お菓子をイメージしたフィアットの限定車、発売

2014.01.21 自動車ニュース
「フィアット500 パンナ」
「フィアット500 パンナ」

お菓子をイメージしたフィアットの限定車、発売

フィアット クライスラー ジャパンは2014年1月21日、スイーツをイメージしたフィアットの限定車3モデルを、同年2月1日に発売すると発表した。

「500C パンナ」
「500C パンナ」
「パンダ ジャンドゥーヤ」
「パンダ ジャンドゥーヤ」

今回の特別仕様車は、バレンタインシーズンにあわせて限定発売されるもの。各モデルの装備と価格は、以下の通りである。

■500 パンナ

直列2気筒ターボエンジン「ツインエア」を搭載する、5段ATモデル。特別なアイテムとして、タン(ブラウン)色のフラウレザーシートと、電動サンルーフを装備する。ボディーカラーはニューエイジクリーム。車名の「パンナ(Panna)」は、イタリア語で生クリームのこと。
限定100台で、価格は255万円。

■500C パンナ

上記「フィアット500 パンナ」のコンバーチブルモデル。ニューエイジクリームのボディーカラー、タン色のフラウレザーシート、ベージュ色のソフトトップ、15インチアルミホイールが与えられる。
限定50台で、価格は260万円。

■パンダ ジャンドゥーヤ

現行「パンダ」初の限定車で、ベースとなるモデルは、「パンダ Easy」。コージーブラウンのボディーカラーにサンド(アイボリー)色のルーフレール、ミラーカバー、センターハブキャップが与えられる。車名は、ヘーゼルナッツのクリームであるジャンドゥーヤから。
販売台数は限定100台で、価格は210万円となる。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フィアット500ツインエア ラウンジ(FF/5AT)【レビュー】 2016.4.1 試乗記 2007年のデビュー以来、初のビッグマイナーチェンジが加えられたフィアットのコンパクトカー「500」。イタリアを代表する自動車界の“愛されキャラ”は、大幅改良によって何がどう変わったのか? その変化の内容をリポートする。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • 「フィアット500」に青い海をイメージした限定車登場 2017.3.15 自動車ニュース FCAジャパンは2017年3月15日、「フィアット500」に特別仕様車「MareBlu(マーレブル)」を設定し、同年3月25日に100台の台数限定で発売すると発表した。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その20) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。アルファ・ロメオのブースを画像で紹介する。
ホームへ戻る