日産、クロスオーバーの新型キャシュカイを発表

2015.10.19 自動車ニュース
新型「日産キャシュカイ」
新型「日産キャシュカイ」

日産、クロスオーバーモデルの新型「キャシュカイ」を発表

日産自動車は2015年10月16日、中国の合弁会社である東風日産乗用車公司が、中国で新型「キャシュカイ」を発売したと発表した。

 
日産、クロスオーバーの新型キャシュカイを発表の画像

■日産が誇る最新装備がてんこ盛り

新型キャシュカイは、ルノー・日産アライアンスのコモン・モジュール・ファミリー(CMF)のプラットフォームをベースに開発されたクロスオーバーモデルであり、欧州では2013年に導入されている。

パワーユニットは2リッター直4直噴エンジンと1.2リッター直噴ターボエンジンの2種類で、トランスミッションには7段マニュアルモード付きのエクストロニックCVTを採用。アクティブライドコントロールやアクティブトレースコントロール、アクティブエンジンブレーキ、ダブルモード車速感応式パワーステアリング、インテリジェントパーキングアシストなどの先進技術を搭載している。

このほかにも、運転支援システムや安全装備として、自動ブレーキや踏み間違い衝突防止アシスト、アラウンドビューモニター、移動物検知機能、車線逸脱防止支援システム、後側方車両検知警報などを採用。ヨーロッパでデザインされたエクステリアは、VモーショングリルやブーメランシェイプのLEDヘッドランプなど、各所に近年の日産車に共通するデザインアイコンを取り入れている。

販売価格は13万9800人民元(約262万円)から。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。