フィアットの小型SUV、500Xがデビュー

2015.09.30 自動車ニュース
「フィアット500Xクロスプラス」(4WD仕様)
「フィアット500Xクロスプラス」(4WD仕様)

フィアットの小型SUV「500X」がデビュー

FCAジャパンは2015年9月29日、小型SUV「フィアット500X」を発表した。10月24日に販売を開始する。車両価格は286万2000円~334万8000円。

「フィアット500Xポップスター」(FF仕様)
「フィアット500Xポップスター」(FF仕様)
「フィアット500Xポップスター」の室内。
「フィアット500Xポップスター」の室内。
「フィアット500Xポップスター」
「フィアット500Xポップスター」
FCAジャパンのポンタス・ヘグストロム社長と「500X」。「デザインと価格設定が、従来からのフィアットのお客さま以外の方々にも訴求するだろう」と販売拡大への意欲を見せた。
FCAジャパンのポンタス・ヘグストロム社長と「500X」。「デザインと価格設定が、従来からのフィアットのお客さま以外の方々にも訴求するだろう」と販売拡大への意欲を見せた。

■1.4リッターガソリンエンジン搭載、FFと4WDを用意

フィアット500Xは、いわゆる“Bセグメント”に属するクロスオーバーSUV。フィアット500を名乗るが、プラットフォームは“Aセグメント”の500ではなく、同じFCAグループの小型SUV「ジープ・レネゲード」と共用しており、ボディーサイズも全長4250×全幅1795×全高1610mm(FFモデルの値)と、500に比べると大きい。

駆動方式はFFと4WDが用意される。エンジンはいずれも1.4リッター直4“マルチエア”ターボ(ガソリン)だが、FF用の出力とトルクが140psと23.5kgmであるのに対し、4WD用は170psおよび25.5kgmとより強力な設定になる。

また、FFでは6段AT(乾式デュアルクラッチのセミオートマチック)となるのに対して、4WDにはフィアットブランド初の9段AT(ZF社の9HP)が組み合わされる点が異なる。

グレード構成は、FFがベーシックな「ポップスター」(車両価格:286万2000円)と、前面衝突警報や車線逸脱警報などの先進安全装備などが充実した「ポップスタープラス」(同307万8000円)の2種で、4WD車「クロスプラス」(同334万8000円)の1種。JC08モード燃費はFF車が15.0km/リッターで、4WD車は13.1km/リッター。

FFのベースグレードは200万円台で、4WDも「国内の輸入車のうち四輪駆動のSUVモデルとして最も廉価」(FCAジャパン)という“戦略的な価格設定”とすることで、同社としては日本車からの乗り換えも促したい考え。FFと4WDの販売比率については、「4×2(FF)が6割、4×4(4WD)が4割ぐらいになるのではないか」(同社のポンタス・ヘグストロム社長)と見ている。

(webCG)

→新型「フィアット500X」発表会の画像はこちら

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500Xの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。