メルセデス・ベンツG350ブルーテック(4WD/7AT)

別世界の乗り物 2013.11.11 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツG350ブルーテック」に試乗。23年ぶりに復活した「軽油で走るゲレンデヴァーゲン」の走りに触れた。

(今のところ)世界に3台しかない

このクルマを借りる際、「いま、世界に3台しかないんです」といわれた。そのココロは右ハンドル。少なくともここ最近まで、「ゲレンデヴァーゲン(Gクラス)」は左ハンドルのバージョンしか生産されていなかったということだ。ただし20数年前には右ハンドル、たしかにあった。つまり、ずいぶん長いブランクを経ての復活ということになる。復活させたのは日本。メルセデス・ベンツ日本のマーケティング部門がその張本人、と考えるのが妥当だろう。ディーゼルでRHDのゲレンデヴァーゲン。「世界に3台」のうちの2台が日本にあって、今回借りた個体でないほうの1台は「メルセデス・ベンツ コネクション」に。一般の人も試乗できる。

甲を上にした状態でアウタードアハンドルに右手をかけ、それをつかみながら、親指でボタンを押す。グイッと。ガチンと音がしてラッチの咬(か)み込みが解除される。開けると、これまた例によってウスーいドア。でも鉄板、厚そう。よじ登るようにしてキャビンへ入り、運転席に座って、インナードアハンドルを引き、ドアを閉める。と、ボフンでもなくドスッでもなくバツンと音がする。減衰は利いているけれど、ものすごくライブでメタリックな音と振動。先日某所で、同じメルセデス・ベンツの「ゼトロス」(悪路対応タイプのヨンクの大型トラック)のキャビンへ乗り込んだときも、これと似た体験をした。細かくいうと、ゼトロスのときはドアを閉めた瞬間にキャビン側がブワつく感じがあったしドアそのものがもっとカルそうだったけれど。ということで、嗚呼ゲレンデヴァーゲン。

今年(2013年)でデビューから34年を迎える「メルセデス・ベンツGクラス」。時代に合わせてエンジンやパワートレインは進化を遂げてきたが、堅牢なボディーオンフレームの車体構造などは、変わらずに受け継いでいる。
今年(2013年)でデビューから34年を迎える「メルセデス・ベンツGクラス」。時代に合わせてエンジンやパワートレインは進化を遂げてきたが、堅牢なボディーオンフレームの車体構造などは、変わらずに受け継いでいる。
「G350ブルーテック」のインパネまわり。ディテールはすっかり洗練されたが、奥行きのない角張った形状のダッシュボードや、そこに備えられた無骨な手すりなど、基本的な構造は昔のままだ。
「G350ブルーテック」のインパネまわり。ディテールはすっかり洗練されたが、奥行きのない角張った形状のダッシュボードや、そこに備えられた無骨な手すりなど、基本的な構造は昔のままだ。
今回試乗したのは、3リッターV6ディーゼルエンジンを搭載した「G350ブルーテック」。日本でのラインナップにディーゼル仕様が設定されるのは、実に23年ぶりのこと。
今回試乗したのは、3リッターV6ディーゼルエンジンを搭載した「G350ブルーテック」。日本でのラインナップにディーゼル仕様が設定されるのは、実に23年ぶりのこと。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Gクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編) 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
ホームへ戻る