マツダCX-5 XDプロアクティブ(FF/6AT)/CX-5 25S Lパッケージ(4WD/6AT)

どうかお気を落とさず 2015.01.08 試乗記 マツダの“深化”は止まらない。「CX-5」がデザインから走り、そして安全性能にいたるまで大幅な改良を受けて、熟成の度合いを深めた。改良前のCX-5を買ったばかりという人には、「どうかお気を落とさず」とお声がけせずにはいられないビッグマイナーチェンジである。2.2リッターディーゼル(FF)と2.5リッターガソリン(4WD)の2モデルに試乗した。

鮮度を保つ

マツダCX-5が登場から丸3年を目前にしてマイナーチェンジした。CX-5登場の半年後にモデルチェンジした「アテンザ」と同じタイミングでの比較的大きな規模のマイチェンで、内外装のデザインが大きく変わったほか、安全装備の充実、動的質感の向上などが図られた。

CX-5はマツダが現在の主要ラインナップに採用するスカイアクティブテクノロジーを全面的に取り入れた最初のモデルで、近頃の同社の好調はこのモデルから始まった。発売から3年近くもの間、新車販売ランキング30位以内をキープするヒットモデルだが、競争力を維持すべく手が入れられた。

大塚正志CX-5開発主査は「ショールームの鮮度を保ち、一貫したメッセージを発信し続けることが重要」と述べる。これは、例えばモデルチェンジから時間のたっていない「アクセラ」や「デミオ」に興味をもってディーラーのショールームを訪れた客が、当然目にするであろうCX-5やアテンザを見て古さを感じたとしたら、そのブランドに勢いを感じないのではないか――という意味だろう。だからといって必要性を感じさせないマイチェンを繰り返しても客が離れる原因になり得るから難しいところだが、鮮度を保っているに越したことはない。

では変更点を見ていこう。

「アテンザ」とともに大規模なマイナーチェンジを受けた「CX-5」。四輪駆動仕様はリアゲートに「AWD」と記されるようになった。
「アテンザ」とともに大規模なマイナーチェンジを受けた「CX-5」。四輪駆動仕様はリアゲートに「AWD」と記されるようになった。
スマートフォンなどと連携する「マツダコネクト」が採用されたほか、インパネデコレーションパネルなどの質感向上が図られている(写真は「25S Lパッケージ」)。
スマートフォンなどと連携する「マツダコネクト」が採用されたほか、インパネデコレーションパネルなどの質感向上が図られている(写真は「25S Lパッケージ」)。
フロントドアポケットの容量が大幅に拡大された。
フロントドアポケットの容量が大幅に拡大された。
「Lパッケージ」には、切削加工とガンメタリック塗装が施された新デザインの19インチアルミホイールが装着される。
「Lパッケージ」には、切削加工とガンメタリック塗装が施された新デザインの19インチアルミホイールが装着される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CX-5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る