【F1 2016 続報】第4戦ロシアGP「絶好調と悲運の同居」

2016.05.02 自動車ニュース
F1第4戦ロシアGPを制したメルセデスのニコ・ロズベルグ(右から2番目)、2位に入ったメルセデスのルイス・ハミルトン(一番左)、3位でフィニッシュしたフェラーリのキミ・ライコネン(一番右)。(Photo=Mercedes)
F1第4戦ロシアGPを制したメルセデスのニコ・ロズベルグ(右から2番目)、2位に入ったメルセデスのルイス・ハミルトン(一番左)、3位でフィニッシュしたフェラーリのキミ・ライコネン(一番右)。(Photo=Mercedes)

2016年5月1日、ロシアのソチ・オートドロームで行われたF1世界選手権第4戦ロシアGP。今季絶好調、メルセデスのニコ・ロズベルグは4連勝を達成。一方で宿敵ルイス・ハミルトンは、またもパワーユニットトラブルに見舞われ2位で涙をのんだ。両者のポイント差は43点。悲願の初タイトルに向けて自信をみなぎらせるロズベルグに対し、3連覇をもくろむハミルトンは肩を落としていた。

スタートでトップを守ったロズベルグ(写真手前)。7番グリッドから出走したフェラーリのセバスチャン・ベッテル(一番左)は、背後からレッドブルのダニール・クビアト(その後ろ)に追突されコースアウトし、リタイア。母国GPで気負いすぎたか、クビアトはチームメイトのダニエル・リカルドにも当たってしまい、ベッテルとリカルドから非難されることに。(Photo=Mercedes)
スタートでトップを守ったロズベルグ(写真手前)。7番グリッドから出走したフェラーリのセバスチャン・ベッテル(一番左)は、背後からレッドブルのダニール・クビアト(その後ろ)に追突されコースアウトし、リタイア。母国GPで気負いすぎたか、クビアトはチームメイトのダニエル・リカルドにも当たってしまい、ベッテルとリカルドから非難されることに。(Photo=Mercedes)
開幕4連勝と夢のようなスタートを切ったロズベルグ。今季はライバルの不運にも助けられ、ほぼ誰にも邪魔されることなく勝利を重ねている。ランキング2位のハミルトンに対し大量43点ものリードを築いた。昨季から続く連勝記録は歴代2位タイの「7」となった。(Photo=Mercedes)
開幕4連勝と夢のようなスタートを切ったロズベルグ。今季はライバルの不運にも助けられ、ほぼ誰にも邪魔されることなく勝利を重ねている。ランキング2位のハミルトンに対し大量43点ものリードを築いた。昨季から続く連勝記録は歴代2位タイの「7」となった。(Photo=Mercedes)

■フェラーリに焦りか?

今季これまでの3戦すべてで勝利し、昨季から数えて6連勝しているメルセデスのニコ・ロズベルグ。宿敵のチームメイト、ルイス・ハミルトンがミスや不運で出遅れたこともあり、3戦で36点ものポイントリードを築き、悲願の初タイトルに向けて好スタートを切っている。

その一方で、ロズベルグとメルセデスの連勝を後押しするかのような3レースを見せたのがフェラーリだった。開幕戦オーストラリアではトップ快走からタイヤ交換の判断ミスでセバスチャン・ベッテル3位、2戦目のバーレーンではベッテルがエンジントラブルでスタートできずキミ・ライコネン2位、そして3戦目の中国ではスタート直後の同士討ちからベッテル2位と、優勝が期待された割に結果がともなわなかった。

中国でのレース後、ベッテルはライコネンに当たってしまったことをチームに平謝りし、またそのきっかけをつくったとしてレッドブルのダニール・クビアトのドライビングを強く責めた。4冠王者のこの振る舞いに、結果を残せていない焦りのようなものを感じ取ることもできた。

2015年秋、ニューヨーク証券取引所に上場を果たしたフェラーリは、サーキットでの成功が至上命令ならぬ「市場命令」となった。ルカ・ディ・モンテゼーモロからフェラーリ会長職を引き継いだ(奪い取った?)セルジオ・マルキオンネの厳しいまなざしが、ベッテルやマウリツィオ・アリバベーネ代表らスクーデリアの一団に向けられているのだ。

