アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)/ジュリア2.2ディーゼル(FR/8AT)/ジュリア2.0(FR/8AT)

名作の予感 2016.06.07 試乗記 アルファ・ロメオのFRセダンが懐かしい名前とともに帰ってきた。アルファのロードカーとしては歴代最強の510psを誇る「ジュリア クアドリフォリオ」を頂点に据えた新しい「ジュリア」ファミリー。その仕上がり具合を、故郷イタリアのテストコースと公道で試した。

起死回生のFRセダン

2011年に「159」の生産が終了して以来、久しく途切れていたアルファ・ロメオのミドルセダンが待望の復活を果たした。その名はジュリア。これは戦後、量産メーカーへと転身したアルファ・ロメオが1962年に発表し、大ヒット作となったシリーズ名称を受け継いだものである。
いまや年間販売台数が4万台規模のメーカーに落ち込んでしまった同ブランドが、起死回生を狙う渾身(こんしん)の後輪駆動スポーツセダンの実力を、イタリアはミラノとトリノの中間に位置するFCAのテストコース、バロッコ・プルービング・グラウンドとその周辺の公道で試した。

そのラインナップは、メーカー自身2.2リッターと呼ぶ2143ccの新型直列4気筒ディーゼルターボが150ps仕様と180ps仕様の2種類。ガソリンエンジンも2リッター直列4気筒ターボ(200ps)と、2.9リッターV6ツインターボ(510ps)の2種類となっている。
インテリアトリムにはスタンダードとスーパーの2種類があり……そう、あの「ジュリア スーパー」の名がよみがえったのだ! V6ツインターボについては「クアドリフォリオ」として別立てとなる。

そして、トランスミッションは6段MTとトルクコンバーターを搭載する8段ATが用意される。しかし6MTには右ハンドル仕様がなく、これにはイギリスのプレスが不満をもらしていたそうだ。そうなると、わが国も8段ATのみとなる可能性が高い。また質感にうるさい日本人のために内装はスーパーが標準仕様として導入される見込みという。

さて、まずはバロッコ周辺の田舎道からアウトストラーダ、そしてワインディングロードへと続く約100kmを、2.2ディーゼルの180ps仕様と2.0ガソリンターボで走った。
何より驚いたのは、その乗り心地の素晴らしさだった。単に乗り心地が“良い”だけではない。身のこなしがエレガントだったのだ。

「ジュリア」の名が半世紀の時を経てよみがえった。右は初代ジュリアのレーシングモデル「TIスーパー」(1963年)。
試乗の舞台はFCAのバロッコ・テストコースとその周辺。もともと1962年にアルファのテストコースとして開業した歴史を持つ。
2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載する「ジュリア クアドリフォリオ」。
「クアドリフォリオ」はアルファのロードカー史上最強の510psを誇る。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジュリアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリア(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.6.7 試乗記 アルファ・ロメオのFRセダンが懐かしい名前とともに帰ってきた。510psを誇る「ジュリア クアドリフォリオ」を頂点に据えた新しい「ジュリア」ファミリー。その仕上がり具合を、故郷イタリアのテストコースと公道で試した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア【海外試乗記】 2016.7.6 試乗記 アルファ・ロメオにとって久々のFRセダン「ジュリア」が、いよいよデビューを果たした。本国イタリアでの試乗を通して見えてきた、ドイツのライバルとも、これまでのアルファとも違うスポーティネスの形をリポートする。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ 2016.9.28 画像・写真 FCAはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で、「アルファ・ロメオ・ジュリア」の新しいバリエーション「ジュリア ヴェローチェ」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
  • パリモーターショー2016の会場から(その4) 2016.10.3 画像・写真 2016年9月29日に開幕したパリモーターショー2016。FCAは「アルファ・ロメオ・ジュリア」の高性能グレード「ヴェローチェ」を公開した。「フィアット124スパイダー アメリカ」や、「フィアット500リヴァ」なども展示された。
  • アルファ・ロメオ・ステルヴィオ 2016.11.17 画像・写真 FCAは2016年11月16日、LAショーで新型SUV「アルファ・ロメオ・ステルヴィオ」を発表した。今回は2.9リッターV6ツインターボエンジン(510ps)を搭載する4WDモデルの「ステルヴィオ クアドリフォリオ」が公開された。
ホームへ戻る