STIが手掛けた「スバルBRZ tS」登場

2013.08.19 自動車ニュース
「スバルBRZ tS」
「スバルBRZ tS」

「スバルBRZ」にSTI製コンプリートカー「tS」登場

富士重工業のモータースポーツ活動を担うスバルテクニカインターナショナル(STI)は2013年8月19日、「スバルBRZ」に独自の仕様装備を施したコンプリートカー「BRZ tS」を設定し、発売した。


STIが手掛けた「スバルBRZ tS」登場の画像
「BRZ tS GT PACKAGE」
「BRZ tS GT PACKAGE」

スバルBRZ tSは、「PURITY of HANDLING」というコンセプトのもとに、STIがチューニングを手掛けたコンプリートカーである。

チューニングは主にボディーや足まわりが中心で、STI独自のフレキシブルパーツや、ブレンボ製のベンチレーテッドディスクブレーキ、18インチアルミホイール、STI製フロントアンダースポイラーなどを装備。ドライブシャフトもより大径のものに変更している。

内外装も特別な仕立てとなっており、「STI」「tS」のオーナメントや専用フェンダーガーニッシュ、「STI」ロゴ入りスポーツメーターなどを採用。ドライカーボンリアスポイラーやブラック塗装の18インチアルミホイール、レカロ製バケットシートなどを装備した「GT PACKAGE」も用意している。

具体的な仕様、装備は以下の通り。

■足まわり/メカニズム
・225/40ZR18 92Yタイヤ(ミシュラン・パイロットスポーツ)
・STI製18インチ×7 1/2J アルミホイール(シルバー塗装)
・ブレンボ製17インチ対向4ピストンフロントベンチレーテッドディスクブレーキ(STIロゴ入り)
・ブレンボ製17インチ対向2ピストンリアベンチレーテッドディスクブレーキ(STIロゴ入り)
・STI製ピロボールブッシュ・リアサスリンク(トレーリングリンクフロント側、ラテラルリンクフロント内側&リア内側)
・STI製チューニングフロントストラット&コイルスプリング
・STI製チューニングリアダンパー&コイルスプリング
・STI製フレキシブルタワーバーフロント
・STI製フレキシブルドロースティフナーフロント
・STI製大径ドライブシャフト
・専用VDC(ビークルダイナミクスコントロール)
・サウンドクリエータ用専用チューニングフィルター

 

■エクステリア
・STI製フロントアンダースポイラー
・STI製フロントフェンダーガーニッシュ(STIロゴ入り)
・専用STIオーナメント(フロント&リア)、専用tSオーナメント(リア)

「BRZ tS GT PACKAGE」
「BRZ tS GT PACKAGE」

STIが手掛けた「スバルBRZ tS」登場の画像

■インテリア/その他
・専用フロントシート(アルカンターラ<グレーパンチング>/本革<グレー>、STIロゴ刺しゅう、グレーステッチ、フロントシートヒーター付き、SRSサイドエアバッグ付き)
・専用高級本革巻きステアリングホイール(STIオーナメント入り、赤ステッチ)
・STI製本革巻きシフトノブ/セレクトレバー(STIロゴ入り)
・専用スポーツメーター(STIロゴ入り)
・専用メーターバイザー(アルカンターラ<ブラック>、黒ステッチ)
・カーボン調インパネパネル
・STI製プッシュエンジンスイッチ(STIロゴ入り、レッドタイプ)
・専用サイドシルプレート(tSロゴ入り、アルミ製)
・STI製本革アクセスキーカバー(赤色)

「BRZ tS GT PACKAGE」
「BRZ tS GT PACKAGE」
「BRZ tS GT PACKAGE」
「BRZ tS GT PACKAGE」

■GT PACKAGE専用装備
・STI製18インチ×7 1/2Jアルミホイール(ブラック塗装)
・STI製ドライカーボンリアスポイラー(角度2段調整式)
・レカロ製バケットタイプフロントシート(アルカンターラ<グレーパンチング>/本革<グレー>、STIロゴ型押し、グレーステッチ、SRSサイドエアバッグ付き)

ラインナップと価格は以下の通り。
・BRZ tS(6MT):366万4500円
・BRZ tS(6AT):374万3250円
・BRZ tS GT PACKAGE(6MT):429万4500円
・BRZ tS GT PACKAGE(6AT):437万3250円

(webCG)

→関連記事「スバルBRZ tSコンセプト」
 

関連キーワード:
BRZスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • ポルシェ718ボクスターGTS(MR/6MT)/718ケイマンGTS(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.9 試乗記 4気筒ターボエンジンを搭載するポルシェのスポーツカー「718ボクスター/718ケイマン」に、新たな高性能モデル「GTS」が登場。スペックだけでは伝わらない走りの質を、スペイン南部の都市・マラガから報告する。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)/レガシィB4リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】 2017.10.25 試乗記 より走りに磨きをかけた「BRZ」の新グレード「STI Sport」と、このほどマイナーチェンジを受けた旗艦車種「レガシィ アウトバック/B4」。スバルの2つの最新モデルには、走りの方向性は違えど、このメーカーならではの確かなアイデンティティーが感じられた。
ホームへ戻る