トヨタ・シエンタX 7人乗り(FF/CVT)/シエンタ ハイブリッドG 6人乗り(FF/CVT)

ラテン風味の掘り出し物 2015.08.04 試乗記 “癒やし系”から“ラテン系”にイメージチェンジ? フルモデルチェンジを受けたトヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」の魅力を、小沢コージがリポートする。

ま、負けたぜ……このイケイケムード!

むぅ、何なんでしょうこの不思議な敗北感。不躾オザワ、なにげにかるーく打ちのめされた感ありますわ。ナメていた相手に予想外の逆襲にあったというか(苦笑)。そ、この2代目シエンタに。

そもそも初代シエンタは、もっとポカポカでフワフワした存在だったはず。丸目の癒やし系マスクで全長4mチョイのコンパクトサイズでありながら、大きめの両側スライドドアを持った牧歌的な3列シートミニバン。走りも特別キレはなかったし、同じく牧歌的な「ポルテ」の延長線上にあったような。振り返るとプラットフォームはフロントが「ファンカーゴ」系でリアが「カローラスパシオ」系。しっかり感はあった気もしますが、特にスポーティーではなかった。

ところが、新型はCMにハメス・ロドリゲスに滝川クリステルのイケメン美女ラテンコンビですと! イメージカラーは蛍光イエローで顔はツンととがったサカナ顔。オマケにライトからバンパーにヒゲのようなモールが加わり、パッと見、フレディ・マーキュリー顔! マスオさんがいきなりイケイケなラテンパパになってしまったようではあーりませんか。ま、負けましたよ不躾オザワも。

それでいて、中身は驚くほどマジメだから、やんなっちゃう。全長はわずかに延びているものの、今なお4.2m台というコンパクトさを維持。運転が苦手なヤングママはもちろん、孫を乗せたいおじいちゃんおばあちゃんにもウケるにちがいない。

しかも、室内はことのほか広い。身長176cmのオザワが座って1列目シートのポジションを合わせ、2列目を一番前にスライドさせる。すると2列目と3列目にオザワがほぼピッタリ座れる。特に3列目はひざ下に十分な高さがあって、窮屈な体育座りをしなくて済む。
そして、シエンタといえばやっぱり3列目のダイブイン格納だ。折りたたんだ3列目を2列目の下に入れられるって機能で、「でも実際やったら面倒くさくないか?」と思っていたら、これが全然オッケー。結果、4~5人乗りの状態でも575リッターの巨大カーゴスペースが得られる。

あとはハイブリッドとガソリン両方選べるパワートレインよね。個人的に気に入ったのは新作1.5リッターガソリンエンジンの方。アトキンソンサイクルなんだけど、トルクがエンジン回転数の低い状態からでも十分に出ている。回してもさほど気持ち良くはないけど、使いやすい。かたやハイブリッドは、ちょっとトロいけど普通に街中走ってメーター読み15km/リッター台の燃費は素晴らしい! それに、ボディーの剛性感も意外に高かった。

なにより圧倒的なのは168万円から始まるガソリン車の価格。コッチも燃費悪くなさそうだし、オザワならやっぱこっちでしょうかねぇ?

(文=小沢コージ/写真=田村 弥)

【スペック】
シエンタX 7人乗り

全長×全幅×全高=4235×1695×1675mm/ホイールベース=2750mm/車重=1320kg/駆動方式=FF/エンジン=1.5リッター直4 DOHC 16バルブ(109ps/6000rpm、13.9kgm/4400rpm)/トランスミッション=CVT/燃費=20.2km/リッター (JC08モード)/価格=181万6363円

シエンタ ハイブリッドG 6人乗り
全長×全幅×全高=4235×1695×1675mm/ホイールベース=2750mm/車重=1380kg/駆動方式=FF/エンジン=1.5リッター直4 DOHC 16バルブ(74ps/4800rpm、11.3kgm/3600-4400rpm)+交流同期電動機(61ps、17.2kgm)/トランスミッション=CVT/燃費=27.2km/リッター (JC08モード)/価格=232万9855円

「シエンタX 7人乗り)」のインストゥルメントパネルまわり。メーターはステアリングの上から視認する格好となる。
「シエンタX 7人乗り)」のインストゥルメントパネルまわり。メーターはステアリングの上から視認する格好となる。
シートの色は写真の「フロマージュ」に「ダークブラウン」「ブルーブラック」を加えた全3色が用意されている。
シートの色は写真の「フロマージュ」に「ダークブラウン」「ブルーブラック」を加えた全3色が用意されている。
3列目シートを2列目シートの下に格納した状態。初代モデルにも同様のシートアレンジが備わっていた。
3列目シートを2列目シートの下に格納した状態。初代モデルにも同様のシートアレンジが備わっていた。
ハイブリッド車の「シエンタ ハイブリッドG 6人乗り」。4WD車の設定もあるガソリン車に対し、ハイブリッド車の駆動方式はFFのみ。燃費はJC08モード値で27.2km/リッターを実現している。
ハイブリッド車の「シエンタ ハイブリッドG 6人乗り」。4WD車の設定もあるガソリン車に対し、ハイブリッド車の駆動方式はFFのみ。燃費はJC08モード値で27.2km/リッターを実現している。
関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
  • ホンダ・フリード/フリード+(前編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダの小型ミニバン「フリード」が新型にフルモデルチェンジ。車名を「フリード+(プラス)」に改めた2列シートモデルとともにデビューを果たした。初代以上に、幅広いユーザーにとっての“ちょうどいい”を目指したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・シエンタ ハイブリッドX 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.9.14 試乗記 販売好調が伝えられるトヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。フルモデルチェンジからの1カ月で、実に月間販売目標の7倍に達する、4万9000台もの受注を集めたという。人気の秘密はどこにあるのか、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
  • トヨタ・シエンタ【開発者インタビュー】 2015.8.11 試乗記 12年におよぶモデルライフを経て一新された、トヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。新型の個性的なデザインやメカニズムは、どんな思いから生み出されたのか? 開発責任者の生の声を聞いた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
ホームへ戻る