ボルボS60 T4 SE(FF/6AT)/V60 T6 AWD(4WD/6AT)

得意科目はロングドライブ 2013.09.08 試乗記 2014年モデルの「ボルボS60/V60」で東京から福島までを往復。1泊2日の小旅行を通して、最新のボルボ車が持つ魅力に触れた。

時代が追いついてきた

「V40」以外のボルボがまとめて、フェイスリフトを含むけっこう大幅な手直しを受けた。ボルボといえば、現行ボルボ最小最安にして最新のV40が日本でも売れ行き好調だ。
ただ、V40は基本的にヨーロッパ(と日本などの一部先進国市場)向けで、ドル箱の北米では売られない。より利益率が高くて、グローバル商品でもある“60シリーズ”をはじめとするV40以外が売れてこそ、ボルボは企業としての安定が見込める。というわけで、他のラインナップに即座なテコ入れが必要だったのだろう。

今回の2014年モデルは、その最新V40に投入された自慢の“アドバンスト・セーフティー”を可能なかぎり搭載して、顔つきもワイドグリルと大型ヘッドランプによりV40との血縁関係をより強調する。また、運転席計器盤(最古参の「XC90」を除く)が3テーマ選択式のフル液晶式となったのもV40に準じる。
ちなみに“アドバンスト・セーフティー”とは、レーダーなどを駆使した予防安全技術を意味するもので、それらを従来のアクティブ・セーフティーやパッシブ・セーフティーと区別するために、ボルボはそう総称している。例えば、「シティーセーフティー」や「ヒューマンセーフティー」などの衝突防止オートブレーキや自動追尾型クルーズコントロールなども、ボルボが長年をかけて磨き上げてきたアドバンスト・セーフティーの一種である。

スバルによる「アイサイト」大キャンペーン効果もあって“ぶつからないクルマ”に対する注目度は日本でも高まるいっぽうである。だが、その方面ではスバルがキャンペーンを張る以前から、ボルボが常に世界最先端を走ってきたわけで、昨今のぶつからないクルマブームを「時代がボルボに追いついてきた」と表現しても、それはお世辞でもなんでもない。

 

2014年モデルに追加された新グレードの「S60 T4 SE」。2014年モデルのリアビューは、一新されたフロントマスクと比べると、従来モデルからの変更は控えめ。バンパーまわりのデザインが異なる程度だ。
2014年モデルに追加された新グレードの「S60 T4 SE」。2014年モデルのリアビューは、一新されたフロントマスクと比べると、従来モデルからの変更は控えめ。バンパーまわりのデザインが異なる程度だ。
インテリアでは、クリスタルからピアノブラックに変更されたシフトノブなどが2014年モデルと従来モデルとの違い。
インテリアでは、クリスタルからピアノブラックに変更されたシフトノブなどが2014年モデルと従来モデルとの違い。
メーターは「V40」と同様のデジタル表示式に変更された。「エレガンス」「エコ」「パフォーマンス」の3種類の中から表示を選ぶことができる。
メーターは「V40」と同様のデジタル表示式に変更された。「エレガンス」「エコ」「パフォーマンス」の3種類の中から表示を選ぶことができる。
2014年モデルでは、よりサイドサポートの張り出した本革スポーツシートが新たにオプション設定された。
2014年モデルでは、よりサイドサポートの張り出した本革スポーツシートが新たにオプション設定された。
トランクルームに大きな変更はなし。フロアには荷室を仕切るボードが備わっている。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます)
トランクルームに大きな変更はなし。フロアには荷室を仕切るボードが備わっている。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • ボルボV90クロスカントリー 2016.9.28 画像・写真 スウェーデンのボルボはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で「V90クロスカントリー」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】 2016.8.2 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
ホームへ戻る