ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)

SUV界きってのピュアスポーツカー 2015.12.23 試乗記 「ポルシェ・マカン」のラインナップに新たに加わった、スポーティーグレード「マカンGTS」に試乗。「マカンS」をベースに、よりパワフルなエンジンと鍛え上げられた足まわりが与えられたGTSの走りは、ポルシェが主張するとおり“SUVのピュアスポーツカー”と呼べるものだった。

SUVが売れるとスポーツカーが進化する

つい先だってポルシェから、「2015年の世界販売台数が、史上初めて20万台を達成」というニュースが発表された。より正確に記せば、年末までまだ1カ月を残した1月から11月の段階で、すでに21万台近くを販売。それは、2014年の年間販売台数の19万台弱を大きく超え、前年同期間比では約24%増しに相当するという。

まさに“わが世の春”と言うべき状況だが、実はそうした記録に最も貢献しているのは「カイエン」だという。

前述の11カ月間に売れたカイエンの台数は6万8000台強で、すなわち全ポルシェ車中の3割以上がこのモデル。ここに、弟分であるマカンのデータも加えれば、軽く過半の台数がいわゆるSUVで占められていることは想像に難くない。

“生粋のスポーツカーメーカー”として世界に知られるポルシェ社。が、今やその実態はこういうことになっているのだ。

もっとも、だからといってこのブランドのスポーツカーこそを愛す、という人も、落胆の必要はない。

なぜならば、「数ある中から自社のSUVが支持されるのは、それが優れたスポーツカーメーカーの作品だからこそ」というのが、ポルシェ自らの考え方。それゆえ、手にした利益の大きな割合を割いてまずはスポーツカーの進化を図り、そこで得られた技術やイメージを、その他のモデルにフィードバックさせる、というサイクルが、彼らの戦略にほかならないからだ。

すなわち、言い換えれば「SUVが売れるほどにスポーツカーが進化を遂げる」と、そうも表現ができそう。いささか極端な見方かもしれないが、しかし、あながち“丸はずれ”でもないはずだ。

「マカンS」と「マカン ターボ」の間に位置付けられる「マカンGTS」。2015年の東京モーターショーで世界初公開され、日本では11月から販売予約を受け付けている。


	「マカンS」と「マカン ターボ」の間に位置付けられる「マカンGTS」。2015年の東京モーターショーで世界初公開され、日本では11月から販売予約を受け付けている。
アルカンターラがふんだんに用いられた「マカンGTS」の室内。シートやインテリアトリムに標準で用いられるほか、試乗車ではルーフライニングもアルカンターラ張り(欧州仕様ではオプション)となっていた。
アルカンターラがふんだんに用いられた「マカンGTS」の室内。シートやインテリアトリムに標準で用いられるほか、試乗車ではルーフライニングもアルカンターラ張り(欧州仕様ではオプション)となっていた。
「マカンGTS」の3リッターV6ツインターボエンジン(360ps、51.0kgm)。「マカンS」のエンジンをベースとし、排気量はそのままに20psと4.1kgm強化している。
「マカンGTS」の3リッターV6ツインターボエンジン(360ps、51.0kgm)。「マカンS」のエンジンをベースとし、排気量はそのままに20psと4.1kgm強化している。
ボディーの随所をブラックフィニッシュとすることで、ポルシェの他モデルの「GTS」グレードと共通するイメージを得ている。
ボディーの随所をブラックフィニッシュとすることで、ポルシェの他モデルの「GTS」グレードと共通するイメージを得ている。
関連記事
  • ポルシェ・マカン 2016.4.28 A Life with PORSCHE MACAN<PR> ポルシェのコンパクトSUV「マカン」。手ごろなボディーサイズで人気だが、2リッター直4ターボエンジンを搭載するエントリーグレードは639万円という比較的リーズナブルな価格も魅力だ。あらためて同モデルに試乗することで、その価値について考えてみた。
  • ポルシェ・マカン ターボ(4WD/7AT)【試乗記】 2015.5.14 試乗記 3.6リッターV6ツインターボエンジンを搭載する「ポルシェ・マカン」の最上級グレード「マカン ターボ」に試乗。400psのパワーとポルシェ自慢の制御デバイスが織りなす走りを試す。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
ホームへ戻る