第8回:フィエスタってどんなクルマ?
日常劇場番外編~弟分にちょい乗りしてみた

2016.01.29 特集

そのクルマを深く知りたければ、あえてちょっと離れてみるのも手であろう。というわけで、今回はいきなりの番外編。弟分の「フィエスタ」に乗ってみた。実はフォーカスに乗るようになってから、ずっとこのクルマのことが気になっていたのだ。

なるほど兄弟だ

何が気になっていたかというと、まずエンジンである。フィエスタには直列3気筒エンジンが搭載されている。排気量はエコブーストファミリーで一番小さな1リッターだが、これが本当に“ブースト”の名に恥じない頼もしい走りをするのか興味があったのだ。

するとどうだ、動き出した瞬間からグイッと意外なほど力強いターボトルクを発揮して、1160kgの車体をグイグイ走らせるじゃないか!

街なかでの小気味よさでは、明らかにフォーカスより上である。フォーカスの足どりを「スッスッ」と表現するなら、フィエスタは「パキパキ」ぐらいテンポがいい。

なるほど、同じフォードのクルマだけあって血は争えないというか、走りの楽しさはよく似ている。面白いものである。

ところで、この原稿の取材をしているとき、フォードが日本市場から撤退するというニュースが突然、飛び込んできた。しかし、この連載は当初の予定どおり、2016年3月まで続ける予定だ。みなさん、「フォーカス日常劇場」を引き続きよろしくお願いいたします。

(webCG 竹下)

第7回:フォーカスの実用燃費は? まずは12.4km/リッターを記録
第9回:付いててよかった! フォーカスの“ぶつからない装備”

 

今回の主役は「フィエスタ」。ハニカムデザインの専用アッパー&ロアーグリルやフォグランプベゼルなどを装着した特別仕様車「フィエスタ1.0エコブースト スポーツアピアランス」である。
今回の主役は「フィエスタ」。ハニカムデザインの専用アッパー&ロアーグリルやフォグランプベゼルなどを装着した特別仕様車「フィエスタ1.0エコブースト スポーツアピアランス」である。
ちょっと前後方向に詰まった造形ではあるけれど、横から見ても兄貴分によく似ている。
ちょっと前後方向に詰まった造形ではあるけれど、横から見ても兄貴分によく似ている。
ボディーカラーは「ブルーキャンディメタリック」。ポップな色合いはコンパクトな「フィエスタ」にお似合い。
ボディーカラーは「ブルーキャンディメタリック」。ポップな色合いはコンパクトな「フィエスタ」にお似合い。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーカスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「フォード・フォーカス日常劇場<PR>」の過去記事リストへ
関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.24 試乗記 ビッグマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。より精悍(せいかん)な顔つきと、高効率な1.5リッターターボエンジンを得た最新型、その実力やいかに?
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る