クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BMW X4 M40i(4WD/8AT)

新しいタイプのスポーツカー 2016.06.20 試乗記 BMWの高性能スポーツカーを開発するBMW M社がチューニングを施した、新型SUV「X4 M40i」に試乗。それは、これまでのSUVという概念を忘れさせてくれる、新しいハイパフォーマンスカーだった。

ひさびさの「うなるエンジン」

今はやりのSUVの起源は、第2次大戦中に軍用車両として活躍した「ウィリスMB」、つまりはジープだと考えられる。ジープの登場から七十余年、SUVはさまざまな方向に進化した。
悪路走破性を極めるヘビーデューティー派、豪華さを求めたラグジュアリー派、速さを競うスポーティー派、格好よさを追求するオシャレ派などなど。
ここに紹介するBMW X4 M40iをSUVの進化の系譜に位置づけるなら、“SUV目・スポーティー科・オシャレ属”といったあたりか。

このモデルの最大のウリは、BMW M社の技術を用いたスポーティーな走行性能とデザイン。「BMW X4」のクーペ的なデザインについてはこれまで何度も紹介されているので、ここでは“走り”に焦点を当てたい。

都心のビルの地下3階にある駐車場で、3リッター直列6気筒ターボエンジンを始動して思わず笑ってしまう。「ボウン!」という爆音とともにエンジンが目覚める演出が、あまりに大げさだったからだ。でも、このちょっと古典的な雰囲気、嫌いじゃない。
運転席の窓を下ろすと、アイドリング状態でもエンジンの低いうなり声が聞こえてくる。「エンジンのうなり声」という表現は、随分と久しぶりに使った気がする。

地下3階から地上へと上がるスロープを登りはじめると、古典的な演出がなされたエンジンが、実は非常に近代的であることを知る。
アイドル回転付近からみっちりと密度の濃いトルクを発生し、アクセルペダルの微妙な踏み加減に繊細に反応する。実に扱いやすい、洗練された特性だ。

BMWの「X4 M40i」は、クロスオーバーモデル「X4」の高性能バージョン。日本国内では2016年2月にデリバリーが開始された。
BMWの「X4 M40i」は、クロスオーバーモデル「X4」の高性能バージョン。日本国内では2016年2月にデリバリーが開始された。 拡大
X4 M40i」のフロントまわり。大きく開けられたエアインテークが目を引く。
「X4 M40i」のフロントまわり。大きく開けられたエアインテークが目を引く。 拡大
アルミのパネルや“M”マークの入った専用パーツでドレスアップされるインテリア。日本仕様車のハンドル位置は、左のみとなる。
アルミのパネルや“M”マークの入った専用パーツでドレスアップされるインテリア。日本仕様車のハンドル位置は、左のみとなる。 拡大
前席のサイドシルには、「X4 M40i」ロゴ入りのドアシルプレートが装着される。
前席のサイドシルには、「X4 M40i」ロゴ入りのドアシルプレートが装着される。 拡大

磨きぬかれたパワートレイン

試乗ステージを市街地から高速道路に移すと、このエンジンの特長がさらに際立つ。アクセルペダルを踏み込めば、エンジンは伸びやかに回転数を上げる。エンジン回転がきめ細かく積み上がっていくこの感じ、何百万回も繰り返されてきた「ビーエムの直6はいい」というフレーズを、もう一度つぶやきたくなる。

このエンジンのベースは、「BMW X4 xDrive35i」に搭載されている3リッター直6ターボ。過給圧アップや吸気抵抗の低減を図ったほか、鍛造クランクシャフトやオイルクーラー、「BMW M3/M4」のピストン、スパークプラグを採用することで、パフォーマンスをさらに向上させた。
結果として最高出力はX4 xDrive35iから54ps増量の360ps。参考までに、この値は「ポルシェ・マカンGTS」と同じである。

それにしても面白いエンジンだ。するするとスムーズに回転が上がる手触りは上品なのに、その時の排気音は“野蛮”と形容したくなるほど迫力がある。アクセルペダルを戻すと「ンババッ!」とアフターファイアのような音を発生させるあたり、演出過多ではないかと思うけれど、気分がアガるのもまた事実。

