フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/7AT)

新しいスポーツドライビングの提案 2015.03.11 試乗記 1.8リッター直噴ターボエンジンを搭載した「フォルクスワーゲン・ポロGTI」に試乗。フォルクスワーゲンが提案する、新しい「走る喜び」に触れた。

この乗り心地は確信犯

「ぐはぁ!」
これが、マイナーチェンジを果たしたポロGTIに乗っての第一声。その乗り心地が、いくらGTIとはいえ大胆なほどに硬いのだ。もしかしたらそのスパルタンさは、フォルクスワーゲン一族の中にあって一番かもしれない。
試乗コースであるワインディングロードに車両を持ち込んでくれた担当H君も「高速道路はキツいッス…」と特徴のある眉毛をハの字にしていた。トレッドが狭くて背の高いポロのボディーに、これだけ硬い足まわりを組み合わせていたら、ホットコーヒーは飲めないだろうなぁ……。先代「ホンダ・シビック タイプR」を思い出した。

とはいえその硬さは、ガチガチとかガツンガツンという粗野な硬さじゃない。段差を乗り越えても、路面からの入力は角が丸く抑え込まれ、きちんと減衰されているのがわかる。また真っ平らな路面であれば、むしろ乗り心地はフワフワなアシよりも素晴らしい。ただしうねりを越えると、車体が上下左右に細かく揺さぶられる。そしてこの振幅が速いのだ。ドライバーの目線も定まりにくい。正確には硬いのではなく、“常用域では”不快なのだ。
装着タイヤは215/40R17サイズのコンチネンタル・コンチプレミアムコンタクト2。ホイールクリアランスも意外なほど十分に取られているから、この乗り心地はタイヤやシャコタン・スプリングによる悪影響の結果じゃない。ダンパーの減衰力を引き上げることで得られた結果だ(もちろんそれに付随してスプリングレートも上がっているだろうが)。

ただしこれは、フォルクスワーゲンの確信犯的な行為。正直ロードスポーツとしてはやり過ぎな乗り心地には、そうするだけの理由がある。言うまでもなく、走りを研ぎ澄ますためである。

2014年8月に大幅な改良を受けた「フォルクスワーゲン・ポロ」。高性能モデルの「GTI」は、ほかのグレードより遅れて2015年2月に発売された。
2014年8月に大幅な改良を受けた「フォルクスワーゲン・ポロ」。高性能モデルの「GTI」は、ほかのグレードより遅れて2015年2月に発売された。
エクステリアでは新デザインのフロントバンパーが大きな特徴。テスト車にはオプションのLEDヘッドランプが装備されていた。
エクステリアでは新デザインのフロントバンパーが大きな特徴。テスト車にはオプションのLEDヘッドランプが装備されていた。
天井やピラー、ドアの内張りまでブラックで統一されたインテリア。ステアリングホイールなど、各所に赤のステッチが施されている。
天井やピラー、ドアの内張りまでブラックで統一されたインテリア。ステアリングホイールなど、各所に赤のステッチが施されている。
赤いブレーキキャリパーが目を引く足元。今回の改良により、アルミホイールのデザインも新しくなった。
赤いブレーキキャリパーが目を引く足元。今回の改良により、アルミホイールのデザインも新しくなった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る