ホンダが新たな価値創造に向けた取り組みを発表

2016.02.24 自動車ニュース
記者会見に臨む、本田技研工業の八郷隆弘代表取締役社長。
記者会見に臨む、本田技研工業の八郷隆弘代表取締役社長。

ホンダが新たな価値の創造に向けた取り組みを発表

本田技研工業は2016年2月24日、東京・青山の本社で記者会見を開き、今後予定している事業改革の内容を発表した。

記者会見のスライドから。特定の国と地域で販売される“地域専用車”の代表例。
記者会見のスライドから。特定の国と地域で販売される“地域専用車”の代表例。
グローバルに展開される商品群。「フィット」「アコード」「CR-V」など。
グローバルに展開される商品群。「フィット」「アコード」「CR-V」など。
新型「シビック」。日本市場にも2年以内に導入される予定。
新型「シビック」。日本市場にも2年以内に導入される予定。

今回会見に臨んだのは、同社の八郷隆弘代表取締役社長。「グローバル6極体制の進化」「Hondaらしいチャレンジングな商品の開発」という2つのテーマを掲げつつ、四輪製品を中心とした企業体質のさらなる強化に向けて、今後、抜本的な事業改革に取り組むという。具体的な内容は、以下の通り。

(1)地域専用車とグローバルモデル

地域専用車として、北米市場向けの「パイロット」や、アジア市場向けの「ブリオ」シリーズを生産。一方、グローバルモデルについては、新開発プラットフォームとダウンサイジングターボエンジンを採用した次期「CR-V」や「アコード」を発売。2015年11月に北米で発表した新型「シビック」は、2年以内に日本市場にも投入する。

(2)モデル開発と組織体制の変更

1車種を一貫したコンセプトのもとで開発できる、組織的な体制を確立する。具体的には、商品開発領域の責任者、完成車一台としての評価を一貫して行う責任者、グローバルでホンダとアキュラのデザインクリエーションをそれぞれ統括する責任者を配置。ホンダの個性をより際立たせることを目指す。
生産、購買、品質、サービス、営業の各領域においても、役割責任をより明確にするとともに、シンプルに素早く意思決定ができる組織体制への変化を図る。

(3)ホンダらしい魅力ある商品作り

ホンダらしい商品を作るために、あらためて「商品コンセプト」に、より強く軸足を置くとともに、ホンダのDNAである“デザイン”と“走り”をさらに進化させる。
これまでのプラットフォームという概念を超えて、車両の電動化を強く意識した新たなクルマ作りに取り組む。

北米向けの「アコードハイブリッド」や「シビック」は、日本で生産し輸出する見通し。
北米向けの「アコードハイブリッド」や「シビック」は、日本で生産し輸出する見通し。

(4)グローバルでの四輪生産体制の強化

欧州は「次期『シビック ハッチバック』を北米などにグローバル供給する拠点」に、日本は「地域の需給バランスに応じて柔軟に他地域の生産・供給をサポートできる拠点」にするなど、グローバルモデルを生かした生産補完を行う。
また、中国における新型SUVや、日本で2016年内にフルモデルチェンジを予定する「フリード」など、地域ニーズに応える車種の各地域での生産・販売強化に取り組む。

燃料電池車の「クラリティ フューエルセル」。2016年3月に日本国内で発売される。


	燃料電池車の「クラリティ フューエルセル」。2016年3月に日本国内で発売される。

(5)電動技術の導入強化

電動二輪車の量産モデル「EV-CUB」を、2年後をめどに日本で発売。その後、「カブ」シリーズの最大市場でもあるアセアン主要国でも販売する。
CO2削減に向けて、ダウンサイジングターボエンジンを進化させるとともに、プラグインハイブリッドを今後の電動化の中心と定め、2018年までに北米で新型プラグインハイブリッド車(PHV)を発売する。その後、主要モデルにPHVを順次設定し、拡充を図る。

2016年3月には、燃料電池自動車(FCV)の「クラリティ フューエルセル」を日本で発売。GMと共同開発中の次世代型燃料電池システムは、2020年ごろの商品化に向け、生産・購買を含めた次の段階へ移行させる。これらの施策によって、2030年をめどに販売台数の3分の2をPHV、ハイブリッド車、FCV、EVなどのゼロエミッションビークルとすることを目指す。

汎用(はんよう)製品では、芝刈り機や建機用作業機の電動化、「ロボットモア」に続く自動作業機の拡大を積極的に目指し、CO2削減に貢献する。
また、エネルギーを消費するだけでなく、モビリティーを通じてエネルギー社会を支えていく社会を目指し、スマート水素ステーションの開発など、持続可能なスマートコミュニティー社会の実現にも取り組む。

2016年のF1マシン「マクラーレン・ホンダMP4-31」。
2016年のF1マシン「マクラーレン・ホンダMP4-31」。

(6)モータースポーツ

2015年に続き、FIAフォーミュラ・ワン世界選手権にパワーユニットサプライヤーとして参戦。2016年シーズンは、安定的に予選10位以内に入ることを目標としながら、着実に前進。マクラーレンとともに成果につなげる。

以上の取り組みを通じて、ユーザーの生活がよりよいものに変わっていくような価値の創造を目指すという。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。