センターコンソールに位置するドライビング・パフォーマンス・コントロールのスイッチを操作して「SPORT」モードを選ぶと、ポンとエンジンの回転数がハネ上がり、アクセル操作に対するレスポンスがさらに鋭くなる。同時に「ンババッ!」はさらにワイルドに。
このクルマは、アイポイントの高いレーシィなモデルという“新種”である。

専用チューニングが施されている8段ATはノーマルの状態でもシフトスピードに不満はないけれど、「SPORT」ではカミソリのような切れ味になる。そしてよく切れるカミソリほど抵抗がなくスッと切れるように、この8段ATもショックらしいショックをほとんど感じさせずに変速する。

パワーが十分であることはもちろん、エンジン回転の滑らかさ、有能な執事のようなトランスミッション、そしてレーシィな演出などなど、スポーティー路線のSUVに搭載されるパワートレインとしては最高峰にある。

X4 M40i」が0-100km/h加速に要する時間は4.9秒(欧州仕様車)。
「X4 M40i」が0-100km/h加速に要する時間は4.9秒(欧州仕様車)。 拡大
「X4 M40i」の3リッター直6直噴ターボエンジン。ベースとなる「X4 xDrive35i」のものに比べ、最高出力は54ps、最大トルクは6.6kgm強化されている。
「X4 M40i」の3リッター直6直噴ターボエンジン。ベースとなる「X4 xDrive35i」のものに比べ、最高出力は54ps、最大トルクは6.6kgm強化されている。 拡大
「X4 M40i」のスポーツシート。コーナリングの際に乗員の体を効果的に支える、電動調節式サイドサポートが備わる。
「X4 M40i」のスポーツシート。コーナリングの際に乗員の体を効果的に支える、電動調節式サイドサポートが備わる。 拡大
トランスミッションは8段ATのみ。専用チューニングにより、スポーティーなシフト特性が与えられている。
トランスミッションは8段ATのみ。専用チューニングにより、スポーティーなシフト特性が与えられている。 拡大
エキゾーストパイプはブラッククローム仕上げ。左右振り分けの2本出しとなる。
エキゾーストパイプはブラッククローム仕上げ。左右振り分けの2本出しとなる。 拡大

走りは高性能スポーツカー

乗り心地は期待以上によかった。市街地で路面の不整を乗り越えても、タイヤが受けたはずの衝撃は、ドライバーに伝わる時にはマイルドになっている。高速道路でも、ビシッとフラットな姿勢を保っているにもかかわらず、路面からのショックの角は上手に丸められている印象。

20インチの薄くて幅広いタイヤを履くにもかかわらずこの乗り心地を実現しているあたり、感心するしかない。「ミシュラン・パイロットスーパースポーツ」というタイヤ、「ダイナミック・ダンピング・コントロール」と呼ばれる電子制御式ダンパー、さらにスポーツシートなどなど、さまざまな要素が絶妙にチューニングされているのだろう。

踏み込めば「おっ」と声が出そうなくらいのパワーを受け止めながら、洗練された走行感覚を伝えるあたり、この足まわりには「足並みがそろっている」という称賛の表現を使いたくなる。

ドライビング・パフォーマンス・コントロールを「SPORT」モードにすると、パワートレインだけでなくシャシーの設定も変化する。足まわりは引き締まった印象となり、ステアリングホイールの手応えも骨太なものになる。

前述したように「SPORT」ではパワートレインもシャープになって、SUVとかプレミアムSUVというジャンル分けは頭の中からすっかり消えてしまう。
外から眺めたり荷物を積み込んだりする瞬間は、おしゃれなSUVだと思うけれど、運転中は高性能スポーツカーである。

「Mライトアロイホイール・ダブルスポーク・スタイリング680M」と名付けられた、20インチアルミホイール。
「Mライトアロイホイール・ダブルスポーク・スタイリング680M」と名付けられた、20インチアルミホイール。 拡大
「X4 M40i」には、専用チューニングが施された電子制御式ダンパーやパワーステアリングが備わる。
「X4 M40i」には、専用チューニングが施された電子制御式ダンパーやパワーステアリングが備わる。 拡大

後席の背もたれは40:20:40の分割可倒式。シートカラーは、テスト車のアイボリーホワイトを含め全6色が選べる。


	後席の背もたれは40:20:40の分割可倒式。シートカラーは、テスト車のアイボリーホワイトを含め全6色が選べる。
	拡大
荷室の様子。フロアボードはリバーシブルで、ぬれた荷物などの積載にも対応できる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)
荷室の様子。フロアボードはリバーシブルで、ぬれた荷物などの積載にも対応できる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます) 拡大

