第460回:『ポケモンGO』より面白い!
イタリア・シエナのちょっと古いクルマ探し

2016.07.29 エッセイ

イタリアにもポケモンは“いる”ものの……

現実世界を舞台にスマートフォンの位置情報を使って遊ぶゲーム『Pokemon GO(ポケモンGO)』は、イタリアのテレビニュースでも連日のように話題になっている。

さて、ボクが住むシエナのような地方都市ではどの程度盛り上がっているのか? まずはアプリケーションをダウンロードしてみないと始まらない。

プレイをスタートすると、早速わが家にも「ポケモンが何匹か潜んでいる」ことが判明した。それらを「捕まえた」あとで自宅の近隣をディスプレイ上で検索してみると、ある教会が“ポケモン捕獲用アイテム”を無料でもらえる「ポケストップ」に指定されていた。教会といっても、日ごろはただ通り過ぎてしまうような、なにげない地元の教会である。

日本や米国で、ポケモンGOを楽しむ人が、ゲームとつながりのある特定の公園などに群がってるのをテレビで見ていたボクは、「どんな人がプレイしているのだろう? あわよくばインタビューできるかもしれない」と思い、近所のそうした場所に向かってみた。
しかし、土曜の午前だというのに、人気(ひとけ)がまったくない。15分近く待っていたものの、ボク以外誰も現れなかった。話は前後するが、2日後、同じ教会にもう一度出向いてみたときも、やはり人はいなかった。

その晩、気をとり直してシエナの旧市街に行ってみると、数十メートル歩くたびに「ポケモンが出没」した。途中、公文書館などの施設が、教会同様にポケストップになっていたのも確認した。
ただし、人出が最も激しい土曜の夜に2時間以上散策しても、明らかにポケモンGOを楽しんでいる人には遭遇しなかった。ひとりでスマートフォンを操作している人を発見して、さりげなくのぞき込んでみたところで、『WhatsApp』というインスタントメッセンジャーを楽しんでいたり、自撮りをしたりしているだけだった。

その一方、カフェやレストランは、家族やカップルで大盛況。やはりイタリアの歴史的な都市では、“リアル”のほうが楽しいのに違いない。

『ポケモンGO』を試す筆者。まずは家庭内でモンスターを追う。写真は、プレイ中のスマートフォンの画面。
『ポケモンGO』を試す筆者。まずは家庭内でモンスターを追う。写真は、プレイ中のスマートフォンの画面。
夜の0時近く、イタリアのシエナ旧市街を散策中に発見したモンスター「ニョロゾ」。
夜の0時近く、イタリアのシエナ旧市街を散策中に発見したモンスター「ニョロゾ」。
『ポケモンGO』のモンスターよろしく、現実世界の町では興味深いクルマに出会えるものだ。写真はポーランド車「FSOポロネーズ」で、1990年代初頭のプジョー製エンジンが搭載されたモデルだが、その起源は冷戦時代の1972年にさかのぼる。イタリア北部の村で。
『ポケモンGO』のモンスターよろしく、現実世界の町では興味深いクルマに出会えるものだ。写真はポーランド車「FSOポロネーズ」で、1990年代初頭のプジョー製エンジンが搭載されたモデルだが、その起源は冷戦時代の1972年にさかのぼる。イタリア北部の村で。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。