スマート・フォーツー エディション1(RR/6AT)/フォーフォー パッション(RR/6AT)

ツーかフォーかそれが問題だ 2015.11.20 試乗記 新しい顔を得て、一段と立派に生まれ変わった新型「スマート・フォーツー」に試乗。オススメは、もはやふたりには十二分に広い室内を持つに至ったフォーツーなのか、それとも後席を備えて“reduce to the max”をやめた「フォーフォー」なのか。気になるのはそこではないだろうか。

フォーツーは限定モデルに

8年ぶり2度目のモデルチェンジを果たしたスマート。最大のニュースは、4人乗りのフォーフォーが復活し、それにより、日本ではフォーツーがカタログモデルではなくなったことである。今後、2人乗りのスマートは限定モデル扱いになる。

日本専用の軽登録モデルをそろえた初代では、2002年に年間6700台まで伸ばしたことがあったが、2007年導入の2代目ではそんな目玉もなく、ここ数年は年販1100~1400台にとどまっていた。需要がこの程度なら、限定モデルで対応していこうというのがメルセデス・ジャパンの新しいスマート戦略である。

2代目は三菱自動車との協業だったが、3代目スマートシリーズのパートナーはルノーである。プラットフォーム(車台)やパワーユニットを共同開発し、フォーフォーはスロベニアのルノー工場でつくられる。

これまでどおり、ドイツ国境に近いフランス、ハンバッハ工場からやってくる新型フォーツーの日本仕様第1弾は、その名も「エディション1」。装備レベルは同じだが、オレンジ(199万円)とブルー(204万円)の2種類があり、各220台の計440台が販売される。

新型「フォーツー」と「フォーフォー」(写真)は10月28日に同時にデビューした。ただしフォーフォーはまだ発売されておらず、2016年1月になる予定。


	新型「フォーツー」と「フォーフォー」(写真)は10月28日に同時にデビューした。ただしフォーフォーはまだ発売されておらず、2016年1月になる予定。
今回試乗したのは「フォーツー エディション1」のラバオレンジ仕様。今後もフォーツーは「スマートの個性をさらに強めた限定車」として年数回のペースで展開するという。
今回試乗したのは「フォーツー エディション1」のラバオレンジ仕様。今後もフォーツーは「スマートの個性をさらに強めた限定車」として年数回のペースで展開するという。
オレンジが大胆に用いられたラバオレンジ仕様のポップな室内。インパネやドアには楕円(だえん)形のモチーフが反復される。ステアリングホイールは本革巻き。
オレンジが大胆に用いられたラバオレンジ仕様のポップな室内。インパネやドアには楕円(だえん)形のモチーフが反復される。ステアリングホイールは本革巻き。
スマートのボディーの骨格をなす「トリディオンセーフティセル」。高張力鋼板と超高張力鋼板の使用割合が51%から72%に高められ、一段と強度が増した。
スマートのボディーの骨格をなす「トリディオンセーフティセル」。高張力鋼板と超高張力鋼板の使用割合が51%から72%に高められ、一段と強度が増した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーツーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る