4戦目のロシアGPを前に、フェラーリ、そしてメルセデスもパワーユニットをアップデートしてきた。ドイツの巨人と、イタリアから世界の頂点を目指す跳ね馬の攻防戦。速さでは王者メルセデスにまだまだアドバンテージがあるものの、この2大巨頭の真っ向勝負を期待するファンは、イタリアのみならず、また市場関係者に限らず、世界中に数多くいる。ここらで赤いマシンの奮起を期待したいところだったが……。

前戦中国GPで起きたパワーユニット「MGU-H」のトラブルが再発し、予選10番手と大きなハンディを背負わされたハミルトン。スタートの混乱を避け最終的に2位でチェッカードフラッグを受けるも表情はすぐれず。不調にあえぐチャンピオンの復活が待たれる。(Photo=Mercedes)
前戦中国GPで起きたパワーユニット「MGU-H」のトラブルが再発し、予選10番手と大きなハンディを背負わされたハミルトン。スタートの混乱を避け最終的に2位でチェッカードフラッグを受けるも表情はすぐれず。不調にあえぐチャンピオンの復活が待たれる。(Photo=Mercedes)

■ハミルトンにまたもトラブル、ロズベルグやすやすとポール

2014年、2015年とロシアで連勝しているハミルトン。チャンピオンにとってソチは相性のいいコースだったが、前戦中国GPと同じく、パワーユニット(MGU-H)のトラブルが王者を襲った。

予選Q2でパワーロスを感じたハミルトンは続くQ3に出走できず、10番グリッド。最大のライバルの不在で、ロズベルグがやすやすと2戦連続、通算24回目のポールポジションを獲得した。

ポールから0.706秒遅れての2番手はベッテルだったが、ギアボックス交換で5グリッドダウン、7番グリッドとこちらもハンディを負うことに。代わってバルテリ・ボッタスがフロントローに並び、3位ライコネンを挟んでフェリッペ・マッサが4位と好調ウィリアムズ勢が上位につけた。
レッドブルはダニエル・リカルド5位、地元の声援を受けるクビアトは8位とやや低迷。フォースインディアのセルジオ・ペレス6位、そしてトロロッソのマックス・フェルスタッペンは9位からレースに臨んだ。

フェラーリのライコネン(写真)は最初のスティントを長めに走り、バルテリ・ボッタスをオーバーカットすることに成功、今季2度目の表彰台となる3位でゴール。しかし予選では4番手タイム(ベッテルのペナルティーで3番グリッド)にとどまるなど、またメルセデスを脅かす存在にはなれなかった。なお、最古参チームのフェラーリにとっては通算700回目のポディウムとなった。(Photo=Ferrari)
フェラーリのライコネン(写真)は最初のスティントを長めに走り、バルテリ・ボッタスをオーバーカットすることに成功、今季2度目の表彰台となる3位でゴール。しかし予選では4番手タイム(ベッテルのペナルティーで3番グリッド)にとどまるなど、またメルセデスを脅かす存在にはなれなかった。なお、最古参チームのフェラーリにとっては通算700回目のポディウムとなった。(Photo=Ferrari)

■ベッテル、追突され早々にリタイア

スタートに関わるレギュレーションが変わった今年、オープニングラップでは必ずと言っていいほど波乱が起きていた。ロシアも例外ではなく、スタート直後の実質的な最初のコーナーであるターン2と、続くターン3で、ベッテルにクビアトが追突。フェラーリはコース外にはじき出され早々に戦列を去った。

セーフティーカーランの後、53周レースの4周目に再スタートが切られると、先頭はロズベルグ、2位に上がっていたライコネンにボッタスが襲いかかりウィリアムズが2位を奪還、3位に落ちたライコネンの後ろには4位ハミルトンがつけていた。ハミルトンの進撃は続き、7周目にはライコネンをオーバーテイク、早くも3位表彰台圏まで駒を進めた。

