メルセデス・ベンツC220dアバンギャルド(FR/9AT)

ベスト・オブ・Cクラス 2015.11.27 試乗記 「メルセデス・ベンツCクラス」のディーゼルエンジン搭載車「C220dアバンギャルド」に試乗。ディーゼル車のメリットといえば経済性や実用性……かと思いきや、それは軽快な走りも見せてくれる、趣味性の高いモデルだった。

9段ATに期待高まる

メルセデス・ベンツCクラスにディーゼルエンジン搭載モデルが追加された。ディーゼルエンジンに逆風が吹いているこのタイミングでの登場は不幸というほかないけれど、罪を悪(にく)んでディーゼルを悪まず。このディーゼル車に罪はない。

「BlueTEC(ブルーテック)」と呼ばれるメルセデス・ベンツのディーゼルエンジン浄化装置は、NOx(窒素酸化物)を減らすために尿素を使うのが特徴だ。まず、排出ガスに尿素水溶液を噴射して、熱反応でアンモニアを生成させる。その後、触媒コンバーターを通して、化学反応でNOxを窒素と水に分解する仕組みとなっている。

NOxを減らすにはもうひとつ、NOx吸蔵触媒を使う方法もある。ただし報道によれば、アメリカにおけるフォルクスワーゲンのディーゼル不正プログラムは、尿素水溶液を使うタイプとNOx吸蔵触媒を使うタイプの両方で確認されているという。したがって「尿素を使うタイプだから大丈夫」と言うことはできない。触媒のタイプではなく、あくまでプログラムの問題だ。

という前提をおさらいしてから、メルセデス・ベンツC200dアバンギャルドと対面する。外観は、エンブレム以外はガソリン仕様とまったく同じ。インテリアも変わらない。つまり、少しクラシカルでエレガントな外観に、モダンでスタイリッシュなインテリアを組み合わせている。

見た目は変わらないけれど、ディーゼルエンジンだけでなくトランスミッションも新しくなっている点は注目だ。Cクラスに初めて9段ATが搭載されたのだ。ちなみにこの2.1リッターのディーゼルターボエンジンはすでにメルセデスの「Eクラス」に搭載されているけれど、Eクラスの場合は7段ATとの組み合わせとなる。

現行のメルセデス・ベンツCクラスに対しては、若鮎(わかあゆ)のようにぴちぴちと走るモデルだという印象を持っていた。エンジンのピックアップは軽やかで、コーナーはしなやかな身のこなしでクリアする。そんなCクラスに、トルキーなディーゼルエンジンと9段ATを組み合わせるとどんなフィーリングになるのか、興味津々で試乗した。

「Cクラス」のディーゼルモデル「C220dアバンギャルド」。日本では2015年10月に発売された。
「Cクラス」のディーゼルモデル「C220dアバンギャルド」。日本では2015年10月に発売された。
「C220dアバンギャルド」のサイドビュー。伸びやかなボンネットや、後方へと寄せられたキャビンが特徴的。
「C220dアバンギャルド」のサイドビュー。伸びやかなボンネットや、後方へと寄せられたキャビンが特徴的。
セットオプション「レザーエクスクルーシブパッケージ」を選択したテスト車のシートは、本革仕様。前席(写真)にはシートヒーターが備わる。
セットオプション「レザーエクスクルーシブパッケージ」を選択したテスト車のシートは、本革仕様。前席(写真)にはシートヒーターが備わる。
センターコンソールに備わる「COMANDシステム」のスイッチ。インフォテインメントシステムを直感的に操作できるよう、タッチパッド(上段)やダイヤル(下段)が組み合わされている。
センターコンソールに備わる「COMANDシステム」のスイッチ。インフォテインメントシステムを直感的に操作できるよう、タッチパッド(上段)やダイヤル(下段)が組み合わされている。
「C220dアバンギャルド」には、写真の5スポーク17インチアルミホイールが与えられる。別途オプションとして、18インチの「AMG 5スポークアルミホイール」も用意される。
「C220dアバンギャルド」には、写真の5スポーク17インチアルミホイールが与えられる。別途オプションとして、18インチの「AMG 5スポークアルミホイール」も用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る