ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)

SUV界きってのピュアスポーツカー 2015.12.23 試乗記 「ポルシェ・マカン」のラインナップに新たに加わった、スポーティーグレード「マカンGTS」に試乗。「マカンS」をベースに、よりパワフルなエンジンと鍛え上げられた足まわりが与えられたGTSの走りは、ポルシェが主張するとおり“SUVのピュアスポーツカー”と呼べるものだった。

SUVが売れるとスポーツカーが進化する

つい先だってポルシェから、「2015年の世界販売台数が、史上初めて20万台を達成」というニュースが発表された。より正確に記せば、年末までまだ1カ月を残した1月から11月の段階で、すでに21万台近くを販売。それは、2014年の年間販売台数の19万台弱を大きく超え、前年同期間比では約24%増しに相当するという。

まさに“わが世の春”と言うべき状況だが、実はそうした記録に最も貢献しているのは「カイエン」だという。

前述の11カ月間に売れたカイエンの台数は6万8000台強で、すなわち全ポルシェ車中の3割以上がこのモデル。ここに、弟分であるマカンのデータも加えれば、軽く過半の台数がいわゆるSUVで占められていることは想像に難くない。

“生粋のスポーツカーメーカー”として世界に知られるポルシェ社。が、今やその実態はこういうことになっているのだ。

もっとも、だからといってこのブランドのスポーツカーこそを愛す、という人も、落胆の必要はない。

なぜならば、「数ある中から自社のSUVが支持されるのは、それが優れたスポーツカーメーカーの作品だからこそ」というのが、ポルシェ自らの考え方。それゆえ、手にした利益の大きな割合を割いてまずはスポーツカーの進化を図り、そこで得られた技術やイメージを、その他のモデルにフィードバックさせる、というサイクルが、彼らの戦略にほかならないからだ。

すなわち、言い換えれば「SUVが売れるほどにスポーツカーが進化を遂げる」と、そうも表現ができそう。いささか極端な見方かもしれないが、しかし、あながち“丸はずれ”でもないはずだ。

「マカンS」と「マカン ターボ」の間に位置付けられる「マカンGTS」。2015年の東京モーターショーで世界初公開され、日本では11月から販売予約を受け付けている。


	「マカンS」と「マカン ターボ」の間に位置付けられる「マカンGTS」。2015年の東京モーターショーで世界初公開され、日本では11月から販売予約を受け付けている。
アルカンターラがふんだんに用いられた「マカンGTS」の室内。シートやインテリアトリムに標準で用いられるほか、試乗車ではルーフライニングもアルカンターラ張り(欧州仕様ではオプション)となっていた。
アルカンターラがふんだんに用いられた「マカンGTS」の室内。シートやインテリアトリムに標準で用いられるほか、試乗車ではルーフライニングもアルカンターラ張り(欧州仕様ではオプション)となっていた。
「マカンGTS」の3リッターV6ツインターボエンジン(360ps、51.0kgm)。「マカンS」のエンジンをベースとし、排気量はそのままに20psと4.1kgm強化している。
「マカンGTS」の3リッターV6ツインターボエンジン(360ps、51.0kgm)。「マカンS」のエンジンをベースとし、排気量はそのままに20psと4.1kgm強化している。
ボディーの随所をブラックフィニッシュとすることで、ポルシェの他モデルの「GTS」グレードと共通するイメージを得ている。
ボディーの随所をブラックフィニッシュとすることで、ポルシェの他モデルの「GTS」グレードと共通するイメージを得ている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マカンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る