中国の若者向けセダン、日産ラニアがデビュー【上海ショー2015】

2015.04.20 自動車ニュース
「日産ラニア」

【上海ショー2015】中国の若者向けセダン「日産ラニア」がデビュー

日産自動車は、2015年4月20日に開幕した上海モーターショーに、新型4ドアセダン「Lannia(ラニア)」を出展した。

ラニアは、2014年4月の「北京モーターショー2014」に出展された「ラニア コンセプト」の量産モデル。車名は、中国語でブルーバードを意味する「藍鳥(Lan Niao)」の発音に由来する。

日産によればラニアは、「中国の若者世代が求める斬新で際立ったパーソナリティーを表現したもの」で、「特に20代から30代の、エネルギーにあふれ、流行を創りだす中国の若者向けにデザイン・開発されたモデル」だという。

北京のデザインセンター「日産デザインチャイナ」の若手中国人デザイナーが中心となって仕上げたというエクステリアは、躍動感あふれるボディーとシャープなラインの両立がポイント。Vモーショングリルや、キックアップしたCピラー、フローティングルーフ、ブーメラン型ランプなど、特徴的な日産デザインも多数採用されている。
一方インテリアは、軽快なデザインのダッシュボードが特徴。運転の快適性などドライバーを主役に据えたつくりになっており、スマートフォンと接続が可能なオーディオシステムや、7インチのマルチメディアディスプレイスクリーンなどからなるインフォテインメントシステムも備わる。
ラニアは、中国国内で2015年秋に発売される予定。

このほか上海ショーには、スーパーチャージャー付き2.5リッター直4エンジン「QR25DER」と、日産のインテリジェントデュアルクラッチシステム(1モーター2クラッチパラレルシステム)を搭載するハイブリッドSUV「ムラーノ ハイブリッド」や、日産のモータースポーツヘリテージを体現したとうたわれる「GT-R NISMO」「370Z NISMO」も出展された。

(webCG)

→「日産ラニア」のフォトギャラリーはこちら

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。