BMW X4 M40i(4WD/8AT)

新しいタイプのスポーツカー 2016.06.20 試乗記 BMWの高性能スポーツカーを開発するBMW M社がチューニングを施した、新型SUV「X4 M40i」に試乗。それは、これまでのSUVという概念を忘れさせてくれる、新しいハイパフォーマンスカーだった。

ひさびさの「うなるエンジン」

今はやりのSUVの起源は、第2次大戦中に軍用車両として活躍した「ウィリスMB」、つまりはジープだと考えられる。ジープの登場から七十余年、SUVはさまざまな方向に進化した。
悪路走破性を極めるヘビーデューティー派、豪華さを求めたラグジュアリー派、速さを競うスポーティー派、格好よさを追求するオシャレ派などなど。
ここに紹介するBMW X4 M40iをSUVの進化の系譜に位置づけるなら、“SUV目・スポーティー科・オシャレ属”といったあたりか。

このモデルの最大のウリは、BMW M社の技術を用いたスポーティーな走行性能とデザイン。「BMW X4」のクーペ的なデザインについてはこれまで何度も紹介されているので、ここでは“走り”に焦点を当てたい。

都心のビルの地下3階にある駐車場で、3リッター直列6気筒ターボエンジンを始動して思わず笑ってしまう。「ボウン!」という爆音とともにエンジンが目覚める演出が、あまりに大げさだったからだ。でも、このちょっと古典的な雰囲気、嫌いじゃない。
運転席の窓を下ろすと、アイドリング状態でもエンジンの低いうなり声が聞こえてくる。「エンジンのうなり声」という表現は、随分と久しぶりに使った気がする。

地下3階から地上へと上がるスロープを登りはじめると、古典的な演出がなされたエンジンが、実は非常に近代的であることを知る。
アイドル回転付近からみっちりと密度の濃いトルクを発生し、アクセルペダルの微妙な踏み加減に繊細に反応する。実に扱いやすい、洗練された特性だ。

BMWの「X4 M40i」は、クロスオーバーモデル「X4」の高性能バージョン。日本国内では2016年2月にデリバリーが開始された。
BMWの「X4 M40i」は、クロスオーバーモデル「X4」の高性能バージョン。日本国内では2016年2月にデリバリーが開始された。
X4 M40i」のフロントまわり。大きく開けられたエアインテークが目を引く。
「X4 M40i」のフロントまわり。大きく開けられたエアインテークが目を引く。
アルミのパネルや“M”マークの入った専用パーツでドレスアップされるインテリア。日本仕様車のハンドル位置は、左のみとなる。
アルミのパネルや“M”マークの入った専用パーツでドレスアップされるインテリア。日本仕様車のハンドル位置は、左のみとなる。
前席のサイドシルには、「X4 M40i」ロゴ入りのドアシルプレートが装着される。
前席のサイドシルには、「X4 M40i」ロゴ入りのドアシルプレートが装着される。
関連記事
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • 「BMW X1」にディーゼルエンジン搭載の新グレード 2016.9.23 自動車ニュース BMWがコンパクトSUV「X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した新グレード「xDrive18d」を設定。エンジンは2リッターの直4ディーゼルターボで、アイドリングストップ機構などとも相まって19.6km/リッター(JC08モード)の燃費を実現している。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
ホームへ戻る