見えないハイテクも特筆もの

それなりに背が高くて、ボディーのマスも大きなこのクルマをスポーティークーペのように走らせるために、BMWはさまざまなテクノロジーを投入している。

BMWの四駆システム「xDrive」は、後輪に大きな駆動力を配分する、このモデル専用の設定となっている。
そしてステアリングホイールをどれだけ切ったか、タイヤはどれくらいのスピードで回っているかといった情報を収集し、アンダーステアやオーバーステアが発生していると判断すると、前後輪へのトルク配分を変更する。

また、コーナリング中にアンダーステアが発生してクルマがコーナー外側にふくらみそうになると、リアの内輪にブレーキをかけると同時にリア外輪の駆動力を高める。すると、外側にふくらみかけていた走行ラインが修正される。

こう書くと大変なことが行われているけれど、状況に応じてステアリングのギア比を可変制御するバリアブル・スポーツ・ステアリングも含めて、ハイテクが作動していることはドライバーにはまったく伝わらない。

ドライバーは、自分の狙い通りに気分よく走っているつもりになるけれど、舞台裏ではハイテクの黒子たちがかけまわっている。優雅に泳いでいるように見える白鳥が、実は水面下では一生懸命に水をかいているのと同じだ。

ジープとは、悪路を走るために進化したクルマである。そしてジープを種の起源とするSUVが進化を続けて、BMW X4 M40iは、悪路ではなく舗装路で一番輝くモデルになった。
進化して海から陸に上がった生物のうち、カバの祖先が再び海に戻ってイルカやクジラの祖先になったという学説と重ねると、ちょっとおもしろい。

(文=サトータケシ/写真=峰 昌宏/取材協力=河口湖ステラシアター)

メーターはアナログ式で、中央の液晶部分に運転支援システムの情報が表示される。
メーターはアナログ式で、中央の液晶部分に運転支援システムの情報が表示される。 拡大
「X4 M40i」には、コーナリング中にブレーキシステムやトルクの配分を自動制御することでアンダーステアを抑える機能が備わる。
「X4 M40i」には、コーナリング中にブレーキシステムやトルクの配分を自動制御することでアンダーステアを抑える機能が備わる。 拡大
アイボリーホワイトのシートは、赤い差し色で飾られる。ヘッドレストには“X”ロゴのエンボス加工も。
アイボリーホワイトのシートは、赤い差し色で飾られる。ヘッドレストには“X”ロゴのエンボス加工も。 拡大
「X4 M40i」では、路上での車両トラブルに24時間対応するエマージェンシーサービスが利用できる。写真中央は、その呼び出しボタンで、前席の頭上にレイアウトされている。
「X4 M40i」では、路上での車両トラブルに24時間対応するエマージェンシーサービスが利用できる。写真中央は、その呼び出しボタンで、前席の頭上にレイアウトされている。 拡大
 
BMW X4 M40i(4WD/8AT)【試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

BMW X4 M40i

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4680×1900×1625mm
ホイールベース:2810mm
車重:1920kg
駆動方式:4WD
エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:360ps(265kW)/5800rpm
最大トルク:47.4kgm(465Nm)/1350-5250rpm
タイヤ:(前)245/40ZR20 99Y/(後)275/35ZR20 102Y(ミシュラン・パイロットスーパースポーツ)
燃費:11.2km/リッター(JC08モード)
価格:863万円/テスト車=899万4000円
オプション装備:ボディーカラー<ロングビーチ・ブルー>(8万7000円)/サンプロテクションガラス(5万7000円)/BMWヘッドアップディスプレイ(15万9000円)/コネクテッドドライブサービス(6万1000円)

テスト車の年式:2016年型
テスト開始時の走行距離:2019km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(8)/山岳路(0) 
テスト距離:268.6km
使用燃料:25.5リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:10.5km/リッター(満タン法)

BMW X4 M40i
BMW X4 M40i 拡大
テスト車のボディーカラーは、「X4 M40i」の専用色となる「ロングビーチ・ブルー」。このほかに8色がラインナップされる。
テスト車のボディーカラーは、「X4 M40i」の専用色となる「ロングビーチ・ブルー」。このほかに8色がラインナップされる。 拡大
あなたにおすすめの記事