第378回:プジョー&シトロエン版より売れている! トヨタの欧州製「末っ子」がすごい

2014.12.19 エッセイ

「アイゴ」というクルマ

「アイゴ」とは、トヨタのヨーロッパ市場専用車である。1リッターのいわばエントリーモデルで、欧州のAセグメントに属する。そのアイゴの新型が、この夏から秋にかけて欧州各国で本格的に発売されたので、今回はその話題をお届けする。

振り返れば、初代アイゴが登場したのは、2005年のことだった。生産は、チェコに設立したトヨタとPSAプジョー・シトロエンの合弁会社「トヨタ・プジョー・シトロエン・オートモービル(TPCA)」が担当。姉妹車「プジョー107」「シトロエンC1」と一緒のデビューだった。
エンジンは、ガソリン仕様が「トヨタ・パッソ」「ダイハツ・ブーン」と同じ1リッター3気筒の1KR-FE型で、ディーゼルは日本の商用車「トヨタ・プロボックス」に搭載されていた4気筒ディーゼルの1ND-TV型が前期型のみ用意されていた。

個人的な記憶をたどれば、その3姉妹を当時プジョー・シトロエンの開発センターに勤めるフランス人は「あれはプジョーでも、シトロエンでもない。トヨタだ!」と真顔で言い放った。それに対する賛否はともかく、開発段階におけるトヨタの強いイニシアチブがうかがえた。

しかしアイゴは、欧州で根強い支持を獲得した。途中でトヨタのラインナップに加わった「iQ」よりも売れたし、女性ユーザーからの支持も少なくなかった。今や多くのドイツ車よりも長い9年というライフサイクルは、その人気の証しである。販売台数は76万台に達した。

ボクがフランスでアイゴのレンタカーに乗ったとき、エンジンの吹き上がりはイタリア車のような感動こそないものの十分なものがあった。そのうえ、オートルートの流れにひるむことなく淡々と走れるさまは、初代「オペル・コルサ」のごとくであった。

2代目「トヨタ・アイゴ」。2014年3月のジュネーブモーターショーで。
2代目「トヨタ・アイゴ」。2014年3月のジュネーブモーターショーで。
「アイゴ」のインテリア。メーター、エアコンのデザインなどに若者志向がぷんぷんと漂う。
「アイゴ」のインテリア。メーター、エアコンのデザインなどに若者志向がぷんぷんと漂う。
初代「アイゴ」
初代「アイゴ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。