第1回:事故の発生率が約6割も減少
アイサイト搭載車は最高ランク JNCAP予防安全性能評価の成果とこれから

クルマとともに進化する“安全”の指標 2016.02.25 特集 スバルが独自開発した運転支援システム「アイサイト」。このシステムを搭載するすべてのモデルが、予防安全性能アセスメントで最高ランクの評価「ASV+」を獲得し、話題を集めている。予防安全装備の性能をはかるこの評価制度では、どのような試験が行われているのか。自動車事故対策機構(NASVA)の担当者に話を聞いた。

2014年からJNCAPに追加されたテスト項目

スタイリング、エンジンパワー、乗り心地、ブランドなど、クルマ選びの判断基準となる要素はいろいろある。最近そこに新たな項目が加わった。自動ブレーキに代表される予防安全性能だ。ユーザーの関心は高く、ディーラーでは自動ブレーキが装備されているかという質問が増えていると聞く。

どのメーカーも安全性を強調するが、ユーザーがそれぞれの優劣を比較するのは不可能だ。店頭で実車を見ても性能の詳細はわからないし、試乗してみたところで試すわけにはいかない。だから、第三者機関がテストする必要がある。日本では国土交通省と独立行政法人の自動車事故対策機構(NASVA)が評価を行い、結果を公表している。試験の内容や基準について、NASVA自動車アセスメント部長の大森隆弘氏に話をうかがった。

「NASVAは自動車事故対策の専門機関で、事故被害者の支援、事故防止のための安全指導、安全情報を提供するアセスメントという3つの業務があります。療護施設の運営も行っていて、事故被害者を支えるのは重要な役割ですね。ただ、究極的には被害者をゼロにするのが理想ですから、安全性能を評価する意義は大きいんです。JNCAPと呼ばれる自動車アセスメントは、1995年に始まっています。衝突試験を行い、乗員保護性能評価や歩行者保護性能評価を実施してきました。2014年からは、それに加えて予防安全性能評価を行っています」

スバルのアイサイトが知られるようになり、3、4年前から急速に自動ブレーキに対する関心が高まっていった。国産車、輸入車を問わず多くのメーカーが予防安全の装備に力を入れるようになり、JNCAPにも新たなテスト項目が追加されることになったわけだ。

「被害軽減ブレーキの試験では、試験車を20km/hから60km/hまで5km/h刻みのスピードで模擬車両に接近させ、ブレーキの作動状況を確認。模擬車両が静止している場合と20km/hで走行している場合の2つのケースで行い、32点満点で評価します」

■「スバル・フォレスター」の被害軽減ブレーキ試験の様子

→スバルの安全技術を紹介する「New SUBARU SAFETY」はこちら。

第2回:事故の発生率が約6割も減少 「スバル・フォレスター」でアイサイトの実力を試す

2014年度「JNCAPファイブスター賞」の表彰式の会場において、予防安全装備について紹介するコーナーに展示された「スバル・レヴォーグ」。
「JNCAP」とは「Japan New Car Assessment Program」の略称。国土交通省と自動車事故対策機構が、現在市販されている乗用車の安全性能をさまざまな試験を通して評価し、その結果を公開している。
JNCAPでは自動車に加え、チャイルドシートの安全性能を評価する「チャイルドシートアセスメント」も実施している。
<プロフィール>

独立行政法人自動車事故対策機構
企画部長
自動車アセスメント部長

大森 隆弘(おおもり たかひろ)さん

1995年に運輸省に入省し、2001年に国土交通省に移行。一貫して自動車安全関連の業務に携わり、運送事業の安全指導や技術開発の支援に関わる。国土交通省中部運輸局自動車技術安全部長を経て、2015年7月から現職。
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。