第7回:フォーカスの実用燃費は?
まずは12.4km/リッターを記録

2016.01.23 フォード・フォーカス日常劇場<PR>

実用燃費はエコブーストエンジンの気になる性能のひとつだろう。webCGに来てから約3週間、約1200km走って得た記録は12.4km/リッターだった。

燃費はクルマの履歴書である

ガソリンが安い。経産省の資源エネルギー庁の発表(2016年1月20日)によれば、レギュラーガソリン1リッター当たりの全国平均小売価格は117円20銭とのことだ。

フォーカスの指定ガソリンであるハイオクだって安い。先日、行きつけのスタンドで給油したら、会員価格でリッター116円だった。

そんな中、1.5リッターのエコブーストエンジンを搭載したフォーカスの、実用燃費が見えてきたのでお知らせしたい。webCG編集部に来てから約3週間で1270.3kmを後にして、102.2リッターのガソリンを消費した。つまり結果は12.4km/リッター。ちなみにカタログ値(JC08モード)は14.3km/リッターである。

この数字を聞いてどう思っただろうか? 案外普通だな、と思った人も少なくないのでは? かくいう筆者は、ストップ・アンド・ゴーが連続する都内走行がわりと多くてこれだけいくなら、なかなかいいじゃないかと感じている。

かつて、筆者は自動車雑誌の仕事で「フォルクスワーゲン・ゴルフGT TSI」(1.4リッターのツインチャージャーエンジン搭載)の長期試乗テストを任されたことがある。170psに24.5kgmと、エンジンのスペックがフォーカスに似ているクルマだったが、やはりこちらも都内での走行がメインで、10.4km/リッターという数値を残した。

また、1.4リッターシングルターボの「ゴルフTSIトレンドライン」も担当していたことがあるが、こちらは13.0km/リッターまで伸びた。

もっとも、比較相手が2世代前のゴルフでは、あまり参考にならないけれども……。

燃費はクルマの履歴書。フォーカスの燃費については、これからも機会あるごとに報告していきたい。

(webCG 竹下)

第6回:冬晴れの東京をプチドライブ 神宮外苑でNY発のハンバーガーを食す
第8回:「フィエスタ」ってどんなクルマ? 日常劇場番外編~弟分にちょい乗りしてみた

「フォーカス」の指定燃料はハイオクガソリン。燃料タンク容量は55リッター。
「フォーカス」の指定燃料はハイオクガソリン。燃料タンク容量は55リッター。
最近、本当に燃料が安い。レギュラーガソリンは100円台半ばは珍しくない。軽油にいたっては90円を切りそうだ。
最近、本当に燃料が安い。レギュラーガソリンは100円台半ばは珍しくない。軽油にいたっては90円を切りそうだ。
「フォーカス」のフューエルリッドは車体の右後ろにある。キャップがなく、給油ノズルを直接差し込むタイプである。
「フォーカス」のフューエルリッドは車体の右後ろにある。キャップがなく、給油ノズルを直接差し込むタイプである。
「フォーカス」の燃費については、だいたい1000kmごとに報告していく予定。
「フォーカス」の燃費については、だいたい1000kmごとに報告していく予定。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーカスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「フォード・フォーカス日常劇場<PR>」の過去記事リストへ
関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その27) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フォードのブースを画像で紹介する。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • プジョーの7人乗りSUV「5008」 今秋日本導入へ 2017.4.10 自動車ニュース プジョーが3列7人乗りのミドルサイズSUVである、新型「5008」を日本に導入すると発表した。ラインナップはガソリン車の「アリュール」とディーゼル車の「GT BlueHDi」の2種類で、導入時期は2017年秋とされている。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • ニュルブルクリンクを走る新型「ホンダ・シビック タイプR」を写真で紹介 2017.4.24 画像・写真 ホンダが、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで、新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。同コースを走るシビック タイプRの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る