前方がクリアなトップのロズベルグは逃げにかかり、2位ボッタスとのギャップは13周もすると10秒以上に。ボッタス以下、ハミルトン、ライコネンが僅差で数珠つなぎとなるも、しばし順位変動はなかった。
隊列が崩れたのは17周目。2位ボッタスがピットに飛び込み、タイヤをスーパーソフトからソフトに履き替えた。翌周ハミルトンがその動きに倣い、ボッタスの後ろで復帰するも、19周目のストレートエンドでハミルトンがオーバーテイクを決めてみせた。

マクラーレンは今回も、今季の目標であるQ3進出ならず。ジェンソン・バトン12番グリッド、フェルナンド・アロンソ(写真)14番グリッドと、いつもの中位からスタート。アロンソは早々に入賞圏内に入り、またバトンもポイントに手がとどくポジションに居座り続けた。結果、アロンソ6位、バトン10位と今季初のダブル入賞。ホンダの記念すべき500戦目に花を添えた。(Photo=McLaren)
マクラーレンは今回も、今季の目標であるQ3進出ならず。ジェンソン・バトン12番グリッド、フェルナンド・アロンソ(写真)14番グリッドと、いつもの中位からスタート。アロンソは早々に入賞圏内に入り、またバトンもポイントに手がとどくポジションに居座り続けた。結果、アロンソ6位、バトン10位と今季初のダブル入賞。ホンダの記念すべき500戦目に花を添えた。(Photo=McLaren)
フリー走行で注目を集めたのが、レッドブルが持ち込んだ、コックピット前に装着されたエアロスクリーン。ドライバー保護のための装置として試験的に投入された。(Photo=Red Bull Racing)
フリー走行で注目を集めたのが、レッドブルが持ち込んだ、コックピット前に装着されたエアロスクリーン。ドライバー保護のための装置として試験的に投入された。(Photo=Red Bull Racing)
難航していた2017年シーズンに向けたレギュレーション案がロシアGP開催中にようやくまとまった。2014年から導入されたパワーユニット規定では、コスト低減や各チームへの安定供給、エキゾーストノートの増大などの点で関係者の合意が得られ、実施される運びとなった。(Photo=Ferrari)
難航していた2017年シーズンに向けたレギュレーション案がロシアGP開催中にようやくまとまった。2014年から導入されたパワーユニット規定では、コスト低減や各チームへの安定供給、エキゾーストノートの増大などの点で関係者の合意が得られ、実施される運びとなった。(Photo=Ferrari)

■4連勝で上機嫌のロズベルグに対し、ハミルトンは……

ライコネンは21周目までタイヤ交換を引っ張り、ボッタスをオーバーカットすることに成功、表彰台の一角を手繰り寄せた。そして次のラップで首位ロズベルグがピットインすると、レース折り返し地点を前にして、ロズベルグ1位、ハミルトン2位、ライコネン3位、ボッタス4位という位置関係になった。ソチはタイヤのデグラデーション(摩耗による性能劣化)の心配がいらないコースゆえに、多くが1ストップで走り切り、上位陣もこのままの順位でゴールを迎えることとなった。

それでも2位ハミルトンは好タイムを記録し続け、ロズベルグとの間にあった12秒のギャップを7秒にまで縮めたのだが、ピットから「マシンの水圧に問題がある」と無線が飛んだことで間隔は再び広がり始めた。その後水圧は落ち着きを見せたのだが、ハミルトンにとってはここでの無得点は何としても避けたいところだった。
最終的にロズベルグはハミルトンに25秒もの大差をつけ、トップでチェッカードフラッグを受けた。

表彰台で上機嫌に振る舞うのは開幕から4連勝を達成したロズベルグ。2位まで挽回したチームメイトをたたえるほどの余裕を見せた。一方のハミルトンは、これまでチームメイトの連勝に王者らしくクールに対応していたが、度重なるトラブルにさすがに参った様子で肩を落としていた。

絶好調と悲運が同居するメルセデスに、なかなか帳尻が合わないフェラーリ。戦況はロズベルグ一人勝ちの様相を呈してきたが、史上最多21レースの2016年シーズンはまだ17レースも残っているのである。次戦からはF1のホーム、ヨーロッパラウンドが開幕。第5戦スペインGP決勝は5月15日に行われる。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。