第2回:「ちょい乗りが楽」というのは大事なことである
フォーカス散歩~明治神宮外苑編

2016.01.06 フォード・フォーカス日常劇場<PR>

まだ松の内なので、都内の道ものんびりしている。ちょっとそこまでのつもりだったが、気がついたら「フォーカス」で明治神宮外苑まで来てしまった。

トルクもあるしレスポンスもいい

フォーカスは街なか散歩がとても楽なクルマである。1.5リッターエコブーストエンジンは低速トルクが分厚く、スロットルレスポンスもいい。そのおかげで、ちょこっとした加減速がテンポよくこなせる。だから、運転していて心地いい。

新たに備わったシフトパドルも快適。従来型のフォーカスに備わっていた“サムスイッチ”(シフトセレクターノブの側面に設置されていて、親指で操作するようになっていた)も面白い試みではあった。でも、街なかで乗るならやっぱりパドルは使いやすい。……というわけで、明治神宮外苑で記念撮影。フォーカス散歩、次はどこに行こうか?

(webCG 竹下)

 

第1回:ウェルカム2016! 九十九里浜でご来光に浴す
第3回:どこか日本車っぽさもある 最新フォーカスの意外な(?)一面

 

エコブーストエンジンは緩急自在。トルコン式のセレクトシフト6段ATとの相性よし。
エコブーストエンジンは緩急自在。トルコン式のセレクトシフト6段ATとの相性よし。
いちょう並木で記念撮影。
いちょう並木で記念撮影。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その27) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フォードのブースを画像で紹介する。
  • フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.28 試乗記 欧州フォードのベストセラーモデルである「フィエスタ」が、いよいよ日本に上陸。注目の「1リッターEcoBoost」エンジンを搭載する新型は、どんな走りを見せるのか? 
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ(6人乗り)(FF/6AT)【試乗記】 2018.2.15 試乗記 マツダが新たに開発した3列シートのSUV「CX-8」は、ミニバンに代わる選択肢になり得るか? ドライバーとその家族の目線で試乗してみると、このクルマならではの持ち味が見えてきた。
  • 前編:新型「メガーヌGT」で駆ける 2018.1.31 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> ルノーのスポーツモデルには、同社のモータースポーツ活動を担うルノー・スポールの知見と技術が生かされている。その醍醐味(だいごみ)を、まずは新型「メガーヌGT」の走りを通して堪能した。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.1.25 試乗記 スズキの新型車「クロスビー」がデビュー。ワゴンとSUVのクロスオーバーとうたわれるニューモデルとはいえ、第一印象はどう見てもデカい「ハスラー」だが……。試乗を通じて見えてきた“兄貴”ならではの魅力を報告する。
ホームへ戻る