お菓子をイメージしたフィアットの限定車、発売

2014.01.21 自動車ニュース
「フィアット500 パンナ」
「フィアット500 パンナ」

お菓子をイメージしたフィアットの限定車、発売

フィアット クライスラー ジャパンは2014年1月21日、スイーツをイメージしたフィアットの限定車3モデルを、同年2月1日に発売すると発表した。

「500C パンナ」
「500C パンナ」
「パンダ ジャンドゥーヤ」
「パンダ ジャンドゥーヤ」

今回の特別仕様車は、バレンタインシーズンにあわせて限定発売されるもの。各モデルの装備と価格は、以下の通りである。

■500 パンナ

直列2気筒ターボエンジン「ツインエア」を搭載する、5段ATモデル。特別なアイテムとして、タン(ブラウン)色のフラウレザーシートと、電動サンルーフを装備する。ボディーカラーはニューエイジクリーム。車名の「パンナ(Panna)」は、イタリア語で生クリームのこと。
限定100台で、価格は255万円。

■500C パンナ

上記「フィアット500 パンナ」のコンバーチブルモデル。ニューエイジクリームのボディーカラー、タン色のフラウレザーシート、ベージュ色のソフトトップ、15インチアルミホイールが与えられる。
限定50台で、価格は260万円。

■パンダ ジャンドゥーヤ

現行「パンダ」初の限定車で、ベースとなるモデルは、「パンダ Easy」。コージーブラウンのボディーカラーにサンド(アイボリー)色のルーフレール、ミラーカバー、センターハブキャップが与えられる。車名は、ヘーゼルナッツのクリームであるジャンドゥーヤから。
販売台数は限定100台で、価格は210万円となる。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る