MINIクーパーS 5ドア(FF/6AT)

スポーツ路線もいいけれど 2015.01.07 試乗記 注目すべきはユーティリティーだけにあらず。「MINIクーパーS 5ドア」の試乗を通して感じた、3ドアモデルにはない魅力と可能性とは?

ドアの数が増えただけではない

「もっと早く出してくれればこっちにしたのに」と、MINIオーナーたちのうらやむ声が聞こえてきそうだ。なにしろ日本は、ドアの数もイスの数も多ければ多いほど良いという国。例えば「レンジローバー イヴォーク」も、ヨーロッパに行くとしばしば目にするあのカッコいい3ドアのクーペを選ぶ人は、ごくわずかだという。
でも最初から5ドアがあったら、特にこの国ではオリジナルの3ドアが売れなくなってしまうから、このタイミングでの登場はマーケティング的には妥当だ。

5ドアのグレードは当初「クーパー」と「クーパーS」の2タイプで、最近ベーシックな「ONE」が追加された。今回乗ったのはクーパーS。実車を目の前にして、さすがプレミアムブランドだと思った。オリジナルの3ドアを含めた他のMINIファミリーとの作り分けが絶妙だったからだ。

ただドアの枚数を増やしただけでなく、ホイールベースは70mm、全長は165mm延ばしててあり、後者は4mを超えた。全高も15mm高めてあるのだが、第一印象はやっぱり長さが目立つ。いまにして思えば、「クロスオーバー」はMINIらしいプロポーションを維持するために全方位的に拡大したんだと納得。こちらは全高が低めなままなのが効いている。

でもよく見れば、リアウィンドウの角度を3ドアより寝かせているので、バランスは悪くない。このあと登場するはずの次期「クラブマン」が、たぶん垂直に近い建て付けの観音開きリアゲートを継承してくるので、それとのすみ分けも考えたのだろうが、細部まで気を配った造形だと感心した。

3ドアモデルより165mm長い全長と、70mm長いホイールベースを持つ「MINI 5ドア」。スタイリングのバランスを崩さぬよう、リアウィンドウの角度をより寝かせるなどの工夫がなされている。
3ドアモデルより165mm長い全長と、70mm長いホイールベースを持つ「MINI 5ドア」。スタイリングのバランスを崩さぬよう、リアウィンドウの角度をより寝かせるなどの工夫がなされている。
インストゥルメントパネルまわりのデザインは、基本的に3ドアと共通。テスト車にはクロムの加飾パーツからなるオプションの「クロムライン・インテリア」が採用されていた。
インストゥルメントパネルまわりのデザインは、基本的に3ドアと共通。テスト車にはクロムの加飾パーツからなるオプションの「クロムライン・インテリア」が採用されていた。
シートはオプションも含めて6種類の中から選択可能。テスト車には表皮にパンチングが施された、ブラックのレザーシートが装備されていた。
シートはオプションも含めて6種類の中から選択可能。テスト車には表皮にパンチングが施された、ブラックのレザーシートが装備されていた。
「MINI 5ドア」のラインナップは「ONE」「クーパー」「クーパーS」の3種類。今回は2リッターターボエンジンを搭載したクーパーSに試乗した。
「MINI 5ドア」のラインナップは「ONE」「クーパー」「クーパーS」の3種類。今回は2リッターターボエンジンを搭載したクーパーSに試乗した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 5ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • モダンで華やかな特別仕様車「MINIセブン」発売 2016.8.26 自動車ニュース BMWジャパンは2016年8月26日、「MINI 3ドア」「MINI 5ドア」の特別仕様車「MINI Seven(セブン)」を発表。同日、販売を開始した。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
ホームへ戻る