BMW X5 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)

攻めるパイオニア 2014.01.08 試乗記 プレミアムSUVのパイオニア「BMW X5」が、通算で3代目となる新型に移行した。外観からは「キープコンセプト」に見える今回のモデルチェンジは「攻め」か「守り」か? 3リッターディーゼルエンジンを搭載する「X5 xDrive35d Mスポーツ」で箱根のワインディングロードを目指した。

さらに進化した3リッターディーゼル

BMWが初代「X5」を市場に投入したのは2000年。その頃はまだ今ほどSUVが市民権を得ておらず、高級車市場ではセダンとステーションワゴンが幅を利かせていた。BMW自身もこれを独自にSAV(スポーツ・アクティビティー・ビークル)と呼んだりしながら、SUV市場の拡大を見越して、いち早くおのれの存在感を打ち出そうと頑張っていたのを思い出す。

実際、初代X5の乗り味は「BMWが造ったSUV」とうたうにふさわしい、“ダシ”の利いた出来栄えだった。オンロード用と割り切った前輪38:後輪62の駆動配分を持つ4WDシャシーは、背の高いSUVをワインディングロードでも極めて自然に走らせ、「BMWが造ると、やっぱクロカン(←完全なる死語)も、ひと味もふた味も違うなぁ」と、いたく感心させられたのを覚えている。
なにせあの頃、SUVといえばそのデカさと背の高さがウリで、まだ走りの質などそれほど突き詰められてはいなかった。というより、そもそもみんな「背の高いクルマが、セダンのようにきちんと走るわけがない」と見限っていたようにも思う。お金持ちは「レンジ」に「ゲレバ」。アウトドア派は「パジェロ」に「ランクル」。そんな時代であった。

初代が2代目へと進化したのは2007年。この頃になると、世の中にもかなりSUVが浸透してきており、新しいファミリーカーの形とまでいわれるようになっていた。そこでもBMWは、相変わらずBMWらしい、コンサバながらも説得力のあるルックスと(過激に装った「X5 M」は除く)、さらに分厚さを増した乗り味を披露して、再びみなをうならせた。それは、まさに正常進化といえる内容だった。

そしてこのたび、2代目が6年のモデルライフを終え、3代目に移行した。果たしてその方向性は、戦国時代と化したプレミアムSUV市場において、どう変わったのか?

新型のグレード構成を軽く押さえておくと、ガソリンエンジンは4.4リッターV8ツインターボ(450ps)を搭載する「xDrive50i」と、3リッター直6ターボ(306ps)を搭載した「xDrive35i」の2モデル。そして日本でもメイン機種となるであろうクリーンディーゼルは、3リッター直6ターボ(258ps)を搭載した「xDrive35d」となる。
各モデルには標準車のほか、エクステリアに磨きをかけた「xLine」(エックスライン)と、さらにはフットワークを強化した「Mスポーツ」の、計3種類が用意される。今回試乗したのは、一番の売れ筋モデルになるであろうxDrive35dのMスポーツ仕様である。

3リッターのクリーンディーゼルエンジンは、先代X5で2012年に初めて導入された直6ターボの進化版だ。最高出力は13psアップの258ps、最大トルクは5.1kgmアップの57.1kgmという数値を誇りながら、燃費性能は先代よりも25%向上した13.8km/リッター(JC08モード)を達成している。

新型「BMW X5」は2013年9月のフランクフルトショーで世界初公開された。日本での発表は2013年10月31日。3リッター直6ディーゼルのほか、2種のガソリンエンジン(3リッター直6と4.4リッターV8)搭載車が用意される。
新型「BMW X5」は2013年9月のフランクフルトショーで世界初公開された。日本での発表は2013年10月31日。3リッター直6ディーゼルのほか、2種のガソリンエンジン(3リッター直6と4.4リッターV8)搭載車が用意される。
標準車のほか「Mスポーツ」(試乗車:写真)と「xLine」の、2種のモデルラインナップが設定される。Mスポーツは「Mエアロダイナミクス・パッケージ」が装着され“好戦的”な外観に。
標準車のほか「Mスポーツ」(試乗車:写真)と「xLine」の、2種のモデルラインナップが設定される。Mスポーツは「Mエアロダイナミクス・パッケージ」が装着され“好戦的”な外観に。
前ホイールアーチの後方には、最近のBMW車に順次採用されている空力デザイン処理「エア・ブリーザー」が設けられている。
前ホイールアーチの後方には、最近のBMW車に順次採用されている空力デザイン処理「エア・ブリーザー」が設けられている。
エキゾーストパイプは「Mスポーツ」ではクロム仕上げの「スポーツ・スタイル」とされる。
エキゾーストパイプは「Mスポーツ」ではクロム仕上げの「スポーツ・スタイル」とされる。
3リッター直6ディーゼルターボエンジンは258psと57.1kgmを発生する。JC08モード燃費は13.8kmリッター。
3リッター直6ディーゼルターボエンジンは258psと57.1kgmを発生する。JC08モード燃費は13.8kmリッター。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

X5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW X5 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2014.1.8 試乗記 プレミアムSUVのパイオニア「BMW X5」が、通算で3代目となる新型に移行した。外観からは「キープコンセプト」に見える今回のモデルチェンジは「攻め」か「守り」か? 3リッターディーゼルエンジンを搭載する「X5 xDrive35d Mスポーツ」で箱根のワインディングロードを目指した。
  • BMW X5 xDrive35d xLine(4WD/8AT)【試乗記】 2014.3.11 試乗記 直6ディーゼルターボを搭載した「BMW X5」に試乗。モダンなパフォーマンスとクラシックなフィーリングを併せ持つ、その魅力に触れた。
  • 第33回 ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
  • メルセデス・ベンツG350ブルーテック(4WD/7AT)【試乗記】 2013.11.11 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツG350ブルーテック」に試乗。23年ぶりに復活した「軽油で走るゲレンデヴァーゲン」の走りに触れた。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
ホームへ戻る