三菱が軽商用車と軽ワゴンをフルモデルチェンジ

2014.02.27 自動車ニュース
「三菱ミニキャブ トラック」
「三菱ミニキャブ トラック」

三菱が軽商用車と軽ワゴンをフルモデルチェンジ

三菱自動車は2014年2月27日、軽商用車の新型「ミニキャブ トラック」「ミニキャブ バン」、および軽乗用車の新型「タウンボックス」を発売した。

「ミニキャブ バン」
「ミニキャブ バン」
「タウンボックス」
「タウンボックス」

今回発売されたモデルは、いずれも三菱がスズキからOEM供給を受けるもので、ミニキャブ トラックは「スズキ・キャリイ」の、ミニキャブ バンは「スズキ・エブリイ」の、タウンボックスは「スズキ・エブリイワゴン」の姉妹モデルに当たる。

三菱とスズキ、および日産は、2013年8月に軽自動車の新たなOEM供給体制について合意。三菱は2013年内に軽商用車、および軽商用車をベースとした軽ワゴンの生産を終了し、2014年の春をめどにスズキから供給されるモデルの販売を開始すると発表していた。

各モデルの価格は以下の通り。

ミニキャブ トラック
・M(FR/5MT):78万4350円
・M(4WD/5MT):92万9250円
・M(FR/3AT):86万4150円
・M(4WD/3AT):100万9050円
・G(FR/5MT):91万350円
・G(4WD/5MT):109万2000円
・G(FR/3AT):99万150円
・G(4WD/3AT):117万1800円
・みのり(4WD/5MT):95万5500円

ミニキャブ バン
・M(FR/5MT):87万9900円
・M(4WD/5MT):100万5900円
・M(FR/3AT):97万1250円
・M(4WD/3AT):109万7250円
・G(FR/3AT):105万5250円
・G(4WD/3AT):118万1250円
・ブラボー(FR/3AT):113万850円
・ブラボー(4WD/3AT):125万6850円
・ブラボーターボ(FR/4AT):125万7900円
・ブラボーターボ(4WD/4AT):138万3900円

タウンボックス
・G 標準ルーフ(FR/4AT):142万8000円
・G 標準ルーフ(4WD/4AT):155万4000円
・Gスペシャル ハイルーフ(FR/4AT):156万4500円
・Gスペシャル ハイルーフ(4WD/4AT):169万500円

(webCG)

関連キーワード:
ミニキャブ トラックタウンボックス三菱スズキキャリイ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • 三菱「ミニキャブ」シリーズなど一部改良 2002.2.4 自動車ニュース 三菱自動車は、軽トラック「ミニキャブトラック」、バン「ミニキャブバン」などに一部改良を施し、2002年1月23日から販売を開始した。
  • プジョーからお値段199万円の「208」が再登場 2018.1.5 自動車ニュース プジョーが、2017年に240台限定で販売した「208ファーストセレクション」の再販を開始。「208スタイル」(6AT)をベースにバックソナー、レザーステアリング、スーパーティンテッドガラスを簡素化したもので、199万円という戦略的な価格を実現している。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
ホームへ戻る