東京モーターショー2015

スバルWRX S4にインテリアにこだわった限定車【東京モーターショー2015】

2015.10.07 自動車ニュース
「スバルWRX S4 SporVita(スポルヴィータ)」
「スバルWRX S4 SporVita(スポルヴィータ)」

【東京モーターショー2015】「スバルWRX S4」にインテリアにこだわった限定車が登場

富士重工業は、「スバルWRX S4」の特別仕様車「SporVita(スポルヴィータ)」を、第44回東京モーターショー(開催期間:2015年10月28日~11月8日。一般公開は10月30日から)のプレスデイで正式発表する。発売は、同年11月18日の予定。

 
スバルWRX S4にインテリアにこだわった限定車【東京モーターショー2015】の画像
 
スバルWRX S4にインテリアにこだわった限定車【東京モーターショー2015】の画像
 
スバルWRX S4にインテリアにこだわった限定車【東京モーターショー2015】の画像
 
スバルWRX S4にインテリアにこだわった限定車【東京モーターショー2015】の画像

■シートにはイタリア製の本革を採用

「WRX S4 SporVita」は「WRX S4 2.0GT-S EyeSight」(245/40R18タイヤ装着車)をベースに、内外装に特別な仕立てを施した限定モデル。500台が限定販売される。車名の「SporVita」とはイタリア語の「Sportiva(スポーツ)」と「Vita(人生)」を組み合わせた造語で、鮮やかなタンレザーやトリムパターン、デザインステッチなどにより「欧州上級GTのような大人のスポーティ感」を実現しているという。

最大の特徴はシートにあり、前後席ともにイタリアの老舗革メーカー、Mario Levi(マリオレヴィ)製の専用本革表皮を採用。さらにステアリングホイールやシフトブーツ、コンソールアームレスト、ドアトリムアームレストにはタン加飾を、インストゥルメントパネルまわりやドアトリムスイッチパネルなどには艶黒加飾を施している。

また、エクステリアについても、ヘッドライトやホイール、ウィンドウエリア下端のモール、ドアミラー、ボディーサイドの「WRX」マーク、トランクガーニッシュをシルバーでコーディネート。ボディーカラーは「クリスタルホワイト・パール」「ダークグレー・メタリック」「クリスタルブラック・シリカ」「ピュアレッド」に、特別設定色の「ラピスブルー・パール」を加えた全5色を用意している。

なお、第44回東京モーターショー(開催期間:2015年10月28日~11月8日。一般公開は10月30日から)では、WRX S4 SporVitaに加え、同様のコンセプトのもとに製作された「レガシィB4 SporVita」も参考出品される。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

WRX S4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る