BMW i3 プロトタイプ(RR)

「電気で走る」だけじゃない 2013.07.29 試乗記 いよいよ誕生の瞬間が迫ってきたBMWの新ブランド「BMW i」。その先兵となるコンパクトEV(電気自動車)のプロトタイプに、ドイツで試乗した。

BMWが進めるEV戦略の旗手

「i」に関してBMWは、一過性のものではなく「M」のように一定の独立性を持ったサブブランドに育てようという思惑を抱いている。プロダクトの技術的趣旨は対極にあるが、社是である「駆けぬける歓び」を両極からサポートすることで、BMWのステータスをより強固なものにしようというわけだ。

とあらば、iというブランドに求められる存在意義とは何なのか。エレキ仕込みで静かに力強いというだけでは、多くのEV(電気自動車)と大差はない。今後、新興国の隆盛によってますます増えるであろう1000万以上の人口が集中するメガシティーにおいて、モビリティーの公共性と自在性をどう両立させるかという思想や、私的移動のためのエネルギーをどのように効率よく調達するかという発想を織り込んだ上で、最適なパッケージをBMWらしさと共に提供する。奇麗事にもみえるかもしれない、その核心に向かって彼らが投じる額はハンパなものではない。株主構成がドシッと据わっていなければできない決断……という見方をすれば、BMWだからこそ広げられた大風呂敷ともいえる。

iブランドの初のプロダクトとなる「i3」は、2013年の7月29日に世界同時発表されることになった。その後、フランクフルトショーで現物を展示してのワールドプレミアとなり、欧州マーケットから順次販売を開始。日本市場では2013年内に導入の正式発表、2014年前半での販売開始というスケジュールが見込まれている。ともあれ2014年中には世界の主要都市で、i3が走る姿を見掛けることになりそうだ。

発表が直前に迫った7月の上旬、ミュンヘン郊外にBMWが持つユーザー向けのドライビングアカデミーの一角でi3に試乗する機会を得た。外装の一部にはおなじみのブルーカムフラージュのラッピングが施された個体は、各部が市販用の確定スペックには至らないプリプロダクションの状態。しかしその能力の一端は十分に伺い知ることができた。

BMWドライビングアカデミーにて、説明会場の前に居並ぶ「BMW i3」のプロトタイプ。
BMWドライビングアカデミーにて、説明会場の前に居並ぶ「BMW i3」のプロトタイプ。
屋内には「i3」の車体構造を示す模型が。パワーユニットなどをまとめた「ドライブモジュール」(手前)と、キャビンを形成する「ライフモジュール」(奥)とが、完全に分離していることがよくわかる。
屋内には「i3」の車体構造を示す模型が。パワーユニットなどをまとめた「ドライブモジュール」(手前)と、キャビンを形成する「ライフモジュール」(奥)とが、完全に分離していることがよくわかる。
「BMW i」のプロジェクトマネージャーである、独BMWのマルティン・アールト氏。
「BMW i」のプロジェクトマネージャーである、独BMWのマルティン・アールト氏。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

i3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツが「GLCクーペ」を日本に導入 2017.2.22 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年2月22日、「GLCクーペ」を発表し、同日発売した。「メルセデスAMG GLC43 4MATICクーペ」については同年3月下旬に発売する予定。
  • BMWが「i3」を一部改良、走行可能距離が390kmに 2016.9.27 自動車ニュース BMWが電気自動車「i3」を一部改良。リチウムイオンバッテリーの改良により、従来モデルより70%長い390kmの一充電走行可能距離を実現した。発電用エンジンを備えたレンジ・エクステンダー装備車では、511kmの距離を無給油、無充電で走れるという。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
ホームへ戻る