第2回:「ちょい乗りが楽」というのは大事なことである
フォーカス散歩~明治神宮外苑編

2016.01.06 フォード・フォーカス日常劇場<PR>

まだ松の内なので、都内の道ものんびりしている。ちょっとそこまでのつもりだったが、気がついたら「フォーカス」で明治神宮外苑まで来てしまった。

トルクもあるしレスポンスもいい

フォーカスは街なか散歩がとても楽なクルマである。1.5リッターエコブーストエンジンは低速トルクが分厚く、スロットルレスポンスもいい。そのおかげで、ちょこっとした加減速がテンポよくこなせる。だから、運転していて心地いい。

新たに備わったシフトパドルも快適。従来型のフォーカスに備わっていた“サムスイッチ”(シフトセレクターノブの側面に設置されていて、親指で操作するようになっていた)も面白い試みではあった。でも、街なかで乗るならやっぱりパドルは使いやすい。……というわけで、明治神宮外苑で記念撮影。フォーカス散歩、次はどこに行こうか?

(webCG 竹下)

 

第1回:ウェルカム2016! 九十九里浜でご来光に浴す
第3回:どこか日本車っぽさもある 最新フォーカスの意外な(?)一面

 

エコブーストエンジンは緩急自在。トルコン式のセレクトシフト6段ATとの相性よし。
エコブーストエンジンは緩急自在。トルコン式のセレクトシフト6段ATとの相性よし。 拡大
いちょう並木で記念撮影。
いちょう並木で記念撮影。 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.28 試乗記 欧州フォードのベストセラーモデルである「フィエスタ」が、いよいよ日本に上陸。注目の「1リッターEcoBoost」エンジンを搭載する新型は、どんな走りを見せるのか? 
  • フォード・フィエスタST(FF/5MT)【試乗記】 2008.1.9 試乗記 フォード・フィエスタST(FF/5MT)
    ……249万円(車両本体価格)

    「フォード・フィエスタST」は名門「フォード・チームRS」が送り出すコンパクトホットハッチ。その中身の濃さは諸元だけでは到底分からないものだった。

    『CAR GRAPHIC』2007年10月号から転載。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その27) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フォードのブースを画像で紹介する。
  • フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost(FF/6AT)【試乗記】 2014.1.9 試乗記 ひさびさに日本の道を走ることになった、フォードのコンパクトカー「フィエスタ」。新型の見どころは? クルマしての仕上がりは? ワインディングロードでチェックした。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
ホームへ戻る