第424回:1989年、伝説の第28回東京モーターショーを振り返る

2015.11.13 エッセイ

四半世紀以上前のショー

第44回東京モーターショーが2015年11月8日に閉幕した。11日間の入場者数は81万2500人で、前回2013年に比べ、1割減であった。

先日、写真を保存・整理していたら、昔の写真が偶然にも出てきた。26年前、1989年の第28回東京モーターショーのものだ。忘れもしない、ボクが東京で自動車雑誌『SUPER CG』の編集部で仕事を始めた年の東京ショーである。そして、初めて晴海から幕張メッセに会場を移して開催された年だった。

ショーの直前には、今では考えられないほど、さまざまなメーカーやカロッツェリアが独自に事前の発表会を用意した。外国企業は、日本の自動車メーカーのように各社間で発表会の日程を調整しないので、開催日のバッティングが起きた。
ボクが取材したピニンファリーナの事前発表会の日もそうだった。もうふたつ別のカロッツェリアとブランド(たしかひとつは、ワコールのスポーツカープロジェクト「ジオット・キャスピタ」だったと思う)が、お披露目会を催し、編集部内でどうやって手分けして取材するか悩んだものだった。

さて、幕張メッセで行われる初めてのモーターショーのプレスデイ当日がやってきた。ボクと、当時の上司であった高島鎮雄SUPER CG編集長は、JR中央線西国分寺駅から武蔵野線―京葉線というルートで海浜幕張駅へと向かった。
到着してみると、クルマでやってきたチームが「いやはや、大変だったよ」ともらす。聞けば、こういう日にかぎって高速道路上で事故があり、大渋滞が起きてしまったのだという。真偽のほどは定かでないが、事故を起こしてしまったのは某日本メーカーのスタッフであるという話だった。
報道関係者公開日の会場は、今日と比べ、いろいろな意味でピリピリしていた。ボクが一眼レフカメラの「ピピッ」という合焦音を消さずに使っていたら、脇にいた他社の見知らぬカメラマンから「うるせえ!」といきなり怒鳴られたものだ。

1989年、東京モーターショーの写真から。フェラーリのコンセプトカー「バルケッタMYTHOS(ミトス)」。
まだ開業3年目だった京葉線の海浜幕張駅をのぞむ。走っているのは、他線からのお下がりである103系電車と思われる。
ダイハツのコンセプトカー「ハイゼット ダンボ」。コンパニオンはどこか「部屋とYシャツと私」をヒットさせた歌手、平松愛理風である。

マツダの「AZ550スポーツ タイプB」(左)と同「タイプA」(右)。「オートザムAZ-1」の先駆けとなるものだった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。