お菓子をイメージしたフィアットの限定車、発売

2014.01.21 自動車ニュース
「フィアット500 パンナ」
「フィアット500 パンナ」

お菓子をイメージしたフィアットの限定車、発売

フィアット クライスラー ジャパンは2014年1月21日、スイーツをイメージしたフィアットの限定車3モデルを、同年2月1日に発売すると発表した。

「500C パンナ」
「500C パンナ」
「パンダ ジャンドゥーヤ」
「パンダ ジャンドゥーヤ」

今回の特別仕様車は、バレンタインシーズンにあわせて限定発売されるもの。各モデルの装備と価格は、以下の通りである。

■500 パンナ

直列2気筒ターボエンジン「ツインエア」を搭載する、5段ATモデル。特別なアイテムとして、タン(ブラウン)色のフラウレザーシートと、電動サンルーフを装備する。ボディーカラーはニューエイジクリーム。車名の「パンナ(Panna)」は、イタリア語で生クリームのこと。
限定100台で、価格は255万円。

■500C パンナ

上記「フィアット500 パンナ」のコンバーチブルモデル。ニューエイジクリームのボディーカラー、タン色のフラウレザーシート、ベージュ色のソフトトップ、15インチアルミホイールが与えられる。
限定50台で、価格は260万円。

■パンダ ジャンドゥーヤ

現行「パンダ」初の限定車で、ベースとなるモデルは、「パンダ Easy」。コージーブラウンのボディーカラーにサンド(アイボリー)色のルーフレール、ミラーカバー、センターハブキャップが与えられる。車名は、ヘーゼルナッツのクリームであるジャンドゥーヤから。
販売台数は限定100台で、価格は210万円となる。

(webCG)

関連キーワード:
500パンダフィアット自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • “地球”をイメージした特別なパンダ4×4登場 2015.12.2 自動車ニュース FCAジャパンは特別仕様車「フィアット・パンダ4x4テッラ」を2015年12月12日に80台限定で発売すると発表した。今回の限定モデルの特徴は外装色にあり、「スイートキャンディーベージュ」と「ヴェネチアンブルー」という、2色のアースカラーが設定されている。
  • フィアット・パンダ4×4 ROCK 1.3 16V マルチジェット(4WD/5MT)【試乗記】 2013.12.2 試乗記 4WDシステムとディーゼルエンジンを備えた、道を選ばぬ「フィアット・パンダ」に試乗。シリーズの究極形「パンダ4×4 マルチジェット」はどんな走りを見せるのか。
ホームへ戻る