは「レンジローバー」の伝統。ヒップポイントを高くとり、広い視界を確保する“コマンド・ドライビング・ポジション”ももちろん継承している
水平と垂直のラインが交差するインパネデザインは「レンジローバー」の伝統。ヒップポイントを高くとり、広い視界を確保する“コマンド・ドライビング・ポジション”ももちろん継承している
最上級グレード「オートバイオグラフィー」では上質なセミアニリン・レザーシートが標準装備となる。
最上級グレード「オートバイオグラフィー」では上質なセミアニリン・レザーシートが標準装備となる。
路面を問わず高い走破性を発揮する「テレイン・レスポンス」システムは「2」に進化。最適なプログラムを自動的に選択する「オート」機能が加わった。試乗車のウッドトリムは標準の「フィギュアド・マカッサル」。
路面を問わず高い走破性を発揮する「テレイン・レスポンス」システムは「2」に進化。最適なプログラムを自動的に選択する「オート」機能が加わった。試乗車のウッドトリムは標準の「フィギュアド・マカッサル」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバー スポーツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2016.3.18 試乗記 最高出力550psの過給機付き5リッターV8エンジンを搭載し、オンロードでの動力性能を突き詰めた「ランドローバー・レンジローバー スポーツSVR」。強烈なパフォーマンスとランドローバーならではの上質感が織り成す、走りの魅力に触れた。
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】NEW 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • フェラーリ812スーパーファスト 2017.2.17 画像・写真 フェラーリは2017年3月7日に開幕するジュネーブショー2017で、フラッグシップモデル「812スーパーファスト」を発表する。800psと73.2kgmを生み出す6.5リッターV12自然吸気エンジンを搭載し、340km/hの最高速を誇る。
  • 【ジュネーブショー2017】オープンでV12、メルセデスから究極の「Gクラス」登場 2017.2.13 自動車ニュース 独ダイムラーがジュネーブショーで「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット」を公開すると発表。電動ソフトトップや630psのV12エンジン、ポータルアクスル機構を備えた特別なドライブトレインなどを備えた99台の限定モデルで、同年秋に発売される。
ホームへ戻る