ホンダ、インドで新型セダン「シティ」を発表

2013.11.26 自動車ニュース
「ホンダ・シティ」

ホンダ、インドで新型セダン「シティ」を発表

本田技研工業のインドにおける四輪車生産販売会社であるホンダカーズインディア・リミテッドは2013年11月25日、コンパクトセダンの新型「シティ」をニューデリー市内で発表した。

 

シティは4ドアセダンのグローバルモデルとして、1996年に初代モデルがタイで発売された。これまでの累計販売台数は約220万台で、現在では世界55カ国で販売されている。

今回の新型は、「クーペの優雅さとワンモーションデザインを融合させた」というスタイリングと、歴代モデルのなかで最も広い車内空間が特徴。インド市場向けには、1.5リッターのガソリンエンジンと、同ディーゼルエンジンの2種類のパワーユニットが用意されている。

インドはホンダカーズインディア・リミテッドが生産し、2014年1月の発売を予定。その後、順次世界各国で発売を予定している。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。