第1回:ウェルカム2016!
九十九里浜でご来光に浴す

2016.01.01 フォード・フォーカス日常劇場<PR>

「フォード・フォーカス」とともに過ごす『webCG』編集部の日常をつづる連載企画「フォーカス日常劇場」。記念すべき第1回は、九十九里浜のご来光をお届けします!

海から昇る初日の出を拝みたい

いよいよ始まりました「フォーカス日常劇場」。せっかく2016年の幕開けとともにスタートする連載ですから、縁起のいい場所から始めたいですよね。

そんなわけで、記念すべき第1回は千葉県・九十九里浜の片貝中央海岸からお届けいたします。なんで九十九里浜かというと、連載スタートのめでたい回を、海から上る初日の出で飾りたいと思い立ったから。まあ、千葉で初日の出のメッカというと銚子の犬吠崎もあるのですが、混雑でえらいことになるので却下(経験済み)。それに、片貝では毎年元旦祭が催されるので、それも目的のひとつでした。

市川ICから京葉道路に乗ったら、早速アダプティブ・クルーズコントロールをセット。その名の通り前走車追従機能付きなので、これがまあ楽ちんなこと! 昔、マイカーで九十九里に遊びに行っていたころはそれだけで大冒険だったのに、今では疲れ知らずですね。片道65kmの道のりはあっという間。文明の力ってスバラシイ……。

途中、「九十九里有料道路 真亀-片貝間通行止め」というトラブルに顔色を失いつつも、かつての記憶を駆使してどうにか片貝中央海岸に到着。たき火で暖を取りつつ、無料で振る舞われるイワシの丸干しやら名物の「魚魚餃子」(「ととぎょうざ」と読むらしいです)やらをむさぼって待つこと小一時間。東から浜を照らすありがたいご来光に、『webCG』メンバーと読者諸兄姉のご多幸&無病息災を願って手を合わせたら、今年最初の任務完了。元日名物の予測不能な渋滞を潜り抜け、恵比寿の編集部に舞い戻り、ただいまこうして原稿を執筆しているところです。

皆さま、あけましておめでとうございます。
今年も一年、webCGをどうぞよろしくお願いいたします。
 

(webCG ほった)
 

第2回:「ちょい乗りが楽」というのは大事なことである フォーカス散歩~明治神宮外苑編

千葉県は九十九里浜にて、ご来光を浴びるフォード・フォーカス号。
千葉県は九十九里浜にて、ご来光を浴びるフォード・フォーカス号。
片貝中央海岸から見た初日の出。残念ながら雲の上からの日の出となってしまった。お祭りの司会者いわく、「水平線からの初日の出を拝めたのは、ここ20年で5度くらい」とのこと。うーん、残念。
片貝中央海岸から見た初日の出。残念ながら雲の上からの日の出となってしまった。お祭りの司会者いわく、「水平線からの初日の出を拝めたのは、ここ20年で5度くらい」とのこと。うーん、残念。
片手撮影なので画質はご容赦を! こちらは無料配布されていた「魚魚(とと)餃子」といわしの丸干し。美味でした。
片手撮影なので画質はご容赦を! こちらは無料配布されていた「魚魚(とと)餃子」といわしの丸干し。美味でした。
ありがたいご来光に、オレンジに染まるフォーカス号のリアエンブレム。

この日のオドメーター:5298km
ありがたいご来光に、オレンジに染まるフォーカス号のリアエンブレム。
	
	この日のオドメーター:5298km
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • 第10回:「フィエスタ日常劇場」にする?
    日常劇場番外編~フィエスタに一週間乗ってみて
    2016.2.3 フォード・フォーカス日常劇場<PR> ちょい乗りのつもりが、結局「フォード・フィエスタ1.0エコブースト スポーツアピアランス」と一週間も過ごしてしまった。小さなボディーならではの、街中での取り回しの良さや小気味いい走りに、すっかり夢中になってしまったからである。
  • 第8回:フィエスタってどんなクルマ?
    日常劇場番外編~弟分にちょい乗りしてみた
    2016.1.29 フォード・フォーカス日常劇場<PR> そのクルマを深く知りたければ、あえてちょっと離れてみるのも手であろう。というわけで、今回はいきなりの番外編。弟分の「フィエスタ」に乗ってみた。実はフォーカスに乗るようになってから、ずっとこのクルマのことが気になっていたのだ。
  • フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.28 試乗記 欧州フォードのベストセラーモデルである「フィエスタ」が、いよいよ日本に上陸。注目の「1リッターEcoBoost」エンジンを搭載する新型は、どんな走りを見せるのか? 
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
ホームへ戻る