第2回:事故の発生率が約6割も減少
「スバル・フォレスター」でアイサイトの実力を試す

「安心と愉しさ」の両立を支えるもの 2016.02.29 特集 交通事故総合分析センター(ITARDA)のデータをもとにしたスバルの調査によると、アイサイト(ver.2)装着車はアイサイト非装着車に比べ、約6割も事故の発生率が低いという。最新の「アイサイト(ver.3)」を装備した「フォレスター2.0i-L EyeSight」に乗り、その実力を体感してきた。

“人の目”に着想を得たセンサー技術

フォレスターは、1997年に誕生したクロスオーバーSUVだ。現行はその4世代目となる。昨年マイナーチェンジを受け、静粛性や乗り心地がいっそう改善されて、上質な趣を持つクロスオーバーSUVへと進化を遂げている。
このフォレスターの走りを、スバル宣言で掲げられる「安心と愉しさ」という言葉に照らし合わせれば、アイサイトこそ安心を支える要だ。

アイサイトの特徴は、1999年に市販された前身の「ADA(Active Driving Assist)」の時代から、2つのカメラ(ステレオカメラ)を使って情報を入手することにある。当時の開発者は、「人間が目からの情報収集に9割近くを頼っていることから、映像を使って周辺状況を認識する装置をやろうと考えた」と、その発端を私に語った。

■スバルの予防安全[プリクラッシュセイフティ]| New SUBARU SAFETY

2008年にアイサイトとなって以降、世代を重ね、その最新仕様が今回試したアイサイト(ver.3)だ。技術的に前進した点は、ステレオカメラが刷新され、視野角と視認距離が約40%拡大、さらにカラー画像化されたことだ。
それによってブレーキランプの認識などが可能になったほか、逆光など環境条件の悪化における作動安定性も向上しているという。またこの世代からの新機能として、ステアリング操作のアシスト機能や、ATの操作ミスによる誤後進の抑制制御などが追加されている。

では、一つひとつ具体的にアイサイト(ver.3)の作動を体感してみよう。

→スバルの安全技術を紹介する「New SUBARU SAFETY」はこちら。

→第1回:アイサイト搭載車は最高ランク JNCAP予防安全性能評価の成果とこれから

 

「フォレスター」は1997年に誕生したスバルのクロスオーバーSUV。現行モデルは2012年に登場した4代目にあたり、2015年10月の大幅改良で、最新世代の「アイサイト(ver.3)」が採用された。
「フォレスター」は1997年に誕生したスバルのクロスオーバーSUV。現行モデルは2012年に登場した4代目にあたり、2015年10月の大幅改良で、最新世代の「アイサイト(ver.3)」が採用された。
「アイサイト」の前身となる運転支援システム「ADA」。ステレオカメラに加え、一時はミリ波レーダーもセンサーに用いられていた。
「アイサイト」の前身となる運転支援システム「ADA」。ステレオカメラに加え、一時はミリ波レーダーもセンサーに用いられていた。
第3世代に進化した今日の「アイサイト」。従来のシステムより、カメラの視野角と視認距離をともに40%拡大したほか、これまでモノクロだった映像をカラー化することで、情報の解析能力を高めている。
第3世代に進化した今日の「アイサイト」。従来のシステムより、カメラの視野角と視認距離をともに40%拡大したほか、これまでモノクロだった映像をカラー化することで、情報の解析能力を高めている。
<プロフィール>
御堀直嗣(みほり なおつぐ)

1955年東京生まれ。玉川大学工学部を卒業後、1978年より国内のフォーミュラレースに参戦。1994年にフリーランスのジャーナリストとして活動を開始した。
 
<プロフィール>
	御堀直嗣(みほり なおつぐ)
	1955年東京生まれ。玉川大学工学部を卒業後、1978年より国内のフォーミュラレースに参戦。1994年にフリーランスのジャーナリストとして活動を開始した。
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォレスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る