スズキ・アルトX(FF/CVT)/アルトF(FF/5AT)/アルトバンVP(FF/5MT)

久々の意欲作 2015.01.24 試乗記 従来モデルとは一線を画すスタイリングや、最高で37.0km/リッターという燃費性能などで注目を集めている新型「スズキ・アルト」。その実力を、3つのグレードでチェックした。

第一印象は「軽っぽくない」

軽っぽくないゾ。新型アルトを見て、そう感じた人も多いかと思う。安定していて、カルく見えない。直線基調なのに、ペキペキしていない。丸っこいファンシー系の旧型とは、そもそもテイストというか、方針が変わった。

そのニューデザインに元アウディの和田 智氏がコミットしているという一部報道がある。そういえば、ゼネラルモーターズとの資本提携を解消してから、スズキは一時、フォルクスワーゲングループと接近したのだ。そんな目でみると、新型のシンプルなフォルムはどことなく「フォルクスワーゲンup!」に似ていなくもない。
なんて想像は、あくまで想像である。検討段階で外部の協力を得ることはあっても、新型はあくまで「スズキデザイン」というのがメーカーの公式見解。チーフデザイナーの内山一史氏に誘導尋問をしても、取りつく島がなかった。

スズキの人たちは常にアンダーステートメントだが、8代目アルトで目指したのは、キラッと光る石ころのようなデザインだとチーフデザイナーは言った。石ころとは、またずいぶんへりくだるもんだと思ったが、新型アルトがカタチだけでなくスペックでもキラッと光るのはたしかである。
プラットフォームやリアサスペンションを新調し、「アルト エコ」用のR06A型エンジンに磨きをかけ、なおかつクルマ全体で大幅な軽量化を図った。その結果、ガソリン車最良の燃費(37.0km/リッター)を実現している。

「ワゴンR」のようなトールボーイ系に対して、こういう背の低い軽自動車は、たとえハッチバックでも“セダン”と呼ばれる。新型アルトは軽セダン久々の意欲作である。

新型「アルト」の最上級グレード「X」には、オプションでテールゲートをグレーで塗り分けた「ミディアムグレー2トーンバックドア」も用意される。
新型「アルト」の最上級グレード「X」には、オプションでテールゲートをグレーで塗り分けた「ミディアムグレー2トーンバックドア」も用意される。
横基調のインストゥルメントパネルが特徴的なインテリア。上級グレードにはサテンメッキやシルバーの加飾が施される。
横基調のインストゥルメントパネルが特徴的なインテリア。上級グレードにはサテンメッキやシルバーの加飾が施される。
乗用モデルの前席には、ライトブルーの表皮にホワイトのパイピングを組み合わせたシートを採用。上級グレードの「S」「X」には、運転席にシートリフターが装備される。
乗用モデルの前席には、ライトブルーの表皮にホワイトのパイピングを組み合わせたシートを採用。上級グレードの「S」「X」には、運転席にシートリフターが装備される。
最上級グレード「X」のリアシート。ヘッドレストが備わるのはXと「S」のみとなる。
最上級グレード「X」のリアシート。ヘッドレストが備わるのはXと「S」のみとなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
  • スズキ・アルト ワークス 2015.12.24 画像・写真 スズキから新型「アルト ワークス」登場。エンジンや足まわりなどに独自のチューニングが施されており、胸のすく力強い加速性能と、キビキビとした操縦性が追及されている。15年の時を経て復活した、軽規格の高性能スポーツモデルの詳細な姿を写真で紹介する。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
ホームへ戻る