『CAR GRAPHIC』10月号発売!
Dセグメント・セダン・ジャイアントテスト

2015.09.01 From Our Staff

『CAR GRAPHIC』10月号発売!
Dセグメント・セダン・ジャイアントテスト

2015年9月1日発売の『CAR GRAPHIC』10月号は、「ジャガーXE」、新型「フォルクスワーゲン・パサート」を中心としたDセグメントセダン5台によるジャイアントテストです。(CG編集部)

JARI(日本自動車研究所)の高速周回路を走る5台のテスト車両。
「ジャガーXE」
JARIでは新たな試みとして、ウエット路での障害物回避テストも実施した。
「フォルクスワーゲン・パサート」
「BMW X1」
FWDに路線変更しながらも、SUVとしてのフォルムは「BMW X3」や「BMW X5」とのつながりをこれまで以上に感じる。
「メルセデス・ベンツCLAシューティングブレーク」は、「フォルクスワーゲン・ゴルフ」と真っ向勝負のドイツ車比較。ほかにPHEVからディーゼルまで日本製SUV3台、「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」と「ジープ・チェロキー」による欧米SUVと、3つの比較テストを実施。
「フィアット500X」と多くを共有するとはいえ、「ジープ・レネゲード」は細部までしっかり“ジープしている”。その第一印象をお届けする。

■“FF”化した新型BMW X1、初上陸のジープ・レネゲードも登場

まったくのニューモデルとなるジャガーXE、フルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンの新型パサート。この2台の上陸により、日本でもふたたびDセグメント市場が盛り上がりを見せようとしています。CGではこれら2台のキャラクターを明らかにすべく、ジャイアントテストを実施しました。このセグメントのベンチマークともいえる「メルセデス・ベンツC200」とディーゼルの「BMW 320d」、さらにディーゼルエンジンを搭載した「ボルボS60 D4」をライバルに据え、動力性能やハンドリング、居住性や使い勝手まで、項目別に徹底的にテストしました。果たして最も高い評価を受けたモデルとは……!?

続いて、BMWのFWD(前輪駆動)用プラットフォームを採用した3番目のモデルとなる、新型「BMW X1」に海外で初試乗。さらに、「フィアット500X」とプラットフォームを共有する、「ジープ・レネゲード」に国内でいち早く試乗しています。

「三菱アウトランダーPHEV」を中心とした国産SUV比較、「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」と「ジープ・チェロキー」による欧米SUV比較、「メルセデス・ベンツCLAシューティングブレーク」と「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント」のドイツ製ワゴン対決という比較テストにもぜひご注目ください。

CG 10月号はお近くの書店、もしくはAmazonやFujisanといったオンライン書店でお買い求めください。

(写真=原 富治雄、小河原 認、高橋信宏、BMW)

--------------------------------------------

『CAR GRAPHIC』10月号

発行所:株式会社カーグラフィック
定価:1240円
A4判変型・258ページ

定期購読する
アマゾンで買う
富士山マガジンサービスで買う

--------------------------------------------
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。